« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

根菜のおそばとSLACK LINE

なんだか寒くって、、、、
あいかわらず家ではレッグウォーマーが必須な私ですが、やっぱり芯からあったまりたいですね。

そこで根菜のおそば
土の下に伸びて育ったものは身体を温めてくれます。繊維もたっぷりでお通じにも良し。地味なのが滋味ってわけでして、、、、、ヾ(´ε`*)ゝ

レシピってほどのものではありませんが地味に紹介させてくださいね。

にんじん、大根、ごぼう、こんにゃく、しめじ(椎茸でも)を食べやすく切り油で炒めます。そこに出汁昆布をいれてお水をいれて、醤油とみりんで味付け。長ネギは最後に入れるといいですよ。
Konsai1

それだけでもおいしいのですが、おそばをいれてぐつぐつしたら完全食です。お好みで七味をかけて召し上がれ。

さてこのところ天候が不安定ですね。
LAのアメリカ人とスカイプしてたら、あちらもunusualな寒さだとのこと。うん、確かに。


続きを読む "根菜のおそばとSLACK LINE"

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

自分の力を信じて 3 鍼灸と歯

アロマの話が長くなっちゃいましたが鍼灸。

鍼灸って言うと必ず、みんな「えーーーーー」って言うのね。

でもお医者の出す薬、歯医者のレントゲン、健康診断のバリウム、なーーーんの疑問も持たないのはなぜ?

お医者さんだと信じられるの?????

って私の家族は医者も歯医者も勢ぞろい、ハイ、みーーーーんなただの生身の人間です。

さて鍼灸。

Kom11_2

レトロな街小諸よりお送りします☆

いちばん最初の先生は相性が悪かったのかダメで懲りちゃったのですが、その後ちゃんとした先生に出会ったら、なんて効くのでしょう。

びっくりするほど体が楽になることに感動。現在、2箇所の治療院にマイ針をキープしています。

続きを読む "自分の力を信じて 3 鍼灸と歯"

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

神楽坂ベッカー

Beck4

パン記事たまってます 汗

神楽坂ベッカーさん。

これまた夫が買ってきてくれました。

ここは素朴においしいです。

どれもクセなく味わえるというか、、、、でも記憶に残らないというか、、、

いえいえおいしいですよ。あきの来ない味というのかな。

続きを読む "神楽坂ベッカー"

| | コメント (0)

2010年5月18日 (火)

自分の力を信じて 2 アロマのこと

人間の体には良くなろう、良くなろうとする力がそなわっています。

アーユルヴェーダの専門家のインド人の先生もそうおっしゃってました。

その人の体質を見極めふさわしい手当をすると本来持っている力が活性される、しかし「癌」これはあなたとは別な生き物が体内に育っているためアーユルヴェーダで治すことができない。

漢方や、鍼灸、アロマテラピーなども同じ考え方ですよね。予防医学というか、統合医療というか。

私は日常アロマを暮らしに取り入れていますが、その香りを楽しむだけでも癒しだし、それが私の免疫力をあげたり、コリや疲れをほぐしてくれるのならすばらしいと思います。

Cher
インテリアのディスプレー、天然なものも人口のものも、両方ミックスして私スタイル(*´v゚*)ゞ

私の好きな精油は新陳代謝を良くする爽やかな香りのグレープフルーツ、筋肉疲労に効果があり元気がでそうなローズマリー、そして女性性を高めるクラリセイジ、ジャスミンも長く滞在したミャンマーを思い出す桃源郷的魅惑な香りです、、、あとはローズでしょうか。

続きを読む "自分の力を信じて 2 アロマのこと"

| | コメント (0)

2010年5月16日 (日)

自分の力を信じて 1  薬だけに頼らないで

最近、精神科にいらしては「とりあえず薬ください」という人や、自己診療で「私は鬱病です、薬が必要です」と主張なさる人が増えているといいます。

私はカウンセラーです。
医療行為、および病気の見立てはできませんし治るという言葉を使うことは法的に禁じられています。ノンクリニカル;医療領域ではない、あくまで健康な人のためのカウンセリングを行うというのが約束です。

しかし、そんな私のもとに「私は鬱病ですか」「私はADHDではないですか」「投薬治療が必要ですか」などと医者でしかできない「見立て」を求めてお越しになる方が実はけっこういらっしゃいます。

私のカウンセリングは予約が必要ですので、急を要さないのはわかりますし、クライエントさんも冷静な判断ができる状態でお越しになります.

そういう方に対しては「病気かどうか不安なんですね、もし心配でしたら医療機関を訪ねていただくべきことと思いますが、せっかくお越しいただいたのですから、どうしてそう不安に思われたかお話をうかがうことはできます。」と、あくまで心のかかわりを通してその人自身を見つめなおす作業をサポートします。*しかし危険な兆候など見られる場合は医療機関に行くよう薦めるのは当然です。

Maggio_3
カワイイ髪飾り、部屋飾りになりそうです(*^.^*)

しかし今日のニュースでは精神科の夜間診療に「◯という薬ください!」と症状ではなく薬の名前を訴える人が増えている、まったく緊急性もなく対応に困っているというのを目にし、非常に複雑な思いでした。

まず鬱病と鬱状態は違うということを本人はともかく、専門家はきちんと説明しているのでしょうか。
また睡眠障害や、著しい体重減少、自傷他害の恐れなどある場合は投薬治療や、場合によって緊急入院が必要ですが、仮に鬱病だったとしても適度な運動や、カウンセリング;認知行動療法などを組み合わせることで、症状が良くなるということをどれだけの医療従事者が伝えているのか悩ましいところです

続きを読む "自分の力を信じて 1  薬だけに頼らないで"

| | コメント (0)

2010年5月12日 (水)

好き嫌いはわがままじゃないよ

身体感覚を大切にしてますか?

暑い寒い。いいニオイ、クサイ。落ち着かない、心地良い。おいしい、おいしくない、しょっぱい、辛い、甘い、すっぱい、脂っこい。

ベーシックな心理学の考えでもありますが、好き嫌いはある意味自分を守っているといえます。

これは私の身体にあわない。

これは私の考えにあわない。

相手を否定するわけではなくて、ただ自分にそれが合わないということをしっかり認めるのです。

不用意に傷つくこともないし、不用意に合わないもので気持ち悪くなることもないということでしょうか。同時に嫌いだ、苦手だと認めるということはリスペクトすることでもあるかもしれません。

嫌い嫌いと思いながら無理して食べるよりも、イヤなやつ、でもしょうがないと無理して付き合うよりも、そこは敬遠ということで最大限リスペクトすればいいのです。

続きを読む "好き嫌いはわがままじゃないよ"

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

健康は美しい

言いたくないけど若いころは健康なんかまったく意識してませんでした。

というより私は健康にはなれないって思ってたのね。

喘息だしアレルギーだし、キョジャッキーなダメダメちゃん。

そう思ってました。

マラソンとんでもない、水泳とんでもない、、、ひたすらひょろひょろしてました。

でもイタリアですごすうち、みーーーーーんな当たり前のようにジムに行く、乗馬をする、野山で自然とふれあいバカンスを海ですごす、、、、、健康ほど美しいものはないと言う考え方に驚きます。

続きを読む "健康は美しい"

| | コメント (2)

2010年5月 8日 (土)

峰屋

Mine

これも夫のおみやげ。峰屋さん酒種のパン屋さん。

続きを読む "峰屋"

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

生きとし生けるもの

かわいいもの

そしてなにより美しいものが好きです。

一番は自然が好き。

だから田舎が好きというのではなく、どこに住んでいようと自然はそこにあり、窓から見える街路樹に四季を感じたり、隣の塀を這う蔦を借景のように思い暮らします。

One8


どんどん減っているというすずめや鳩、そしてカラスたち。東京の真ん中で生き抜く猫たち。

そんな都会暮らしの生き物たちだって自然の一部、そして私たち人間もその一部、、、、、、みーんな、みーーーんな自然の一部です。

そう思うとき生きとし生けるものがすべて愛しく思えます。

子猫のときから知っている猫もいて、その姿を見るたびほっとして、見かけなくなると心配して、、、

ローマの下町みたいに建物と建物の間を飛び回る鳩もかわいいものです。

続きを読む "生きとし生けるもの"

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »