« 週末のこと、そしてレポート三昧な秋学期 | トップページ | 新年です、うさぎさんです。 »

2010年12月27日 (月)

富士をみながらマインドフルネスをおもふ

その馬は死ぬ瞬間まで死を知らず、そのウサギは仲間を飢えから救うため自らの身を火に投じた。







毎年、今の時期高尾山から陣場山までトレッキングしに出かけます。

Jim1

一年で一番美しい時期、人は少ないし空気は澄んでいるし、家をでて一時間で、こんなすばらしいところにいられる自分を幸せに思い、一年なんとかやってきたことに感謝します。

そうそう去年はイノシシに遭遇したんでしたっけ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



頼もしい友達がいて「狩猟の免許でもとって、シシ鍋なんかふるまうのもいいねえ」なあんて┐(´д`)┌ヤレヤレ。
実際、あちこちで猿、鹿、イノシシの被害がスゴイんですって。

Jim3

シモバシラという植物、今の時期だけお目にかかれます。






はてさて、、、、




私はミャンマーという国でしばらくすごしたことがあります。

世界でも貧しいほうから数えた方が早い国で軍事政権の国です、つい先ごろまでアウンサンスーチーさんが軟禁されていましたね。

仏教国で、その歴史上、一度も飢饉を出したことがない国でもあります。軍事政権というイメージに反して、国民はみんなとても美しく、どこまでもやさしい人が住む国です。








ステキな国ですよ。







先日、心理学会の巨人、我が早稲田大学のゴッドファーザー「春木豊先生」とご一緒したおり、私がそう口にしたら先生は「ステキナクニ?」と繰り返されました。











ええ、、、、

この間、同じビルにいるミャンマー人と話したとき、日本はお金がないと何もできない国、自殺者が毎年3万人を超す国だと指摘されました。

いくらGDPが高くても、私達は貧しい国にいるのかもしれないですね。

Jim2

土を持ち上がる霜柱、サクサク、サクサク

ところで、今、私は第三世代の行動療法といわれるマインドフルネス;ACTというものを勉強しています。

これはあのヴィパッサナー瞑想をもとにした心理学です。

「今ここで」に注視する限り、不安や、憎しみ、悲しみ、欲といった雑念、煩悩にとらわれることはないという、釈迦の悟りをもとにしたものですが、人間は過去を記憶し、未来を想像することができるから「昔はこうじゃなかった」と嘆き、「こんな状態がいつまで続くか」と不安にさいなまれるんですよね。

家事と子育てに追われる主婦は24時間休みがないと訴え、サラリーマンは上司に怒鳴られ、顧客の機嫌をうかがい、学生は就職難にあえぎ、子供はイジメに耐えるのが現代社会だなんて悲しすぎますが、、、、。

Jim4

旅の安全を願う小さな小さな草履

すべてのものごとに永遠はないです。



しかしすべてのものごとには、可能性があります。可能性は常に二項分布で、起こることと起こらないことと両方の可能性があります。

もし~だったら、if it were、、、、

Jim6

霜柱の小道





痛みの先に死を想像するのは人間だけ、チョコレートを前にして太ることを考え悩むのも人間だけです。



このように、想像という高度な技術は人間だけが授かったものですが、同じ想像するなら、私はいつも幸せな世界を想像していたいです☆


















私の人生はアヤマリだらけです。後悔ばかりだけど、でも懺悔することはないなあ。過去がどんなものであろうと、未来がどんなものであろうと、今ここでをしっかりと生きることを問われているのだと思うので。

Jim7

お正月ですねえ。






陣場山は360℃のパノラマ。

富士山はもとより、遠く日光連山、南アルプス、江ノ島まで見ることができました。そしてこの空は、ミャンマーだってイタリアだって、つながっています。






あぁ、なんてすばらしいのでしょう。

うれしくてイノシシを蹴散らしながら(^-^;山を駆け下り藤野へ。






今年もすべての出会いに感謝して。

こころのことはハーティ新宿

いつも皆さんのクリックに励まされてます☆ありがとう人気ブログランキングへ

Twitterボタン

|

« 週末のこと、そしてレポート三昧な秋学期 | トップページ | 新年です、うさぎさんです。 »

ハッピーになろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末のこと、そしてレポート三昧な秋学期 | トップページ | 新年です、うさぎさんです。 »