恋愛

2008年5月 6日 (火)

幸せな恋愛、結婚してますか 2

恋愛専門カウンセラーの方とお話する機会があったので、そのときうかがったことと、私の感じたことを書いています。

連載1回目も読んでくださいね。

「夫が競馬をやめないの、どうしたらいい?」「夫が暴力をふるうのどうしたらいい」「妻が無断外泊するんだけどどうしたらいい」
第三者はなんとかしてあげたいと思うものの、そのパートナーの暴力をやめさせることも、ギャンブルをやめさせることもできません。
また言葉は口にしたらしただけ、その通りになってしまうものです。「あの人、本当にしょうがない人なの。」「何言ってもムダ」そう嘆いているうちに自分もその言葉に従って生きていくようになります。
「どうして良いかわからなくなった」
自分がどうして良いかさえわからなくなってしまう恋愛関係や夫婦関係は果たして続けるものか。
本当に相手を愛し愛されているなら、第三者に相談する前に話し合うことができるでしょうから、話し合うことのできなくなってしまったカップルは難しいとのことです。

恋愛も結婚も互いを高め合うことのできる相手とするものです。
「いつもありがとう。」と互いに相手に感謝できる関係が幸せではないかと私は思いました。

今日も良い天気。家の床を掃除をしながら「あぁ、ありがたい。」と感謝して。

|

幸せな恋愛、結婚してますか 1

皆さんこんにちは、連休はどうすごされましたか?
私は例によって自然満喫、元気いっぱい!!

ところで、ところで、、、、先日恋愛専門カウンセラーの方とお話する機会があったので、そのときうかがったことを書きますね。

「喧嘩するほど仲が良い」という言葉はあるけれど、本当の喧嘩は滅多にするものじゃないし、実りのあるものだからこそ喧嘩する価値がある、、、、どうやらしょっちゅう喧嘩するから仲が良いという言葉ではないようです。

なるほど。
相手に従うわけでなく、相手に合わせるわけでなく、互いを尊重している限り、よほどのことがない限り喧嘩する必要がない。喧嘩をしたあと、より絆が深まる、そんな喧嘩の場合に使う言葉でしょうね。

また「彼とは(彼女とは)話し合いにならなくて相談しにきました」という人が多いけれど、話し合いにならないのと喧嘩とは全然違うものだといいます。
喧嘩は仲直りすればいいけれど、話し合いにならない=怒鳴る、暴力をふるう、逆ギレする、無視、泣きわめく、、、いわばハラスメントですね。
そういう人と(そういう風にしか自己表現できない人=自律していない人と)どうやったらうまくいくか。
皆さん苦しんでらっしゃるようですが、正直、そういう人に自分を合わせて生きることが幸せかどうか考えるようにおっしゃるそうです。
すると「それでも彼(彼女)には私が必要なんです。あの人、ひとりではダメなんです」とそこにいない彼や彼女の気持ちを語って帰る方もいらっしゃるそうですが、、、、

それって、共依存ですよね、、、、一見相手を嘆いているようで自分も自律していない、、、ですよねえ。

連載2に続きます。

休み中もたくさんのお問い合わせをいただきありがとうございます。たっぷり充電してまいりましたのでまた笑顔でお会いできますように☆

|

2007年10月28日 (日)

恋に効く話し 7

かぼちゃのお菓子やらなんやら食べ物の話しばっかりで、すっかりグルメブログしてたハーティカウンセラー日記です 汗

今日は恋に効く話し第7回です。

やっと別れを決意したあなた。

いざひとりになってみると、猛烈に寂しさに襲われます。

もっと素直になればよかった。

どうしてあのときあんなこと言ってしまったのだろう。

だけど、浮気したのは彼。

私の結婚したいって気持ち、最後まで伝わらなかった。

そんなことずーっとずーっとベッドの中で考えていると眠れなくなってしまいそうですね。

むこうがやり直そうと言ってきたら、、、

悪いってちゃんと謝ってくれれば、、、

別に、彼より素敵な人いっぱいいるし、、、

なあんて結局後ろ向き。もしとか、でもとか、だってとか、、、言い訳しては過去を振り返る、、、、別れることで違う明日を生きることができるチャンスなのに、ずーっと別れた彼のことを思って生きているんですね。

あーあ、、、、やっぱ自分ダメ、、、、こんな自分もぉイヤ。

最後は自虐ですか。

過去は過去。

彼とすごした日、キラキラ輝いていた自分、、そんなことが良い思い出として心に存在する日がきっときます。

ですからそれまでの間、ちゃんと自分にむきあって自分磨きしませんか?ダメな自分、イヤな自分、存在する意味さえ見失いそうな日々に、あえて渇をいれてみるのです。

え?!渇ってなんですかぁ?

心を無にする。

そんなことできないですよね 笑

できない?

したくない?

ここで確認しましょう。

できるかできないか、、、、それはチャレンジするかしないかそれだけの問題ですが、したくない、、、、そんな、あなたは鏡にうつる自分をちゃんとみてあげてください。

彼と一緒にいたときと今とどっちがキレイですか?

今の方がキレイ!彼と一緒にいたときよりキレイ、、、、になる!!

そうやって声にだして誓って、一緒にキレイになっていきませんか?

でも何をしていいかわからない?

ハイ、いつものように、まずはお掃除ですよぉ。

物理的にキレイにすることで、視覚から脳へ空間の清潔さ、整頓されたようすが認知されます。体も使うので達成感があります。

なんなら今はやりのジョギングにでかけますか?

もちろんウォーキングでもいいでしょう。「働きマンの松方さん」のように高尾山にリフレッシュしにでかけるのもいいですね。緑の中、自然の中ですごすと、いかに自分が矮小な存在で、小さな事にとらわれていたかわかるでしょう。

ちんたらちんたら働いていたあなた。

ここは大発奮!周囲をあっと言わせるような資格にチャレンジしてみるのもいいかもしれないです。

ようはなんでもいいのです。自分のやりたかったことや、やりたくてもできなかったことにチャレンジするのです。「ムリムリ」なんて笑っていたような、ちょっとハードルの高そうなものこそチャレンジする価値があると思います。

そんなことひたむきにやっているうちに、彼のこと、過去のこと思い出す時間もなくなっていくでしょうし、今までとは時間の使い方も変わっていくことでしょう。何か目標があったり、決めたことをやり遂げようとする人は姿勢も良いですし、キラキラしているものです。

知らず知らず彼優先ですごしていた自分にさよなら、彼好みのファッションやメークにさよなら。

すると、、、、、

新しい出逢い

きっとあるかもです☆

そんな女性のみなさんをハーティ新宿は応援いたします。

|

2007年10月 3日 (水)

恋に効く話し 6

前回、恋愛の平均継続期間3年とお話いたしましたが、その後めでたく結婚なさるか、それとも別れに至るかは神のみぞ知るところ。大切なのは相手がいようといまいと自分の足でしっかりと立てるあなたであることです。あなたは、自分自身を愛することのできる人間である、その上で同じように相手を尊重し受け容れることができる、、、私は私が大好きで、そして同じように相手のことも大好き。

もし彼が私のことを嫌いになっても、私は私が大好きでそれはかわらない、まして彼を恨んだり憎んだり、何年もひきずったりなんてない、、、、、

まあ、そんなにはっきりした意思がなくとも、そうやってすっきりと新しい人生の一歩を踏み出すことができるといいですね。ちなみに個人主義のフランスには片思いという言葉はありません、たぶんイタリアも。さっさと新しい出逢いを求める人たちです、なぜなら自分は愛されるべき人間であること。あくまで自分という存在をしっかりもつ、、そこに強い意志を感じます。

ところで今日は恋愛のタブーについて、、、

以前にもストーカーについて書いてまいりましたが、ストーカーの人、ストーキングする人は相手が好きだから、いつまでもつきまとったり足跡を残すのではありません。「自分の存在を認めて欲しい、受け容れて欲しい」という自分本位な動機で自分の存在を主張し続けます。「なぜあなたは私を受け容れてくれないんだ、なぜ私を認めてくれないんだ、自分(私)の存在を受け容れてくれないのなら、受け容れてくれるまでつきまとってやる」そんな心理によって執拗につきまとい続けるのです。

ここで「まさか自分は、、、」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、ホンキで別れる気がないのに喧嘩すると「別れてやる」と啖呵を切ってみたり、相手に別れを切り出されたら泣き叫び「死ぬ」「もうダメ」なんてことを口にする、気が狂ったように電話をかけ続ける、メールを送り続ける、徹底的に相手の非をあげつらい責任まで追求する(恋愛に責任って生じるものかわかりかねますが。)相手の気をひくために他の異性と遊び歩いたことを吹聴したり、無理なお酒を飲んでみたり、、、しまいに疑心暗鬼にとらわれて相手の会社までつけてみたり、家の周囲をうろついてみたり、そんな自分だったり、恋人だったりしませんか、、、、、、

えっ?なんかストーカーみたいってゆうかプチストーカー?!

えぇーーーっ怖ーーーい!!

怖いですよね、、、もし相手を本当に愛していたのなら、相手を困らせたり相手の迷惑になるような行為はしないはずです。まして匿名で電話をかけ続けてみたりメールを送ったり、第三者に2人の間にあったことをしゃべったり、、、、、相手がイヤな気分になるようなことはしないはずです。

では、なぜそんなことをするのか?

ようは自分の存在をしらしめたいだけなのです。一見相手そのものに恋焦がれる切ない思いのようでいて、本当の訴えは「自分を認めなかったことに対する相手への恨みつらみ」と言えましょう。

相手に対して恨みがある限り、相手を許さないという思いがある限り、決して幸せにはなれません。誰が不幸って自分が不幸だということ気づいて、そんなイタイ自分をしっかり受けとめてあげませんか?

連載を読んでの感想などはcocorofuwafuwa*yahoo.co.jp

*お手数ですが*を@にかえて送信してください。

こころのことはハーティ新宿へ

|

2007年9月19日 (水)

恋に効く話し 5

今日は別れについて。

恋愛の継続期間は平均3年といいます。長いと思うか短いと思うかはひとそれぞれですが、いつかなんらかの形で別れがやってきます、その別れから立ち直ったとき、2人のすごした日々がステキな思い出として記憶に残るか、もう二度と思い出したくないような悪夢として記憶に残るか、、、

どんな別れも苦しくせつないものです、すべての別れは痛みをともないます。食事も喉をとおらない日が続いたり、枕を涙で濡らすこともあるでしょう、街を歩くたびにどうして今自分はひとりか、ぼんやり考えてしまうかもしれません。

一緒にいた時間が長ければ長いほど、愛していれば愛していただけ別れはつらく苦しいものです。しかし、その永遠に続くかのような苦しみや寂寥感も、時とともに癒され新たな人生を歩んでいけるようになります。そして良かった時のことも悪かった時のこともすべてが懐かしい思い出になり互いの幸せを祈ることができるようになっていくのです。

そんなぁ、、、、ムリですよぉ、、、、夜になると悲しくて涙があふれますよぉ。

それはが自然だと思います。

相手だけ幸せになって、、、ずるい、、、自分は惨めだ、、、ゆるせない、、、

恨みつらみのひとつも言いたくもなると思います。

あぁすればよかった、こぉしたからいけないんだ、あのときのひとことが、、

自分のしたことを悔やんだり、伝えることができなかった思いで胸をいっぱいにしてしまうことでしょう。

もちろんどんな妄想をしようとあなたの自由です。ただあなたの今後の言動で相手があなたの元に戻ってくるかどうかはわかりません。あなたは相手のいない状況でひとりロールプレイイングをしては返ってくるだろう相手の反応を自分で勝手に想像しては一喜一憂しているだけなのです。

あなたは別れによって傷ついたことでしょう。

しかし相手も同じぐらい傷つきながら別れを決意したのかもしれません。

大切なのは今の状況=相手はもうあなたから離れていったという、その事実をしっかりうけとめることです。

あなたはあなた自身が大切で自分をしっかり受け容れることができるオトナなのでしたら、同じように相手も自分が大切で自分が決めたことを行う自由を認めてあげられるはずですよね。

★-☆-○-☆-★ ★-☆-○-☆-★ 

弱い者ほど相手を許すことができない。

許すということは、強さの証だ。☆ガンジー☆

連載を読んでの感想などはcocorofuwafuwa*yahoo.co.jp

*お手数ですが*を@にかえて送信してください。

こころのことはハーティ新宿へ

|

2007年9月17日 (月)

恋に効く話し 4

恋愛すると自分を見失う。」そんな言葉よく聞きますが、なぜ恋愛すると自分を見失ってしまうのでしょう。「恋愛」がいけないのでしょうか?「相手」がいけないのでしょうか?

もしかすると「恋愛すると自分を見失う人」は、平素から自分をしっかり受け容れることができてなかったり、自己一致できてなかったりするのかも。

普段の自分、、、どうですか?感情のメリハリだしてますか?休むとき集中するときバランスとれてますか?

もっと相手に愛されるために自分を磨くことはすばらしいことです。しかし相手に愛されるために相手の言葉や態度に一喜一憂するのはどうでしょう。

相手を思いやり相手の喜ぶことをすることはすばらしいことです。しかし相手が同じことをしてくれないと言ってがっかりしてしまうのはどうでしょう。

相手に合わせてあげるやさしさステキです。しかし本来あなたが大切にしなければならないはずのものを粗末にするようになってきたのはどうでしょう。

あなたはあなた自身を愛し大切にすることができる人のはずです。その上で、同じように自分を愛し大切にすることのできる人と巡り合ったのなら、「自分を見失う」ことはないはずです。

★-☆-○-☆-★    ★-☆-○-☆-★    

考える時間を持ちなさい 祈る時間を持ちなさい 笑う時間を持ちなさい 

それは力の源 それは地球でもっとも偉大な力 それは魂の音

遊ぶ時間を持ちなさい 愛し、愛される時間を持ちなさい 与える時間を持ちなさい

それは永遠につづく若さの秘密 それは神が与えてくれた特権 

自分勝手になるには、一日は短すぎる

読書する時間を持ちなさい 親しくなるための時間を持ちなさい 働く時間を持ちなさい

それは知識のわき出る泉 それは幸福へつづく道 それは成功の価値 

施しをする時間を持ちなさい それは天国へと導く鍵 ☆マザーテレサ☆

秋の味覚、栗をゆでました。食べすぎ注意!!

とゆうことで今日はここまで。

連載を読んでの感想などはcocorofuwafuwa*yahoo.co.jp

*お手数ですが*を@にかえて送信してください。

こころのことはハーティ新宿へ

|

2007年9月11日 (火)

恋に効く話し 3

週末は海で遊んでました。またまたこんがりやけました。月曜日、お世話になっている鍼灸の先生に自家製天然酵母のパンを差し上げました。「すごーい!お店のみたいっ」なんて言葉にウキウキ、実際とーってもおいしいんです。帰りがけに10年来の友達に会うと「ハイ、これ」宇治十帖の物語;源氏物語後編を渡されました。「どうしても読んでもらいたくてさ、一生持っていてかまわないから」なんだかすべてがグルグル巡り巡ってつながっている、、、、パンにしても本にしてもささやかなことですが誰かが誰かを想うことがつながっていくのを感じました。

さあて連載してますよぉ。先回は共依存ってなんぞや、、、というところで終わりましたが、今日はその共依存から恋愛を考察していきましょう。ところで共依存を勘違いなさっている方もいらっしゃると思いますので、ちょっとだけ説明させてくださいね。

共依存とは「ひとりになるのが怖かったり、ひとり立ちできない」から一緒にいる者同士や、その関係性をさすわけではありません。

他者に必要とされることで、自分の存在意義を見い出す」という関係性をさします。
共依存者は低すぎる自尊心や自己に対する過小評価のため、他者に自分の存在を認められることによって初めて満足を得ることができます。自分に自信がなく常に相手の顔色をうかがい、他人の一挙手一動にビクビクなさる人っていらっしゃいませんか?またその行為は、自己犠牲的、献身的でありますが、一見献身的なその姿も相手にいかに気に入ってもらえるか、どうすれば取り入ることができるかということに終始し、ある種、確信犯的な横顔を持ちます。また「相手が自分を好きだから」と思い続けて=信じている限り、その関係性はゆがんだまま続いていきます。

自分の内面はいつも満たされないまま空っぽで、他者の評価によってその存在を認知する。しかしその評価を得るためには他者を利用するようなしたたかさも見え隠れする、、、、うぅーん、切ないなあ。

どうやら「I love自分=自分大好き」ではないようですね。

でもそんな話よく聞きませんか?
アル中亭主の妻、、、、夫は働かず当然家にはお金がない、暴力はふるうし借金ばかりがたまる、誰がみても不幸なのに絶対別れようとしません。ある日暴力の矛先が子供にむかい、さすがに危険を感じると妻子は命からがら実家へ逃げます。すると夫は「オマエがいないとダメなんだよ、やり直すよ」と追ってきます。そこで妻も「ほらみなさい、この人は私がいないと何もできないのよ」と、ほくそ笑みます。

逃げることも暴力をふるうことも互いに対しての策謀でしょうか?なんだかそれって恋の駆け引きなんてチャーミングな言葉ではすまないような気がしますが、、、

長年ライブで人様の声を聞いて感じたことや、専門書片手に皆で励ましあいながらどんなことを学んだか、皆様にお伝えしたいことはたくさんありますが、なにせこの遅筆、なにより文章の稚拙さ、本当に読みづらいことと思います。それでも読んでくださる皆様がいらっしゃること本当にうれしく思います☆ありがとうございます

こころのことはハーティ新宿

|

2007年9月 8日 (土)

恋に効く話し2 

先回は「自分(私)のことを好きだという人が好き」ということ「について書いてみたのですが、今日はちょっとだけ気になったことがあるので、それについておつきあいくださいますか?

恋愛関係において「相手が私を好き」というのが重要であって「私が相手をどう思うか」はあんまり重要ではないという、、、、そんな受身な彼女の心の中。

捨て身になることへの羞恥。

惚れられたものの強味。

愛される自分に酔う私。

なんだか「I love 自分」じゃないですか?

いつまでも彼が私のことを好きでいてくれるって信じているのが、女の純粋さなのかもしれませんが、彼が心変わりしちゃったらどうするのでしょうねえ。

彼が心変わりすることなんて考えられない、、、、、、まあ、そう思われるのも自由ですが、私が心配するのは、彼が心変わりする=彼の心変化に関してよりも、彼女のその純粋さ、如いてはそのもろさです。なぜなら一見「I love 自分」=「自分が好き」なようでいて、本当に自分を好きであるかどうかに疑問を感じるからです。

えっ?

カップル双方がオトナであれば愛の形は

私は私が好きです。

私は私の恋人を自分を愛するのと同じように愛しております。

私の恋人は非常に安定しおり自己一致しています。

彼も自分を愛するのと同じように私を受け容れて愛してくれます。

ここで自己一致という言葉がでてまいりましたが、自己一致した状態とはありのままの自分を受け容れ肯定すること、表出される言葉や態度が一致することをいいます。

いつまでたってもオトナになれない人、もしくは不安定な精神状態を「自己一致してない」とも言い換えることができますが、自分自身が自己一致していない人は、なかなか人を受け容れることや肯定することができません。「愛してる」と口にすることはいくらでもできても言葉と態度が一致していなかったりするのです。*詳しくは「ケチな男」の連載をご覧くださいね。

*私も時に不安定でハチャメチャな自分をよく知っておりますが、そんな自分をまず認めること、心の乱れをしっかり受け容れることは心がけております、、、、それもある意味自己一致した状態といいます。

さて、このように相思相愛とは自分を受け容れ肯定することのできる者同士が、相手を受け容れ肯定していく状態をさすのですが、どちらかもしくは双方が自己一致していない場合、まかりまちがうと相思相愛というより共依存になってしまう場合もあります。もちろん愛の形はさまざまですし、すべてのカップルがいつも理想的な状態であるとは限りません。それでもなんとか相手を受け容れていこうとするのですが、ツライ恋愛、ツライ別れ、終焉、、、その後も続くストーカー行為の裏には自己一致していない男女の姿が垣間見れるものです。

自分が自分自身を好きで自分に誇りを持ち安定した状態であれば、相手が自分のことをどう思うかにかかわらず自分の思いをしっかりと伝えられるはずですし、相手の心が離れることがあっても自分がしっかりしていれば、また立ち直っていくことができると思います。

ところで、共依存って???

先に進みたいのは山々ですがtoday that's it.今日はここまで。

こころのことはハーティ新宿

|

2007年9月 1日 (土)

恋に効く話し1

愛は能動的な活動であり、受動的な感情ではない。
そのなかに“落ちる”ものではなく、
“みずから踏みこむ”ものである。

エーリッヒフロム

先ごろあるアンケート調査で好きになる相手の条件というのもが発表されました。

はてさてその一位は

ジャジャーーーン

「自分のことを好きだという人」

はあ、そうですかってなになにぃっ?

私だって「オマエみたいな女、顔もみたくねえ、なんだこのブス」そういう輩とすごすよりも、私のことを受け容れてくれる人と一緒にすごした方が快適だと思います。*本当にそんなこと耳にしたら許さないわっプンプン

しかしそこに落とし穴があります。

男性と女性では脳の具合が違いますが、男性にとっておつきあいする女性の存在はある意味ステータスの証であり、所有欲をみたすための存在だったりします。

また男性は女性に比べて圧倒的にひとめぼれする確立が高く、見た目で相手を選びがちでもあるという調査結果もあります。簡単に申し上げますと、女性が安定を求め育むことによろこびをおぼえる生き物であるのに対して、男性は常に刺激を求め外へ外へと向かっていく生き物だということです。

野生の動物の「狩り」と一緒でがんばってくどきおとす行為そのものが大切であって、「釣った魚に餌はやらない」そういう男性、実際多いです。

ですから、彼の猛アタックにのぼせてしまい「彼、私に夢中なのぉ」と言って、なんの努力もせず、彼をちゃんとリサーチしないですごされるのは考え物です。そのうち彼は当初の熱さを失い、また新たな獲物を求めにでかけることも考えられます。

この「新たな獲物」とは「浮気や不倫」をさすわけではありません。あなたとすごす時間より、もっと楽しいことがあればそちらにむかってしまうということです。もちろん、これは男性全員について述べているわけではありません、そのへんはご理解くださいね。

しかし自分が誰かを好きになった場合はどうでしょう?

もっともっとずーっと緊張感があるのではありませんか?

自分磨きの努力をなさるのではありませんか?

おいしいものを食べて、体を動かして、良い睡眠をとって、、、、しっかり自分磨き!

ステキな秋を迎えたいですね。

今年は乗馬+サーフィンでずいぶん日に焼けました。来週はいよいよレースです。

こころのことはハーティ新宿

|

2007年7月21日 (土)

ケチな男と信じやすい女 5

いよいよ連載最終回。

長い連載でした。全部読んでないという方もお時間のあるときに読んでくださるとうれしいです。

お金があるのかないのか、そもそもいったいなにがしたいのか、そんなケチな男。

自分はさておき、相手には期待でいっぱい。いつか変わってくれると相手にすがる信じやすい女。

そういうオトナでない男女について考えてまいりました。

愛情を知らない。

そう言い切ることについて私は異見を唱えることはありません。人生あなたの主観でかまわないのです。OK!すべて自分軸で大丈夫。

ただ「知らないからできない」そういう生き方はオトナでしょうか?

今までの人生「知らないこと」に遭遇したときどう対処なさってきましたか?

知らないことは知らないままでいい、知る必要もない

知らないことは知りたいけど、、、、、どうしていいかわからない

知らないことは知りたい、どんなものか試してみよう

知らないまま終わってしまうのか、知ろうと試行錯誤してみるのか。

もちろん知ってもしょうがないものってたくさんあります。それにすべてを知る必要はないと思います。しかし人生は経験、学習の繰り返しで成り立つともいえましょう。

映画プロデューサーとしてヒット作を世に送り出している友人と話していたとき「自分にはできないって言うの、それってできないんじゃなくて、やるかやらないかでしょ」と言うのです。確かに。やる気がないのとできないでは全然違うのです。

私にはムリ、、、、やってないじゃん。

あなたと私は違う、、、当たり前じゃん。

とてもとてもできない、、、、なにもしてないよね。

自分の境遇を嘆く前にやれ?!

「そうおっしゃいたいのですね?でも、それができないから苦しいんじゃないですかぁ」

そんな思いで胸がいっぱいな人、納得いかない人いらっしゃいますか?

先日別なエントリーでも申し上げましたが、もちろん疲れきってしまったときは、なにもしないでベッドに入ってかまわないのです。

ただ「できないとやらないは違う」ということです。「やってもやってもうまくいかないのができない」ということであって、初めからなにもしない人はそれっきりなのです。

ここでマザーテレサの言葉を一緒に考えてみたいと思います。

この世の最大の不幸は病や貧しさではなく、 自分は誰からも必要されていないと感じることである

必要とされていないと思うから、世をうらみ人に冷たくするでなく、必要とされていないと感じるから相手にすがって生きるのでなく、、、、

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい。 けり返されるかも知れません。 でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。

恐る恐るでもかまわないです、どうか愛情を与えることから始めてください。

ただし、あなたが最良のもの=愛情を与える相手がふさわしくない人だとしたら、そこに作用反作用の法則は成り立たないことでしょう。それでも与え続けるのは自由ですが、一歩下がって二歩下がって三歩下がって、、、、、、、、、もっと大きく世にその最良のものを与え続けてみてください。失恋したとき、なにをやってもうまくいかないとき、自分を責めるでなく相手を責めるでなく、時間をかけて距離をとって世の中をみてください。

まずは与えること。愛すること。

きっとそれに応えてくれる人、それを受けとめてくれるふさわしい人がいるはずです。

これで連載は終了です。次回は恋愛、そして失恋について考えてみたいと思っております。

昨日は9時にはベッドに入りました、いやあ、たくさん寝ました。まったく生産性のない人間ですが、なにもできないとき、なにもする気もないときあります。寝るのも仕事!

良い週末をおすごしください。

こころのことはハーティ新宿

|