« 震災後のこころのケア 2 PTSD | トップページ | ホームスイートホーム1;原発反対の前に »

2011年4月 9日 (土)

ストレスかな?心ここにあらずな数日でした

ひとりでご飯食べたり、映画みたり、旅行したり、、、、

世界的にもレアな、極めて個人主義な面のある日本人。

しかし、基本は右向け右、上の言うこと絶対服従だから、国が自粛ムードを解除しない限り自粛しちゃうのかな?









共感疲労とも言って、被害に遭った方や、ツライ思いをなさっている方に、シンパシーをおぼえるうちに、自分自身がその渦中の人のようになってしまうんですけれど、、、、





お花見したかったらすればいい、そんな気持ちにならなかったらしなければいい。






自分の心地よいことをしていいんですよ。

私の場合、お堀の桜がいちばん好きなんですね。

でもお花見するなら代々木公園→なにやるのも代々木公園→出不精だから代々木公園?






というわけですが、、、、、、、






ある日のこと、駅まで行ったらお財布がなくて走ってオウチに戻って、また走って向かって、、、そんなことがあったんですね。

その翌日、重要な書類を提出しないといけなかったのですが、あ、○の証明書がない!とオウチに戻ったんですね。

○を手に職場に戻ると、今度は、あ、△の控えがない!と、またオウチに戻ったわけですよ 汗

あー、毎度のことね。

さすがに、そうも思えなくて、、、、夫も同情してくれました。




なにせ、出掛けに姉から電話があり、「震災後のストレスで耳が聞こえなくなった、両親との同居も限界」と涙ながらに訴えてきたのです。






まじですか、、、





てゆうか、遅刻するんですけど 汗








そして財布を忘れて飛び出してたんですね。




翌日は、一度目の忘れ物を取りに帰り、ゴソゴソやっていたら、仙台の友人から電話です。


「あなたのお姉さんだけじゃないの、みんなすごいストレスなの。私の妹も、、、、ホント、、、、恥ずかしい話だけど、、、、親との同居にこれ以上耐えられないって、、、、もう手がつけられなくなって、、、、、」







まじですか?







てゆうか、遅れるんですけど 汗










誰も悪くないんだよね。

みんな弱くてちっちゃいんだよね。


人々は、あまりのできごとの大きさを未消化のまま、それでも生きていかなければいけないのです。助け合わないといけないのはわかっている、でもコントロールできないから耳が聞えなくなったり、大暴れしたり、泣き叫んだりした挙句、大切な人を傷つけてしまい、また落ちていくのでしょうか。





「ねえ、たくさん日本出てった人いるんでしょ」

「あぁ、外国の人ね、、、、近所のお店は、従業員いなくなっちゃって、お店あけられなくなっちゃったんだよ。日本人は、、、、どうなんだろう、聞かないなあ。」




「みんな放射能が怖いの?私たち、家も仕事もなくなって、、、すぐそこに放射能も来てて、、、避難所では食べるものない人がたくさんいて、、、、それでもここに居るんだよ。だってここが好きなんだもん」


彼女の心の叫びを聞いたあと、また忘れ物に気づき、家と職場を行ったりきたりした、その夜は、早朝覚醒 涙












能天気な私ですが、家族のこと、親しい人のことには、心揺さぶられるようです。





なあんてお腹すいて目が覚めたという説もありますがε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…









皆さん良い週末を。

こころのことはハーティ新宿

いつも皆さんのクリックに励まされてます☆ありがとう人気ブログランキングへ

Twitterボタン

|

« 震災後のこころのケア 2 PTSD | トップページ | ホームスイートホーム1;原発反対の前に »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 震災後のこころのケア 2 PTSD | トップページ | ホームスイートホーム1;原発反対の前に »