« 口角あげて、日々感謝して、、、、 | トップページ | 甘えたいのは自分じゃないのかな »

2009年6月 5日 (金)

日本のステキを紹介するシリーズ1 会津若松

昨日はお休みでしたが、目をさましたらなんと12:30!!

よく年をとると寝てられないとか、朝早く目がさめるって言いますが、私、何時間でも寝てられます。することなかったらずーっと寝ています。

でもぜんぜん大きくなりません( ̄Д ̄;;

さて、、、私は旅が好きです。

日本全国北海道から沖縄、離島、父島、佐渡島に屋久島、、、行ったことない所はないってぐらい出かけてます。

出張、旅行、引越し、、、、ちなみに引越しは国内、外で計11回でしょうか。

最近は軽井沢を中心とした長野が多いですが、日本の良さをしみじみ味わっています。

とゆうわけで少しずつ、私が知ってる日本のステキなところをご紹介してまいりたいと思います。

会津若松を訪れたのは数年前の桜の時期でした。

会津、および若松と呼ばれるそうですが、歴史が歴史だけに志の高さが伝わる街です。ヨーロッパの小都市のような感じかな。

地方にありながらも伝統を守り、かつ独立心旺盛な人々の街といった感じ。でもインフラの整備により便利さと引き換えに、幹線道路の大規模ショッピングセンターや中央資本のチェーン店などの進出に地元商店街はちょっと苦しそう。

それでも老舗の酒造や料亭がその伝統を守る姿に感服。

Aiz3

こちらわっぱめしで有名な老舗田季野さん。きのこのわっぱめしですが、上品な味付けでとってもおいしいです。

こちらの建物は元々鎌倉時代に建てられたものを復元したといいますが、大きな広間にいるだけでいそいそしてしまいます。

お城の桜はもう葉桜でしたが、それもまた美しい。

Aiz4

ね。

どんな時も桜は絵になるの。

上質なお水で作られるおいしいお米、おいしいお酒、白虎隊にお城に、、、そんな会津若松に、さらなる名所発見です。

Aizsazae

こちら「さざえ堂」といいますが、1796年に建立された、高さ16.5メートル、六角三層のお堂です。

ただのお堂ではないです、なんと二十螺旋構造です!

上る人と降りる人が絶対遭遇しないその造り、、、、いったいどうなってるんだろ。

ローマのヴァチカンやオルヴィエートの井戸などが有名ですが、どっこいここ会津若松でもその不思議を堪能できるなんてステキです。

ちなみに私のDNAもあなたのDNAも二十螺旋構造ですフフフ

会津若松という小さな街、しかし四方を山に囲まれた特殊な地域なのもあるのでしょう。独自の文化や審美眼が築かれたのかもしれませんね。

あまりメジャーな観光地ではないかもしれないですが文化水準高く、ある意味非常にユニーク;個性的だなあと思いました。

つたない文章ですが、読んでくださる方の存在に支えられてます。皆さん良い週末を☆

メッセージ大歓迎 cocorofuwafuwaアットyahoo.co.jp

こころのことはハーティ新宿

皆さん応援ありがとうございます人気ブログランキングへ

|

« 口角あげて、日々感謝して、、、、 | トップページ | 甘えたいのは自分じゃないのかな »

旅行・地域」カテゴリの記事