« ディスカウントしてませんか? | トップページ | 初台BAKEE☆happily enough »

2009年10月19日 (月)

ディスカウントしてませんか 続き

自分をそのまま受け容れてもらうどころか、勝手に値踏みされて、値引きされること、、、、それをディスカウントと言うのですが、そういう場合どう対応するのがいいでしょうか?

◎まずは家庭内でのディスカウント対応策

たとえばあなたの作った料理、自分ではおいしいつもりです(実際おいしいかも☆)

しかし旦那様ときたら黙って食べてくれれば良いものを一言余計なコメントします。「別に家でトンカツしなくていいよ、外で食べるし、、、、てゆうかこれじゃ買ってきた惣菜でかまわないよ

そこであなたはムッカーーーーーときて、まるで瞬間湯沸かし器のごとく言い返し、、、、、ちゃわないでくださいね。

「だったら食べなきゃいいのよ、自分で惣菜買ってくればいいじゃん」

「自分は何もしないくせに」

そんなことを言い返して相手が謝ってくれるのなら良いですが、徹底抗戦になったとしたら「とんかつ」もまずくなってしまいます。

自虐的な人は「どうせ私なんか、なにやってもダメなのよ、、、、彼のいうとおり、あぁもう何もしたくない」と、突然自分の価値を無視し始めますが、旦那様もそこまであなたをキズつけるつもりはなかったはずです。

ですから自分で自分の値引きはやめましょうね。

ではどうしたら良いのかな?

「あらあ、残念だわ。家で揚げたてもいいかなあと思ったのよね。衣のサクサク感は負けてるかもしれないけど、これはこれでおいしいじゃん。それにすごく良いお肉使ってるのよ!!」

このように相手を攻撃することなく、自分を落とすことなく自分の意見を言うことはできますよね。

大切なのは私は私に対してOKだという姿勢を通すことです。だって良いお肉を用意して一生懸命作ったわけでしょ☆

◎さて外出先でのディスカウント対応策

あなたのお子さんは誰に似たのか運動神経がよくありません 汗

するとママ友「せっかく運動会でも、万年ビリだと応援に来るのイヤになっちゃうんじゃなあい?」と、なんだか鼻で笑ってくれるじゃありませんか。

そこで「何よ、バカにして!!そんなの勝手でしょ、ウチの子はビリだっていいんです!!!!」と言いたくなる気持ちはわかります。お子さんを叱咤したくなる気持ちもわかります。

しかし、まともに言い返してどうなるのでしょう。

また「そうなのよ、あの子、私に似てホントとろくって、、、、ねえ。イヤになっちゃうのよぉ」なんて自嘲するのもやめましょう。自分の値引きのみならともかく、お子さんを値引きしてどうします?!

お子さんもそれをおぼえていて何かあるたびに「僕はオカアサンの子だからとろくてイヤになっちゃう」と自分を値引きするようになるでしょう。

ではではどうしましょうか?

「ビリだからこそ応援のしがいがあるものよ、だって○ちゃんったらあんなに頑張ってるのよ。それにね、たまにブービー賞とったりすると感激もひとしおなんだから」

ビリのお子さんをまず認めてあげましょう、そしてどんなときも楽しむ自分であることをアピールしませんか?!

会報で小林先生も書いていらしゃいましたが、ディスカウントに対抗するために必要なのは自尊心です。

どんなときも、どんな自分もOK

その構えでいれば、人の言葉に一喜一憂することなく「あーら、あなたはそう思うのね、私はそうじゃないけれど」と鷹揚に構えていられるはずです。

そしてあなたをディスカウントしてきた相手に対しても、同じようにディスカウントするのでなくて「そうか、この人は今までディスカウントされるような付き合い方をしてきたんだなあ」と、距離をとって考えてみることです。

そしてディスカウントのない人間関係を築いていけるよう、まずは自分の発するメッセージにディスカウントという刃がないか気をつけることです。

キラキラな毎日はあなたの心の持ち方次第です☆自分と相手とノーモアディスカウント。

ステキな毎日すごしたいですね。

|

« ディスカウントしてませんか? | トップページ | 初台BAKEE☆happily enough »

交流分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ディスカウントしてませんか? | トップページ | 初台BAKEE☆happily enough »