« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

富士をみながらマインドフルネスをおもふ

その馬は死ぬ瞬間まで死を知らず、そのウサギは仲間を飢えから救うため自らの身を火に投じた。







毎年、今の時期高尾山から陣場山までトレッキングしに出かけます。

Jim1

一年で一番美しい時期、人は少ないし空気は澄んでいるし、家をでて一時間で、こんなすばらしいところにいられる自分を幸せに思い、一年なんとかやってきたことに感謝します。

そうそう去年はイノシシに遭遇したんでしたっけ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



頼もしい友達がいて「狩猟の免許でもとって、シシ鍋なんかふるまうのもいいねえ」なあんて┐(´д`)┌ヤレヤレ。
実際、あちこちで猿、鹿、イノシシの被害がスゴイんですって。

Jim3

シモバシラという植物、今の時期だけお目にかかれます。






はてさて、、、、




私はミャンマーという国でしばらくすごしたことがあります。

世界でも貧しいほうから数えた方が早い国で軍事政権の国です、つい先ごろまでアウンサンスーチーさんが軟禁されていましたね。

仏教国で、その歴史上、一度も飢饉を出したことがない国でもあります。軍事政権というイメージに反して、国民はみんなとても美しく、どこまでもやさしい人が住む国です。








ステキな国ですよ。







先日、心理学会の巨人、我が早稲田大学のゴッドファーザー「春木豊先生」とご一緒したおり、私がそう口にしたら先生は「ステキナクニ?」と繰り返されました。











ええ、、、、

この間、同じビルにいるミャンマー人と話したとき、日本はお金がないと何もできない国、自殺者が毎年3万人を超す国だと指摘されました。

いくらGDPが高くても、私達は貧しい国にいるのかもしれないですね。

続きを読む "富士をみながらマインドフルネスをおもふ"

| | コメント (0)

2010年12月20日 (月)

週末のこと、そしてレポート三昧な秋学期

出張続き、および徹夜続き、ついでにヨシくんの遊び相手などしたりしてる私。

昨日はTAPIRで楽しい仲間とおいしいものたくさん!!

ブロッコリーのパコラがおいしかったなあ、あとは里芋と白菜のキッシュもおいしかった。いつも独創的なお料理にエネルギーもらいます。

やっぱりTAPIRさん、アーティスト☆カッコイイなあ。

Tapir

本当に笑って、笑って楽しかった。



夜はIKEAで買い物三昧。





でもインテリアオタとしては、IKEAは安かろう悪かろうと言われてもしょうがないと思ったり。



ちゃんと編んでないから裏がはがれちゃったラグカーペット。天板の塗装(デコラ)が剥がれるテーブル、フレームが空中分解する鏡、突然パーンと割れる魔法瓶とか、すべて実際買って使った上で言ってるのですが、IKEAのものはかわいいけれど、ちゃんと選ばないとね。

続きを読む "週末のこと、そしてレポート三昧な秋学期"

| | コメント (0)

2010年12月18日 (土)

人生楽しみたいもん

言い訳するわけじゃないですが、、、、





自分では、すごーーーーーくがんばってるつもりなんですね。人の倍やって、やっと半分しかできなくて、4倍やってやっと人並みの私。(調和平均?!)
Yoshi2

だから仕事も勉強も楽しいのだけど、自分の不出来さにもどかしさをおぼえつつ、それでも必死で、せめて丁寧にやろうと努力しているのですが、、、、、

昨日、ご一緒した方に「そんなんじゃダメよ」と。









初めて会った方なんですね。








思わず「知らないもん、そんなこと。できないのは、ごめんなさいだけど、いいんだもーーーん!!」と、プチ切れしました 爆





仕事のことならともかく、そして彼女が上司や先輩、お取引先の方ならともかく、、、、、まったくまったく初めて会った人に、私の40年を否定されて(大げさだけど)思わずイタリア式に「non so!」

スペインだとノセでしたっけ 笑

続きを読む "人生楽しみたいもん"

| | コメント (0)

2010年12月12日 (日)

起きたら午後だったよ 汗

1時に寝て、起きたら昼の1時でした。

ただの一回も目を覚まさず爆睡。

Om2

続きを読む "起きたら午後だったよ 汗"

| | コメント (0)

2010年12月10日 (金)

ヤスクニで

12月8日は真珠湾の日。


ヤスクニへ行って来ました。

なぜなら大叔父が予科練のパイロットで、片道切符とともに真珠湾にて戦死してるからです。

Y1_2

以前知人が、「毎年8月15日の終戦記念日は、戦犯としてシンガポールで処刑された祖父のお参りに、ヤスクニへ行く」と言うのを聞いて、戦犯か、、、と思うところがあったのですが、今は反省してます。

戦犯だろうと軍人だろうと,彼にとっては祖父ですよね。






異国で処刑されたことについて、なぜどうしてという無念や、やるせない思いはあることでしょう。

Y3

続きを読む "ヤスクニで"

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »