« キャリアコンサルタント試験対策 一夜漬け?! | トップページ | 日本ストレス学会のご案内 »

2011年9月 7日 (水)

震災から半年;秋の気配

皆さんいかがおすごしですか?

ここ数日台風に関する報道を見るにつけ、3月の震災を思い出さずにはいられなかったです。

ある日突然すべてが奪われる。

生きてて良かったと言われても果たしてそうなのか、、、、、

そんな皆さんの言葉を聞くたび胸が張り裂けそうです。



実際、震災から半年経ちますが、かつて親の住んでいた町は震災からなーーーーーーーーんにも変わっていないそうです。

常磐線をどこにひくか、津波に襲われた家々をどうするか、いまだ電気もガスも水道もないままだそうです。



父は毎日のようにそこに通い、なにするわけでもなく、ひとときをすごして帰ってくるとのこと。いつ壊されるかわからない家も、そうした父とのひとときを楽しんでいるのでしょうか。

Blog

さて、季節はもう秋、、、、、

このあいだ無花果をいただきました。

いちばんおいしかったのはバルセロナで食べた無花果。

でももっとおいしかったのは、毎年母がご近所からわけていただいたものを送ってくれる無花果でした。

それはとってもちっちゃくて不ぞろいで、とってもとっても甘くておいしくて、いっぺんに全部食べちゃいそうでしたが、もったいないから我慢して、、、、、


そしていまや二度と食べることができない無花果になりました。







はあ、半年、私も必死だったなあと思います。

いまだに被災地のことや両親のことを思うと苦しいです。
あの震災は、一生忘れることはできないできごとですし、その悲しみも消えません。
なんども心が折れそうになりましたが同じく家族が被災した友達や、仙台の友達と励ましあいながらやってきました。

そんななか被災した友達のご家族が、倒れたと聞いたときは、その理不尽な運命に悔しくて悲しくて泣けてきましたし、放射能汚染について考えるたびに徒労感をおぼえる日々であることは確かです。

そしてもっともっと重く苦しい毎日をすごされる人を思うとなんともいえない思いです。














でもそうした悲しみや苦しみを抱えていたとしても、いつかまた笑顔ですごす日がくると私は信じています。





起きてしまったできごとと、目の前にある未来は別ですもの。





そんな葛藤を抱えながら半年。


仕事は忙しいし、勉強はますます難しいし(昨年さぼりすぎて単位ギリギリなので、春は20単位取った( ゚д゚)ポカーン)

もうダメ、死ぬ(||li`ω゚∞)と悲鳴をあげながら、やってきましたが、いただいた成績はお蔭様でオールA+でした。

自分の中でも、震災があったからとか、家族が被災したからとか、そうしたことは言い訳にしたくないという思いはありました。同時に、被災した家族の苦しみを思ったとき、私は笑顔で自分の本分を全うしなくちゃ申し訳ないという思いもありました。




それに過去を思って泣くことはあっても、今日は常に新しいものであり、チャンスをつかむのは自分です、ただひたすら無心に目の前のことをこなすだけかなあとおもいました。


「ほらなんていったかなあ、みんなの意見を付箋に書き出して、分類するの、、、えーと、えーーーと、KY法」→「ちょっとぉ、KYはあなたでしょ\(*`∧´)/やだなあ、KJ法でしょ」→「すみません(゚ー゚;」みたいなことを繰り返しながら、いつも全力で笑いをとって( ̄ー+ ̄)












悲しいことは起こって欲しくない、だけど誰もがまた、そこから幸せになることはできる、それを応援するのが私の務めだと思ったとき、明日が来るのが楽しみです☆

こころのことはハーティ新宿

いつも皆さんのクリックに励まされてます☆ありがとう人気ブログランキングへ

Twitterボタン

|

« キャリアコンサルタント試験対策 一夜漬け?! | トップページ | 日本ストレス学会のご案内 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

早稲田人科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キャリアコンサルタント試験対策 一夜漬け?! | トップページ | 日本ストレス学会のご案内 »