« お願いです!吉岡先生の活動を応援してください。 | トップページ | 震災後のこころのケア »

2011年3月25日 (金)

花ゲリラ

「花ゲリラ」    茨木のり子
あの時 あなたは こうおっしゃった
なつかしく友人の昔の言葉を取り出してみる
私を調整してくれた大切な一言でした
そんなこと言ったかしら ひャ 忘れた

あなたが或る日或る時 そう言ったの
知人の一人が好きな指輪でも摘みあげるように
ひらり取り出すが 今度はこちらが覚えていない
そんな気障なこと言ったかしら

それぞれが捉えた餌を枝にひっかけ
ポカンと忘れた百舌(もず)である
思うに 言葉の保管所は
お互いがお互いに他人のこころのなか

だからこそ 
生きられる
千年前の恋唄も 七百年前の物語も
遠い国の 遠い日の 罪人の呟きさえも

どこかに花ゲリラでもいるのか
ポケットに種子しのばせて何喰わぬ顔
あちらでパラリ こちらでリラパ!
へんなところに異種の花 咲かせる     

************************************

以前、父から花の種が送られてきたことがある。

花の種を咲かせましょう。

お父さんは花咲かじいさんです。

町に花を咲かせます。

世の中ユーモアが必要です。

頑張らないこと。

あなたをいつも誇りに思います。



そんな手紙とともに。

私は、暗いのも寒いのも平気だ。

でも世の中ユーモアが必要だ。

そして私はなによりも美しいものが好きだ。

春がくる喜び、オシャレしたり、キレイなものをみたり、おいしいもの食べる幸せ。




そんなのが私の栄養だ。

だから、だから悲しくてしょうがない。

今日も寒さで震える人がいることが、今日も眠れぬ夜をすごす人がいることが、そして今日も家族を探す人がいることが、、、、。











それでも季節は変わる。春になる。




どうか、足をとめてください。路傍の花に。

どうか顔をあげてください。町の木々に。

春はそこに来てます。





中筋純さんhttp://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2011/04_shinjyuku.htm#03とのコラボイベントを企画中

こころのことはハーティ新宿

いつも皆さんのクリックに励まされてます☆ありがとう人気ブログランキングへ

Twitterボタン

|

« お願いです!吉岡先生の活動を応援してください。 | トップページ | 震災後のこころのケア »

ハッピーになろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お願いです!吉岡先生の活動を応援してください。 | トップページ | 震災後のこころのケア »