« 銀座散策 | トップページ | 橙さんのベーグル »

2013年9月21日 (土)

小笠原伯爵邸で家族の集い

小笠原伯爵邸さん

伝統と格式が息づく瀟洒な洋館で優美な時間を。モダンスパニッシュと最高のおもてなしでお迎え致します。

昭和2年、小笠原家第30代当主の本邸として建てられた「小笠原伯爵邸」は 75年もの時を経て、当時の趣をそのままに甦りました。スペインから来日したシェフ、ゴンサロ・アルバレスが提唱するのは、食材の色・味・香りなど五感で感ずる旬の味をテーマにした滋味溢れるスペイン料理。歴史を感じる本物の瀟洒な空間で、最高のおもてなしとともに皆様をお待ちしております。 (食べログより)

女子医大、若松河田からほど近くにあり、どんな素敵なところだろうと、前を通るたびに気になっておりましたが、家族のお食事会で利用させていただきました。

15人ぐらい集まったので個室に案内していただくことができましたが、誰かのおウチにおよばれしたような気持ちで、ゆったりすごすことができました。

5785_3920480869532_2077251660_n

また、私はお肉なしのスペシャルメニューでお願いいたしましたが、どれも見た目、お味、すべにおいて贅を凝らした逸品ばかりでした。

ディナーは10,000円と15,000円(それぞれ税別)からコースを選べるようですが、サービスやお店の雰囲気、ゆったりさ加減を考えると、お得かなあと思いました。


お手洗いから、シガールームから、お庭から、すべてが素敵すぎますもの。

486415_3923350061260_614411737_n

スペイン様式と言いながら、アラベスクな要素もあり、アルハンブラ宮殿を思い出しました。

66647_3923329540747_1052794895_n

お料理は一品、一品がアート。
なにより鮮度の良いものをお出しいただいているのが伝わります。


フレンチと違いバターや乳製品は使わないようです。また、パンにオリーブオイルを添えるのはイタリアと一緒ですが、もっと洗練された感じでしょうか。

というより、ここは日本。
モダンキュイジーヌじゃないと成り立たないのかもしれません。

577331_3920479509498_565654114_n

食べるのもったいないよね。


なんて、ドキドキするオトナをよそに、ちびちゃんたちは、お子様メニューに添えられたポテトフライにがっついていました 汗

556815_3920481269542_404274268_n

こんなのはちょっと和っぽいですよね。
あっさりしています。

484843_3923331220789_1072326463_n_2

これはエビの卵の入ったコンソメスープ。
アッツアツをその場でサーブしてくれます。

301565_3923333180838_2068050881_n

ちっちゃい中にも、シェフの思いがこもった一品。


サクサクのパイ生地とねっとりしたパテがおいしゅうございます。

3時間ぐらいかけてゆっくりといただきましたが、サーブされた食材の数を考えただけで、気が遠くなりそうです。
目で舌で味わうことができて幸せなひとときでした。

飲んで食べて、たぶんおひとりコース以上のお値段になったのは当然として、個室だったため、ちびちゃんたちが多少騒いだりしても、少々はゆるされるかなあと思いました。

最後に家族の記念写真を撮っていただきましたとさ。

小笠原伯爵邸
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:スペイン料理 | 若松河田駅牛込柳町駅曙橋駅

こころのことはハーティ新宿

|

« 銀座散策 | トップページ | 橙さんのベーグル »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀座散策 | トップページ | 橙さんのベーグル »