you are what you eat

2010年11月 2日 (火)

ベジタリアンという多様性

なんだかんだ毎日代々木公園。走るのも遊ぶのも代々木公園。朝から晩まで20年間のご近所です。

コンサートあり、フリーマーケットあり、フェスあり、行けば誰か顔見知りがいるし、、、、

なにより自然が好き。

先日はアースディマーケット。

今朝はアースディマーケットで、いただいた栗☆で栗ご飯(* ̄ー ̄*)

って夫にお米をといでもらったのね 汗

Kuri

農家さん直送の新米、黒米も一緒に炊くからおいしぃ。

またいっぱい食べちゃいました 汗

でも本当においしいの。皆さんにもわけてさしあげたいわ☆

続きを読む "ベジタリアンという多様性"

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

おいしいベジtableのご紹介

ベジ、マクロビ、vegan、動物愛護だとか、一物全体、身土不二だとか、ちょっと怖い?し難しいですよね。

私の場合、いつのころか肉、魚、卵、乳製品があわなくなった=必要でなくなったという感じで、体が受け付けなくなりました。今はたまにおいしいお菓子をいただいたり、じゃこをつまむぐらいですね。

それでもお会いした方はわかると思いますが、人並みに大きく育ちましたし、産んでくれた親に感謝できるぐらい健康ですので、残る半生も引き続き、野菜と穀物で生きてまいりましょう(◎´∀`)ノといったところです。

そんな私のベジタブルな食卓名付けてベジtableをどうぞ。

こちらはカボチャのリゾット、玄米で作りました。感動するぐらいおいしい!!おなべかかえて食べてしまいたいぐらい☆おいしいです。

Rz1

かぼちゃの甘み、そしてクリーミィーさ。たまりません。

続きを読む "おいしいベジtableのご紹介"

| | コメント (0)

2009年2月24日 (火)

友達のママのご飯はスローフード

先日蓼科の友達の家へカメラ片手におじゃましてきました。

築100年以上の大きな大きなお屋敷に女三代100歳から30歳まで+オバアチャン猫=全員女性という暮らし。

100歳のおばあちゃん、さすがに足腰は弱ってしまったものの気力はしっかり、孫娘に渇をいれると言いますw(゚o゚)w

さてこちらでいただくご飯、これがまさにスローフード

友達ママが手間ひま惜しまず作ったお惣菜が並びます。あともう一回おかわりしても食べきれない品数にビックリ。

Mikagohan

誰ですか?

自然食ビュッフェだなんて言った人???

もっともっとずーっとおいしいですよ。

野菜はすべて自家製。

こんにゃくとお肉以外はすべてお家で採れたものなんですって。でも農家さんじゃないんですよ。

Mikagohan3_2 

「ウチはあんまりお肉食べないの。粗食っていうのかしら。でも粗食だから貧しいんじゃないでしょ。みんなウチで採れたものなんだから、、、。おばあちゃんもああやって長生きしてるってことは、それが良いのかなって思う。そうそうこの間お母さんと二人で焼肉屋さんに行ったらどうして良いかわかんなくて困っちゃった 汗」と友達。

お米も自分の土地を人に貸して、そこで採れたものだし、お味噌も自家製三年味噌、お漬物だって畑で採れた大根や野沢菜を漬けています。

Mikagohan2

どなたかのお庭になった柚子と自家製のお味噌で和えたこんにゃくのおいしいこと、おいしいこと。

菜花の辛子和えの色鮮やかさと爽やかな辛さ。

花豆はアクを抜くために三回ゆでこぼしているそうです。そしてそのたびに鍋ごと外の雪の中に入れて冷やしてを繰り返しているとのこと。

うぅーーーん贅沢、究極のスローフードです。

Mikagohan4

そして味付けが良い☆素材の味が生きる味付けです。

甘ったるくないので煮豆もかぼちゃも飽きずにいただけますし、塩からくないので後からノドが乾くこともありません。

「私お砂糖あんまり使わないの、お店のは味が濃いから最初はおいしいって思うけど後からノドが乾くでしょ」と友達ママ

お料理習おうかなあ。

そしてお約束は桜肉(馬)

「この辺は馬刺しが何よりのご馳走でねえ、孫達が集まるとサクラのスキヤキをするの( ̄▽ ̄)」と友達ママ

確かにそれは長野(南側)の立派な食文化です。そんな人様の食文化を否定する気は毛頭ありませんが、、、、、。



丁重にお断りしたのは言うまでもありません(* ̄0 ̄)ノ



ちなみにイナゴ、蜂の子もこのあたりの食べ物ですが、エビやカニ、そしてシャコなんかもある意味グロテスクだなあと思う私でした。

こころのことはハーティ新宿へ

ブログへの感想、質問など楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

2009年2月20日 (金)

食べることもご縁かも

ご縁という言葉。

日本だけの言葉でしょうか?

シンクロニシティだって縁みたいなものだと思いますが、はてさて。

先日ひさしぶりに会った仲間が「食べ物も縁だと思うの。もしね、あぁお腹がすいたぁ、、、ハンバーグが食べたいなあって思ったら、それはその心の声にしたがって、ハンバーグを食べていいんだと思うの。そしたらお腹だけじゃなくて気持ちが満たされてハッピーじゃんみたいな☆なんてゆうの、、、欲求と行動が一致するからかもしれない」と。

へえ、へえ。

「前は、ハンバーグ、ダメ、太る、から揚げ?ダメ、太るって言って、カロリー低そうなものを適当に選んでいたけれど、反動でお菓子とか食べちゃってたのよね。でもハンバーグを食べたいというこの気持ちも縁だ!と思ったら、そのハンバーグとのご縁を大切にするのもいいかなと」

へえ、へえ。

「それで何がどう変わったとか痩せたとか、そういうのはないけど、少なくとも心は満たされるわね。それでなんかやる気になったりして 笑 やっぱり夜中に間食するような暮らしはせつないもん」

へえ、へえ。

「だいたいさ、玄米が体に良い、ダイエットに良いって言っても、もともと玄米を食べたかったわけじゃないし、とりあえず玄米を食べてお腹がいっぱいになっても、本当に食べたいものじゃないから、なんか満たされなくて、、、、、結局あとからドカって食べちゃう。それよりもハンバーグをおいしいおいしいって食べて、ちゃんと感謝して生きることができたらハッピーじゃんみたいな」


へえ、へえ。

彼女、ダイエット=体重の増減よりも、心が幸せかどうかということを言っているんですよね。

そして食べ物だってご縁じゃないかと言うわけです。

今、食べたいものはなにかなあ?あ、あれが食べたい☆

そうやって頭に浮かんできたものに対して、それもご縁だと感謝していただくのと、せっかく頭に浮かんできたものを否定して違うものをいただくのでは、確かにハッピー加減が違いそうです。

正直、感動しました。



そして「なんかね。人間、みんな完璧じゃないなんだよね、不完全ってゆうの?親だって子供だって人間みんな不完全だよね」と。

「だからそのままでいいのに、、、、なのに食べることまで必死になって、しまいに何も楽しくないなあって、、、ううん、自分が楽しめなくなっていたんだよね。



もう涙あふれそうです。


そうか、私も不完全なんだ。


そんなこと頭ではわかっていても、率直に口にしてくれる人の存在がうれしいです。

摂食障害の方に限らず、今まで体重の増減に一喜一憂し、何がおいしいか、どうやってすごしたいかわからなくなってしまった方たちと、たくさんお会いしてきましたが、今日は彼女の話を伝えたくて書いてみました。

そしてそんなご縁に恵まれたことに感謝して今日は終わりです

皆さんステキな週末をおすごしください。

マクロビで子育てなさっているtenderさんのブログにも「ご縁の話」がでていてびっくり☆

これまたシンクロニシティかな?

こころのことはハーティ新宿へ

ブログへの感想、質問など楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

2009年1月24日 (土)

食べることに関する記事をまとめました

食べることの話、まだまだ書いていきます。

応援よろしくお願いします。

今まで「食べること」や「アレルギーのこと」について書いたものを、you are what you eatというカテゴリーでまとめてみました。

長い記事もありますが、ごらんいただけたら幸いです。

you are what you eat

http://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/blog/you_are_what_you_eat/index.html

こころのことはハーティ新宿へ

連載を読んでの感想楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

2009年1月23日 (金)

食べ物と心と身体のこと4  心の飢え?お腹の飢え?

過食や依存ちょっと心配な方たちの話が最後で連載が中断してました。

かえすがえす私は食べ物に良いものも悪いものもないと思っています。

肉でも魚でもバターでも玄米でもラーメンでも!それを食べたいと思ったら食べれば良いと思うし、口にしたときにそれをおいしいと思える心と身体であるならOKだと思います。

OKの状態というのは、ご自身の実感として身体に異常を感じることもないし、精神的にも健やかだということです。

とここで摂食障害の人やダイエットをしていたりする皆さん、、、

食べたくて食べているのか、おいしくて食べているのかすでにわからない、口に運ぶという行為に終始してしまうだけで、後からどーっと後悔と疲れを味わうって言いますよね。

「罪悪感を味わって、またまた自分はダメだと思う繰り返し。」

「本当は食べたいんだけど、食べちゃダメって思うから我慢すると反動で食べちゃう。」

だったら、、、だからこそ、、、、ちゃぁんと食べたいものを、食べればいいんですよ☆



え?!

お砂糖たっぷりのケーキにチョコレート。脂っこいラーメンやカツ。食べたいなあって思ったら、ちゃんとお化粧しておしゃれしてでかけて、ゆっくり味わってみてください。

食べたあとどんな気分になるでしょう?

本当に欲しい洋服を買うとき、ずーっと欲しかったものを手に入れたとき、お金は減るけれどなんとも言えぬ高揚した気分で幸せいっぱいになりますよね。

それと一緒でサービスのしっかりしたお店で本当においしいお菓子をいただいたり、お食事をしたら、もうそれ以上何か食べたいって思わなくなります。

あなたのことを大切に思ってくれるお友達が一緒だったらもっとステキですね☆

とここで質問です。

みなさんが食べすぎてしまうときって、ひとりでお家にいるときじゃないですか?そのときどんな気持ちですか?

「さびしいし、なんとなく自分ってダメ感情たかまってくるし、、、、」

そうですか、さびしいんですね。自分を大切に思えなくて、自分ってダメって思えちゃうんですね。

ということはお腹がさびしいんじゃなくて、心がさびしいんじゃないかな?


え?!



私は食べるという行為そのものを否定しません。
ただしいくら食べても心の空腹は満たされないってことも、食べ物と一緒によーく味わってみましょう。

本当はどうしたいのかな?泣きたいのかな?甘えたいのかな?弱音を吐きたいのかな?眠いのかな?自分に問いかけてみましょう。




なんかせつなくないですか、、、、、、、、

さて摂食障害を治すためにマクロビオティック;玄米を中心とした穀物菜食を始める人がいるそうです。甘いお菓子や菓子パンをたらふく食べるより、玄米おにぎりを食べる方がいいのではないだろうかと考えるそうです。

確かに身体的には、より健やかになることは可能かもしれませんが、果たして自分の心の空腹は満たされるでしょうか?

夜、ひとりの部屋で孤独を感じたり、月曜の朝をむかえるのが怖いという気持ちは玄米で消えるのでしょうか?

そもそも摂食障害の人が好むのはたいてい白くてふわふわして甘いものが多いといいますが、深層心理学では母親のおっぱいを恋しく思っている=オトナになりたくない、まだまだ甘えていたい自分がいるからだといいます。*母と娘の関係は複雑です、知らず知らずに女の子は同性である母親より早くからの精神的自律を強いられる場合が多いですし、自身も母親を乗り越えようと早くオトナになろうとしたりするのです。



なんかまたまたせつなくないですか、、、、、



私は長らく穀物菜食を続けていますが、不安定な時や感情の波に襲われることは多かれ少なかれあります。

でもね、、、、、、、、そういう波があってもかまわないと思いますし、それが私らしさだし、人間ぽくて好きです☆

孤独や、怖さやさびしさを感じる自分がいる、私は強い人間じゃないとありのままの自分に向き合うと、なんだまだまだ青いなあとか、弱いなあとか自分をいたわるやさしい気持ちになれるので、それはそれで良いと思います。

というわけであなたのさびしさはどこからくるのか、あなたの飢えているのは心なのか、お腹なのか、本当に欲しているものはなにか、、、、ちょっと自分に向き合ってみませんか?

食べること、身体のこと、心のこと、実はとっても大きなことかもしれません。

食べることに関する記事をまとめました、こちらもごらんください(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ→you are what you eat

こころのことはハーティ新宿へ

連載を読んでの感想楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

2009年1月15日 (木)

食べ物と心と身体 3 過食?依存?

食べ物と心と身体のことを書いてます、今日はメンタルのこと。

正直何を食べたらどうなる、そんな明確な因果関係を私は実証することはできません。ただひたすら自分の心や身体の感覚を大切にしたいねということを伝えています。

そして何を食べて生きているかではなくて、どれだけキラキラ☆生きているかを大切に思う私です。

と、ここでちょっと心配だなあという女性たちをご紹介します。

A子さん。

会うたび聞かされるのは上司と勤務先への不満。そしてアトピーが酷い状態だけれど、今、診ていただいている先生の治療=出される薬がなかなか良いといいます。

好きなものは甘いもの。

友達とカフェめぐりをしてはケーキをいただくのが大好き☆家族にお土産も新作スウィーツ。オフィスの机の中もお菓子。コンビニで新しいシリーズを見かけると必ず買ってくるのが習慣。

B子さん。

欝、長いですょぉ、今はこんな薬をもらっていて、、、毎回そう始まりますが、もう何年も精神科に通っているそうで薬代もバカにならないといいます。*だいたい1回4000円ぐらいが月に2回です。

深夜のコンビニ菓子と菓子パンがやめられないそうで、ほとんど過食と言った感じだそうです。あとはブランド買いも大好き。本人いわく買い物依存症の傾向もあるということですが、お金いくらあってもたりなさそうです。

C子さん。

男性関係ぜんぜんうまくいかないっと嘆きます。そんな彼女の自慢の肌はエステ通いの賜物。乳製品!ヨーグルト、チーズ、牛乳のおかげでもあるそうです。

*カロリーが気になるときはスキムミルクで摂ると良いそうです。

でも花粉症はひどいし、実はひどいダイエットの後遺症か月経不順だし、、、、。

皆さんは気づきましたか?

彼女達の人生、すべて足し算なんですよねえ。

消費するために働き、くたびれ果てて欝になり、月経が止まったりアトピーを悪化させてお医者に通い薬を服用する。

もちろんお菓子や乳製品やブランド物がいけないだなんて言いません。当然、薬だって飲まずに我慢するなら飲んでラクになるのもひとつの方法です。同じように、テレビにゲームにパソコン、ネット、、、対象物自体が「悪い」のでなく、その関わり方だと思っています。

ただ、ちょっとだけ自分の心と身体にかまってあげて欲しいのです。

本当に自分が欲するものはなんなんだろう。

心身とも疲れてくるとセンサーが鈍ってきて、何が必要で何がそうでないかわからなくなってきます。

続く→http://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/4-8f23.html

こころのことはハーティ新宿へ

連載を読んでの感想楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

2009年1月13日 (火)

食べ物と心と身体 2 どうしてそれを食べるの?

先回は口にした食べ物によって体調のみならず精神的にも不調を招いていることがあるというドクターの話と、大豆アレルギーのAちゃんの実例をご紹介いたしました。

好き嫌い言ってないで、、、、

そうおっしゃる方けっこういらっしゃいますが、小さい子が嫌いと言ってみたり、口をむりやりあけさせないと食べないようなものは、本人は自分に必要のない食べ物だということをわかっているんですよね。

ただ「この食べ物を食べたあと気持ちが悪くなるんだよぉ」ってことが上手に伝えられなくて、ひたすら嫌いという言葉でしか訴えられないのです。

給食の時間に鼻をつまみながら牛乳を飲んでいる子とか、イヤイヤしながら納豆を食べさせられている子とかいませんでしたか?

人は自分にOKだったら相手もそうであるはずだと思ってしまい、自分の価値観を押し付けてしまったり、「かわいそう、こんなにおいしいものを食べれないなんて」と勝手な同情をしてしまうんですよね。

ここから今日の本題。

皆さんが牛乳や大豆を口にする理由はなんですか?

肉は身体を作るとか、日本人は米を食べないとね☆とか、大豆は畑のお肉栄養満点☆とか、牛乳を飲むと背が伸びるとか言いますが、身体に良いからですか?

でも身体に良いって誰の身体になんでしょう。

たとえば背が伸びるって言うけど、本当に背は伸びましたか?

私の父は昭和10年生まれ、牛乳など存在しない、そもそも口にする物に窮する時代に生まれ育ちましたが170cmあります。叔母たちも私162cmより背が高かったりします。

私はお肉大好き、乳製品もだーーーーい好きな子だったんですが、おかしいですね?!*お肉のアレルギーになってしまうぐらい毎日たくさん食べてたんですが 汗

不思議ですね。

と、ここで「私は嫌いなものがない=アレルギーがない=心身健康」と思った方、attentione!

乳製品は身体に良いと言って毎日口にしているあなた、婦人科系大丈夫ですか?蓄膿症大丈夫ですか?

大豆製品を欠かさないあなた、胃腸の調子はいかがですか?

そして小麦!肌;特に口の周りがカサカサしたり、顔全体が黒ずんだりしてませんか?

ちゃんと唾液がでていますか?虫歯はないですか?

甘いものが大好きなあなた、冷え性は大丈夫ですか?

自分に合わない食べ物によってひきおこされる不調は、蕁麻疹や花粉症などいわゆるアレルギー症状だけではないんですよね、、、、、。

牛乳を毎日1L飲んで成長した身長185cmの男性で、蓄膿症の手術をしたと言う人もいましたし。ただしこれはあくまで私や私の周囲の人たちのこと。たとえば私がある食品を大量に食べてしまったときにでる症状や、誰かが長期に渡って抱える疾患を紹介したものとその嗜好であって、すべての人にあてはまるものではないということをご了承くださいませ。

マクロビオティックの望診法の本には、そういった食品との因果関係が書かれています、機会があったらご参考までにいかがでしょうか。http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E6%9C%9B%E8%A8%BA%E6%B3%95&tag=googhydr-22&index=stripbooks&field-adult-product=0&hvadid=2342805977&ref=pd_sl_1ls1oiau8g_b

そして次回は精神的なこと。

軽い不調から重い症状まで→http://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-7d37.html

こころのことはハーティ新宿へ

連載を読んでの感想楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

2009年1月 9日 (金)

食べ物と心と身体 1 大豆アレルギーのAちゃん

tenderさんのブログ「食品と精神の関係」を拝見して。http://happynatural.jugem.jp/?eid=441#trackback

食べ物と心と身体のこともう一度考えてみました。

ただし誰かにOKだったらそれはぜんぜんOKだという前提で話をすすめさせてください。

先日私が公私共親しくしている、皮膚科の先生からいただいたメッセージをご紹介いたしますね。*彼女自身、4人のアトピーっ子を育てあげた人です。

体に合わないアレルギーのものが入るとアトピー性皮膚炎の症状が出るだけでなく、体全体で 「嫌!!」 って反応して、いつもなんとなくだるくて、いらいらして、どきどきしたり、息苦しくなったり、お腹が重くなったり、いろいろな症状が出てきます。

  アレルギーのものが体に入らないと、アトピー性皮膚炎がなくなるだけでなく、アレルギー反応がなくなるので、とてもすっきりして精神も安定します。

  アレルギーのものって食べられなくてかわいそうなんではなくて、食べたくないんですよね。」

どうしてこんなメッセージをいただいたかというと、私の知人のお子さんAちゃん:5才がずーっとアトピーで苦しんでいたので、このドクターに紹介して見事に完治したからです。

Aちゃん。

もともと繊細で気の弱いところのあるお子さんでしたが、湿疹が痒くて落ち着かないのか、いつもビクビク不安気なようす。私が会うたび、眉間にシワを寄せているんです 汗

診断の結果は大豆アレルギーということでしたが、知人は自宅で出産したり、日ごろからなるべく薬を与えたくないと考えているママでしたし、治療方針に納得がいかないときは何度も説明を求め、よく理解しないことは信用しないタイプの人です。

そんな彼女も私の紹介したドクターを信頼し、薬などほとんど服用せずにひたすら大豆を摂取しないよう気をつけること数ヶ月。

Aちゃんの肌は見事につるつるになり、精神的にもとても穏やかで笑顔いっぱいになりました。そして小さな赤ちゃんをよくあやしてあげています。

さらにびっくりなのは野菜だけのスープを頂きながら「ママ、僕はね、お味噌汁がキライだったの。だけどガマンしていたの」と告白したそうです。

ママびっくり。

実はこのママが納豆大好き、和食大好きな大豆信奉者。

知人だって自分が好きで体に良いと信じて疑うことがなかった大豆が、大切なAちゃんを苦しめていただなんて思いもよらなかったそうです。

いくら大豆が栄養満点でも、Aちゃんにとっては身体も心も苦しかったことでしょう。

小さいからそれをどうやってあらわしていいかわからないのもあって、常にビクビクしたようすだったり、落ち着かないようすにつながったのかもしれません。

続く→http://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-6a3f.html

|

2008年3月 6日 (木)

食べること生きること、心のこと。

いつも私の胸の何かにギュギュっとシンクロするようなステキな日記を書いていらっしゃる旅とパンのスロウな日々のhiroさん。私と同じ☆パンが好きで旅が好きで、、、、お会いしたことはないのですがどんな女性なんだろうとワクワクしながら日記を拝見しております。

そんなhiroさんの日記の中のtalking to myselfという言葉。

人は人によって、時に傷つけられ、癒され、支えあい助けあいながら生きているのですが、自分との対話を大切にできたらステキだなあと思いました。

今自分が何を求めているか、しっかりと自分にむきあい心と体の声を聴くこと。

そしてそれをまた誰かに伝えたり伝え返したりすることで自分をみつめなおしていけたらいいですね。

おいしいものがあれば幸せ

食べることは楽しいこと。

でも世界には飢えに苦しむ人がいる、

過食や拒食で苦しむ人もたくさんいる。

私達の飢えは心の飢え。

心が満たされないから食に走る?

心が満たされないからお酒に走る?

心が満たされないから買い物に走る?

心が満たされないから、、、、、

じゃあ、どうやったら満たされるの?

じゃあどうしたらいいの?

わからない、わからない、わからないからカウンセリング?!

わからないからカウンセラーに聞いてみる?!

カウンセラーはあなたの心を映す鏡、

答えは自分の心の中にあるんだよ。

心にフォーカス、心の声を聞こう、少しでも体にやさしいものいただこう。

ちょっとでも多くの方に考えて欲しい食べること生きること、心のこと。
そんなワーク企画中。詳細はこちらhttp://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/vol1_a4ee.html

連載を読んでの感想楽しみにしております。

cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

こころのことはハーティ新宿へ

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|