« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

マリーアントワネットの時計

Hommage a Marie-Antoinette「マリー・アントワネットへのオマージュ』展

先日、銀座でマリーアントワネットの時計を見てまいりました。

Marian

これまたなんとも壮大なミステリーに包まれた話。

時は1783年、パリはシテ島のブレゲの工房に現れたひとりの紳士。

「マリーアントワネットのファンです」とだけ告げると特別な時計をオーダーします。

いくらお金がかかってもいい、できるだけ金をたくさん使い、贅沢かつ最高の性能の時計を彼女のために作って欲しい。

しかしその時計が完成したのはマリーアントワネットの死後34年の後。マリーアントワネットが、その時計を手にすることはありませんでした。また名匠ブレゲもすでに亡くなったあとにそれは完成したのでした。

その後その時計はさまざまな人の手にわたり、最後はエルサレムで盗難に遭い行方知らずと言います。

なんてミステリアスでロマンチックなストーリーでしょう!

小学校のときにベルバラ=池田理代子先生にはまったベルバラ少女としては、これはもぉ見逃せません。

本物の時計は行方知らず。

ですから今回展示された時計はマリーアントワネットへのまさにオマージュ、現代最高峰の技術によって作られた復刻版というわけなんですね。

時計の動く様子は映像でしか見ることはできませんでしたが、ラグジュアリーな気分満喫です。

展示が行われたニコラス・G・ハイエックセンターが、これまたハイエンドでオシャレな建物です。三階までのガラス張りのエレベーターが、上から吊るリフトではなくて下から持ち上げる円柱式でドキドキ。

残念ながらネコに小判でどんな時計をみても胸高鳴らない私でしたが、不思議なのは、銀座にいるのにシテとかサンルイとかプチトリアノンなんかの映像を見ていると、なんだか薔薇の香りが漂ってくるんですよねえ。

あぁ、今私はプチトリアノンにいるのよヾ(´ε`*)ゝなんて、ひとり勝手にうっとりです。

あ、妄想、確かに妄想ですね。

いや、しかしこれとってもハイポイントです!妄想フリーですもの。

時間に追われる毎日を過ごそうと、お財布が寂しいお給料日前であろうと、妄想できる心をもつかどうか、、、、それって心の豊かさであり、感性の豊かさじゃないかしら。

○のバッグを持っているから幸せ、○に愛されているから幸せ、○に合格したから幸せ、、、、、もちろん○という目標があったり、○が支えになっているというのは心強いことかもしれない、、、でももしその○というものがなくなったり、○そのもののステイタスが崩れたらどうなるんだろうと一瞬よぎったものの、人それぞれ、、、、、ですね。

その後は銀座散策、鳩居堂で書の展覧会。Kyukyo

H&Mが行列してたのが印象的でした。

メッセージ大歓迎 cocorofuwafuwaアットyahoo.co.jp

こころのことはハーティ新宿

毎日応援ありがとうございます人気ブログランキングへ

|

5月に読んだ本

なんだか梅雨入りしたような週末でしたが皆さんいかがおすごしでしたか?

さて5月に読んだ本をご紹介いたしますね。

  • 患者よ癌と戦うな         近藤 誠
  • 永遠の途中            唯川 恵
  • 自分の魅力に気づく本     滝沢 悦子
  • 旅するサイコセラピスト    ロバート G アカレット
  • マミレヴィのアロマテラピー  マミレヴィ
  • うつくしい子ども         石田衣良
  • 物乞う仏陀            石井 光太

おもしろかったのは旅するサイコセラピストと、患者よ癌と戦うな かな。

マミレヴィさんの本は今から10年以上も前に書かれた本ですが、当時よりアロマを広めようと学び続けていらっしゃった著者マミさんの、真摯な人柄がうかがい知れます。

そしてとても実践的。

私は冷え性のクセにいつもシャワーですませてしまうのですが、せめてとばかり足湯をやってみたり 笑

やはり心と体と両方が健康で初めて美は成り立つのではないかと思った一冊。

今月は伊坂幸太郎かなあ、、、、皆さんのおすすめも教えてくださいね☆

メッセージ大歓迎 cocorofuwafuwaアットyahoo.co.jp

こころのことはハーティ新宿

毎日応援ありがとうございます人気ブログランキングへ

|

2009年5月29日 (金)

天使と悪魔そして愛するローマ

先日「天使と悪魔」を観てきました。

ダンブラウンのベストセラー小説「別名ミスターラングドンシリーズ」を映画化したものと言いましょうか。

今回はラングドンとヴィットリア=二人の研究者(学者)が、ローマと全人類?!を救うためタッグを組み、謎解きをするのですがかなりスピーディかつスリリングな展開です。

すでに本を読んでいたのですが、この大作を映画にすると一体全体どうなっちゃうわけぇなんて思っていましたが、いざ始まるとグイグイ引き込まれます。

逆に小説ではわかりづらい、人の葛藤や緊迫感が伝わり目をそらすことができませんでした。

ローマ教皇暗殺?

人類の未来のために作られた反物質、脅威に変わる?

積年の恨み、いざ果たさんイルミナティ?

美しいローマを存分に見せながらも、その血塗られた歴史と闇を描いていきます。

細部の辻褄を合わせようとすると多少ムリがあるかもしれませんが、エンターテインメントとしては十分に楽しめると思います。

ただ「宗教は完璧ではないのだよ。人間もみなそうであるように」なんてことを最後に言わせちゃうところがハリウッド映画なのかなあなんて思ったり。

ヨーロッパの映画はそういうことは口にしないで、「あとは各人で余韻を味わってね」ってなるんでしょうけれど、とチクリ。

さてさらに個人的な感想。

国際色豊かなキャストがいいですねえ。

トムハンクスはおいといて、、、、、ヴィットリア役のイスラエル出身のアイェレット・ゾラーがステキ。イスラエルの人は英語が上手なのは当たり前ですが、イタリア語もほぼネイティヴ並にキレイな発音。

うっとり☆

私、黒髪で彫の深いエキゾチックな顔の人が好きなんです。瞳の強さが感じられる人がいい!

夫は「ぜんぜんキレイじゃないよな」とのたまっておりましたが(゚Д゚)ハァ?

そしてスコットランドのユアンマクレガー。

カメルレンゴ=準主役とも言うべき役柄ですが、私、トレインスポッティングが大好きだったのでなんだかワクワクしちゃいました。

ジャンキーからカメルレンゴですから(´,_ゝ`)プッ

ただトレインスポッティングのときはジャンキーから抜け出てやる=choose ur lifeと駆け出していった彼ですが、今回は聖職者でありながら、、、、、という設定です。

またパイレーツやダンサーインザダークなどで、常にダークな役どころを演じてきたステランスカルスガルド;スウェーデンが、本当に憎々しいのですが、またまたいい味だしてます。

おぉっと思ったのが、暗殺者役のニコライリーコス;デンマーク。

ちょっと崩れたブラッドピッドみたいな感じですが、クールなマーダーを演じてくれました。こういうのは、どこかお茶目なラテン俳優よりクールな北欧系の人が似合うのかなあなんて思ったり。

でもね、なにより私が皆さんにお伝えしたいのはローマの美しさ。

すべての神々を祀るパンテオン、眠らない広場ナヴォナ、人と獣を戦わせたコロッセオ、七つの丘、アニタエグバーグが飛び込んだトレビ、王女がアイスを食べるスペイン階段、花の広場という名の下町、そして小さく偉大な聖地ヴァチカン、それを守るようにたたずむ天使の城。

歴史の重みと、したたかな庶民の営みがいっぺんに味わえる街です。

フィレンツェが女性的で貴婦人の町だとしたら、ここは男性的で王様の町、そしてその支配に抗する民衆の町とも言えましょう。

私はローマの町の真ん中、花の広場=campo di fioriというところに居候していたことがあるのですが、これまた夢のような毎日でした。

母を連れて旅した真夏のローマもすばらしかったし、冬の夜の石畳を歩くとき、、、、それもステキだったぁ。

一番好きなのは天使の城(castello del santangelo)サンタンジェロからの眺め。

あぁ、映画というより、私はローマが好きなんですね。

イタリアのことを思い出すと、ただただ胸がいっぱいでどんな瞬間も夢みたいに思えます、、、、思い出があるっていいなあ、うぅん、こうして生きてて思い出せること自体すばらしいなあ。

天使と悪魔でローマ観光というわけで、、、、、

長くなりましたが今日も読んでくださってありがとうございます。みなさん良い週末を ciao buona finesettimana☆

メッセージ大歓迎 cocorofuwafuwaアットyahoo.co.jp

こころのことはハーティ新宿

毎日応援ありがとうございます人気ブログランキングへ

|

2009年5月27日 (水)

父の手紙とカウンセリング

毎日たくさんの方にご覧いただき感謝です。

メールをいただいたりご予約いただくたび、なんてお礼を言っていいかわからないですが、本当にありがたいです。

さて、、、今日は私の父のこと。

彼は絵が趣味です。

Chichie

これは父の絵

今年は姉と一緒に展覧会を企画しているらしいですが、暇さえあれば私に小さなイラストと手紙を送ってきます。

短い手紙には「いつもあなたを思っています、私はあなたとあなたたち姉妹のことを誇りに思います」と書いてあり、最後は必ず「健康一番、無理しないこと」と終わります。

子供の頃、とってもやんちゃで男の子とは喧嘩ばかり、先生には反抗ばかりしている私に「いいんだよ」とクシャクシャの笑顔で言ってくれたこと、思い出すとあったかい気持ちになります。

思えば彼の口から「もっとがんばりなさい」とか「がんばってね」と言われたことは、ただの一度もありません。

ところで私のところにお越しになる方のことですが、カウンセリングが終わるころ「否定されないっていいですね」とおっしゃる方がけっこういらっしゃいます。

否定されない=肯定される?!

もしかすると日本人って「良いところをみつけて褒める」よりも「悪いところをみつけて直す」そういう教育をされてきた方が多いのかなあと思います。

カウンセリングというのは評価する場ではないですから、否定することも褒めることもないですが、どんなあなたもOKを伝える場ではあります。

たとえば「私、前向きになれなくて、、、、」という方に対して

「ナニ言ってるの!!そんなことでどうするの!!!」

なんて、やりとりはしません*テレビの人生相談はこんな感じかな 笑

「前向きになれないのね、、、今は、そんな○さんなのね。」

そういって受け容れてあげるだけです。

ただし大切なのは「今ここで」

「今、前向きになれないのはわかったわ、でもその先はどうなるかわからないよね」*今はつらくて前向きになれなくても、その苦しみが果たして永遠に続くものかどうかわからない、苦しみが続くと思うのも、違う明日を信じるのも自分次第ではないでしょうか、、、、

そうやって相手の可能性と、時というものの可能性を暗に伝えます。

正直言いますと、長い人生で培われたその人の生き方のクセや、考え方をたった60分、数回のセッションで変えることなんて不可能です。

それにすべてを取り除いたり変えてしまう必要はないと思います。

あくまで自分の傾向に気づくということ、そしてそういう自分を受け容れることができるようにするのがカウンセリングです。

自己洞察を深めるためのやりとり、そうお考えいただくといいのかなぁ。

おっと難しい話になってしまいましたが「無理しないこと=すでにあなたはがんばってるんだから☆」そんな父の言葉に元気をもらうカウンセラーハーティでした。

メッセージ大歓迎 cocorofuwafuwaアットyahoo.co.jp

こころのことはハーティ新宿

たまにはクリックしよぉっと→人気ブログランキングへ

|

2009年5月26日 (火)

Boulangerie et cafe Main Mano

またまたちょっと古くなってしまったパン屋さんレポート。

散歩にちょうど良い代々木上原のBoulangerie et cafe Main Manoさん。

この界隈にこうして20年近く住んでおりますが、八幡、上原と言えば、イエンセン、ルヴァン、そしてマルイチだったのですが、最近ずいぶん様変わり。

マルイチ移転後も、あいかわらずパン屋激戦区なんて呼ばれているのかしら。

さて今日訪れたのはMainManoさん。上原の丸正の隣にあります。

まずはしょっぱなからすごいっこの紙袋(○゚ε゚○)
Main_mano2

これってパン屋さんの紙袋なんです。底にはマチまでついててオシャレ。

ってビックリしたのは私だけ?





ではではパンの紹介とまいりましょう。こちらイチジクとクランベリー
Mainmano3

ハードなパンですがしっとりしていて食べやすいです。イチジクとナッツはフツウに組み合わせますがクランベリーというのは新鮮。

クロワッサン生地に黒糖
Main_mano1

切ってしまいましたが円筒形でおしゃれです。胡麻が香ばしくて、意外と黒糖がバターとあってとってもおいしいです。

おつかいものにも良さそう☆

ライ麦が入ったカンパーニュ
Main_mano4

こちらはごくごくフツウのライカンパーニュ。くせもなくあっさりいただけます。

さてこの日私は朝8時過ぎについたのですが、お楽しみバケットはまだ焼きあがっていませんでした。

店舗はパリ16区をイメージしたと言うのですが、せっかくだからサービスもパリやイタリアみたいに朝一番からバケットを出して欲しいなあなんて。

毎朝パンを買いに家を飛び出すのも楽しいものです。

あとはお値段 汗 

上記三点で1500円ちかくしました。

もちろん国産小麦、天然酵母のパンとかこだわりパンはそのぐらいしちゃったるするのもありますが、ちょっとイタかったかな。

誰かのためのお土産にするのはいいかも☆


Boulangerie et cafe Main Mano
渋谷区西原3-6-5 CDR代々木上原1F03-6416-8022
火曜日 休

メッセージ大歓迎 cocorofuwafuwaアットyahoo.co.jp

こころのことはハーティ新宿

たまにはクリックしよぉっと→人気ブログランキングへ

Boulangerie et Cafe Main Mano (パン / 代々木上原、代々木八幡、代々木公園)
★★★☆☆ 3.0

|

2009年5月25日 (月)

薔薇という名の貴婦人たち 2

一滴の薔薇のアロマエッセンスには実に60本の薔薇の花のエッセンスが凝縮されている、、、、、マミレヴィさんの著書より、、、とゆうことは、そのかぐわしき一滴をお風呂に垂らすだけで、そこはまるで薔薇の園。

Ro5

とはいかなくても、ろうそくの灯りの中でアロマ入りのお風呂に入り、ゆっくりと体を温めると、自然とゆったりとやさしい気持ちになってきます。

私の恩師は自宅で薔薇を育てているそうですが、「薔薇は手をかけたらかけただけ応えてくれる」と言います。

薔薇を愛で親しく会話する彼女の姿を想像すると私まで幸せな気持ちです。

なんでも東京都下のご自宅のお庭は薔薇園のごとく薔薇が生い茂り、○○線に乗っているととても目立つといいます。

「あの薔薇の茂る家が私の家よ」

Ro7

そんなこと話ながら電車に乗るのでしょうか、、、、ステキですね。

さて現代社会、みんな余裕がないのは事実。

男は一歩外にでたら7人の敵がいるなんて言いますが、女性の皆さんも必死ですよね。

世の中何を信じて良いかわからない、正直頼れるのは自分、その気持ち、とーってもよくわかります。

ただね、一日のうちほんの一瞬でも肩の力を抜く時間作りましょ。

好きな香りや好きな色がきっとそれを助けてくれるはずです。

薔薇の香りは女性性を高めてくれます。

そしてピンクという色も女性性を高める色。

家でひとりくつろぐときはそういうものに接するようにすると、あなたの中の女性性を呼び覚ましてくれます。

Ro8

ところで、、、、、

女性らしさって、お化粧とか長い髪とか、マニキュアとか、、、そんなことじゃないのかなあと思ったりする昨今です。

オンナという鎧を身に着けて完全ガード、常に戦闘態勢な人よりも「私の庭の薔薇たちは」みたいな何かを慈しむ心のある人の方が、今の世の中=みんなが疲れてしまっている時代においては、人をほっとさせるんじゃないかしら。

もちろnステキな女性というのはさまざまですからなんともいえませんが、私は落ち着いたトーンでゆっくり話す人や「ふぅーん、そう」と、穏やかにうなずいてくれる人なんてのも、心がとけそうな感じで好きです。

あとはスキがあるオンナの人や、素直にありがとうやゴメンねを言える人はかわいいと思う。

Ro6

なんて、自分の憧れを延々語っていたら長くなっちゃいました。

貴婦人にはちょっとまだ遠い私ですが、等身大の自分で生きていけたらステキです。

メッセージ大歓迎 cocorofuwafuwaアットyahoo.co.jp

こころのことはハーティ新宿

たまにはクリックしよぉっと→人気ブログランキングへ

|

2009年5月22日 (金)

美しいってすばらしい!!

なんだかんだ世界のあちこちに友達がいる私。

昨日は遠くブラジルからメール。

ひとまわり年下のLviaちゃんから。

フィレンツェで出会ったときは彼女はまだ10代でした。

ホームシックで10kgも太り、ナーバスだったことおぼえてます。

パパはお医者、やさしいママは金髪で美人なのと、家族の写真をみせてくれましたっけ。お買い物はパパカード=ダイナース?!

本当に育ちの良い子=ブラジルセレブですから、率直でのびのびして「ハーティの目や鼻は私たちと違う」とか(゚Д゚)ハァ?「体系も違うよね」とかヽ( )`ε´( )ノ

確かにそのとおりで逆に素直でかわいい子だなあと思ったけど。

あるときは「ハーティは強い、、、、大人の女性だもん」そう言われたとき「そんなことない、私も寂しい」と言いそうになりましたが、さすがに彼女には言えなかったですね。

まだ10代の子の異国での生活、しかも人生初の冬体験は想像を越すものだったのだと思います。確か17歳ぐらいだったのかしら。

それから時は流れ、、、、彼女は当時の公約どおり現在テレビ局勤めだそうです。

世界のどこにも才色兼備ってのがいるわけですよ☆彼女も4カ国に留学し英語、イタリア語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語を話します☆

ブラジル大統領や、各界セレブへのインタビュー時のツーショットなんてのをアップしてくれたり、身長180cm、マライアキャリーもビヨンセもぶっとぶセクシーでキュートなダイナマイトボディ、、、、ブラジリアンですからビキニ姿もあっけらかんとしたもの。

そんな彼女ですから、アンティクローズ=中世の貴婦人が住むフィレンツェでは窮屈だったと思います。

いやあ生命力を感じる美しさって言うのかしら。その健康美と懐かしい笑顔に癒されました。*皆さんにも見せてあげたいです!!!!

と、「ハーティも写真送ってねえ、楽しみにしてる」って言われても( ̄Д ̄;;

私のことはさておき、美しいってすばらしいなあと。

皆さん良い週末を☆

こころのことはハーティ新宿

たまにはクリックしよぉっと→人気ブログランキングへ

|

2009年5月21日 (木)

薔薇という名の貴婦人たち     1

どこもかしこも薔薇が満開。

Ro1s

薔薇=まちがいなく女性性のシンボルですね。しっかり向き合ってみると、なかなか個性的、そして皆妖艶。

ところで私、フィレンツェってイタリアの町に住んでいたことがあるんですが、その町はまさに女性、そして花なんですよ。

女性は女性でも中世の貴婦人っていうのかしら。

今回、薔薇に向き合ってみてそんなイメージがわいてきたのでタイトルはアンティークローズ。

Ro3

あくまでイメージね☆

普段「好きな花はなあに」なんて聞かれると困っちゃうし、お花を頂いてもその気持ちをいただくのであってそんなに花そのものに感動はしないのですが、季節ごとに咲く花をみるのは本当に大好きです。

だって四季があるってことですもの。

Ro4

皆さんはどの薔薇が好きですか?

続く

メッセージ大歓迎 cocorofuwafuwaアットyahoo.co.jp

こころのことはハーティ新宿

たまにはクリックしよぉっと→人気ブログランキングへ

|

2009年5月20日 (水)

ポワンエリーニュ

出張で東京に来た友人に会うため東京駅へまいりました。

VIRONも好きですが、今日はポワンエリーニュさんへ出かけましたよ。

さすが浅野正己さんプロデュースです。

厳選された材料を使ったどこまでも素朴なパンですが、だからこその贅沢で洗練された味わいを楽しめます。

お店は禅モダンな雰囲気。

どれもこれもステキなパン達ばかりで、そうでなくても妄想気味な私を、さらなる世界へ連れて行きそうです。

ひたすらうっとり。

と、例によって店頭をウロウロしていたのですが、お客様みーんな「トカチ、トカチ」と連呼なさいます。

「私もトカチ」「あら、あなた1個でいいの」「じゃ、2個」「すみません、えっとぉ、トカチひとつとぉ」

その「トカチ」というパンは、人気のパンなのでしょうか見ている先からどんどん姿を消します。

それでもしばらく、そのやりとりを観察し、とうとう最後の一個になるころ、やーっと我に返り「私にもトカチください」と言ったのでした。

あなたってホント欲がない子ねえ、だから努力もしない、、、私の母にはいつもそう言われましたが,確かにぼーっとしている場合じゃない。

実際、これほどおいしいパンは食べたことがないと思わせるぐらいおいしいおいしい十勝トカチ420円です☆

Point1

十勝産小麦を使用したしっとりもっちもちなバケット。噛み応え抜群。

Point2

気泡の感じがたまらないっ

夫と取り合いになりましたが、最後は寝坊した私の負けでした゚゚(´O`)°゚

ちなみに夫はおっとりした人ですが、オイシイモノ大好き☆食べないの?なら食べちゃうよって人です。

いいえ。

「食べちゃダメ!!」と釘をささない限り、また大切なものは隠して置かない限り=そこにおいしいものがある限りムシャムシャする人です。

しかし、おいしくないものや苦手なものは、絶対絶対口にしません。

こちらは季節限定の小さな小さなカワイイ人サクラPoint3

サクラ ¥180

うわあ、なんかおしゃれ☆

サクラの香りふんわり。ちょっと贅沢なお茶請けでした

POINT ET LIGNE
〒100-6590 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディングB1

03-5222-7005

03-5222-7006

info@point-et-ligne.com

平日 11:00〜22:00
土曜 10:30〜22:00
日祝 10:30〜21:00

こころのことはハーティ新宿

たまにはクリックしよぉっと人気ブログランキングへ

|

2009年5月16日 (土)

5月ワークショップ

今日はイクコさんと、またーりストレッチな午後でした。

さすが20年のつきあい。

とてもラク。

しかしイクコさんかわいいよなあ、、、、、ダンスやってるから?!



私もがんばりますっ(*^m^)



今日は少々肌寒いです、暖かくして休んでくださいね。

次回、ワークショップは6月13日土曜日です。また皆さんにお会いできるの楽しみにしております。

こころのことはハーティ新宿

たまにはクリックしよぉっと人気ブログランキングへ

|

2009年5月15日 (金)

インド料理が好き☆ケララバワン

かつてインド料理はマハラジャをイメージさせるラグジュアリーな内装のお店が多く、ナンとクリーミーなカレーの組み合わせという、北インド式がほとんどでした。

そんななか少しずつ、カジュアルな形態のインド料理のお店が増えてきましたが、みなチェーン店、ファーストフード店のようだったりします。

しかし、こちらのお店ケララバワンさんhttp://www.keralabhavan.com/は、とってもカジュアルかつフレンドリーな構えながら、それなりのサービスとおいしい南インド料理をいただくことができるので重宝です。

もちろん都心には、南、北問わずさまざまなインド料理のお店がありますので、ここまで来るのは滅多にないのですが、たまに行ってもオーナーはじめ、皆さんのあたたかい接客にほっとします。

必ず頂くのがミールス。

今日は日曜日だったのでミニミールス1200円を頂きました。

Kela1

デザートとヨーグルト以外は乳製品を使わないので、veganもどきの私でも安心です。
写真の他に、パパドというマメのスナックとパロタという、ナンよりももっと油っこいパンのようなものがつきます。


すごいボリュームです。


銀座のダルマサーガラだと2500円ですね、ハイ。


すべてをごちゃごちゃ混ぜていただきます。

Kela2

ゴメンなさい、ちょっと見苦しくて。でもヨーグルトはパス。


ココナッツの甘みと香りがひきたつポリヤル、そしてタマリンドが爽やかなサンバルというサラサラカレー。
あとは大根かと思ったのですが、なんとタピオカ芋のカレー。
チャットニーも二種類あって飽きることがありません。

どれもみんな個性的なのにミックスしておいしい!!

さて、こちらのお店ドーサ、ヴァダなどは夜しか出さないのかと思いきや、ドーサが食べたいというお客さんに対して「今日は空いているので大丈夫ですよ」と笑顔で対応していました。
小さいお店だからでしょうか、マニュアルどおりでないところがいいですね。

これは夫のスペシャルランチ

Special

ナンが食べ放題なのかな、、、たぶん。

ところで、こちらのお店。

店員さんも皆あったかいし、料理もおいしいし、ちょっと遠いけどまた行きたいと思わせるお店です。

しかし唯一の難は、椅子とテーブルの高さがあっていないこと。
そして椅子がガタガタすること。

内装がカジュアルなのはぜんぜん平気です。
しかし椅子とテーブルがしっかりしていないと落ち着かないのです 汗

まあ、それも味ということで。

ケララバワン

東京都練馬区豊玉北5-31-4 松村ビル 1F

電話03-3991-5218 営業時間 11:00~15:00 17:00~23:00

|

5月16日ワークショップは心と体のストレッチ

5月16日までこの記事が一番上になります。

最新記事はこの記事の下になります。

こっそり更新しております(^-^;お手数ですがグルグルっとしてくださいませ☆

自己理解と癒しのワークショップ

5月のワークショップはダンスインストラクターでもあるイクコさんと一緒に「心と体のストレッチ☆」

日程;5/16(土)

時間;13:00~16:00

場所;ハーティ新宿 新宿駅南口5分
*渋谷区代々木2丁目20−2カタログハウス本社様前
人数によっては他会場を使う場合があります。 

料金 1回 5000円 材料、資料代含む 
資格取得のための講座ではないので単発参加、1回ごとのお申し込みになります。
遠方からお越しになる方も参加しやすい時間にしております

ストレッチインストラクター 宮崎郁子

グループワークファシリテーター ハーティ新宿代表カウンセラー 木下幸子

人は意外と自分の体に無関心です。
どこがどう疲れているのか、どうしてあげたら気持ち良いのか、インストラクターと一緒に感じましょう。

ひとりでもできそうな簡単なメニューを用意してお待ちしております。

ゆるりと体を伸ばしたあとはグループワーク。

各種ワークをしながら自己理解、他者理解を深めます。

笑顔な土曜日になりますように。

お友達を誘って気軽におこしください。

お申し込みはcocorofuwafuwaアットyahoo.co.jp

*お手数ですがアットを@に変えてお送りください。

お名前

ご住所

お電話番号

メールアドレス

参加人数

以上をお知らせください。(o^-^o)

定員になり次第締め切ります。ご了承ください。

|

2009年5月14日 (木)

母の日に思う

先日、母の日の贈り物を送りました。

申し訳ないけれど買い物する時間もないし、何をどうしていいかわからないので、ちょうど焼きあがった自家製天然酵母(旬のイチゴ酵母)のマフィンと、オーガニック精油のバスソルトを詰め合わせて送りました。

昨夜母から電話がありました。

「とてもおいしくてお店のみたいっていうか、お店のよりおいしかったわぁ。」

「良かった、喜んでもらえて、、、。でも、ごめんね、気の利いたモノ送れなくて」

「いいの。モノなんて、なんでもいいの。気にかけてもらえることがうれしいの」

そんなやりとり、うれしいですね。

先日ご紹介したあわぽんのクッキーもそうですが、何を贈るか、、、よりもどれだけ相手を思うことができるか、どれだけ心がこもっているかの方が、より相手に伝わるものです。

豪華なモノでなくてかまわない。華美な包装もいらない。

あなたのこと思ってたんだよ。

そんな思いが欲しいのかもしれないですね。

さて私もそれなりに料理を作ったりお菓子を作るのですが、まだまだ母の作り料理、母の作るお菓子には到底かないません。*母は人様に教えるほど上手な人です。

そのことを母に言ったら「そんなことない、とってもおいしいでしょ。私はそんなに上手にできない」と言います。

それはきっと、私の中では母に作ってもらったという思い出が、その味の記憶をよりいっそう甘美なものに仕立てているのでしょうし、母の中では娘が自分のために作ってくれたということで、よりその味を際立たせているのだと思います。

と、また分析してみた私ですが、ようは人様が作ってくれたものは、なんでもウマイってことさ(´,_ゝ`)プッ

こころのことはハーティ新宿へ

お問い合わせ感想はcocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

インド料理が好き シターラグローヴ

ベジなのもありますがインド料理が大好きです。

インド料理ってナンとクリーミーなカレー。

うぅーん、、、、私が好きなのはココナッツベースでサラサラな南インド料理。

お食事のときカメラを持っていかないので、なかなかご紹介できないのですが、今日ご紹介するのは近所のシターラグローヴさんと、ちょっと遠い練馬のケララバワンhttp://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-6353.htmlさん。

シターラグローヴ

こちらは南青山骨董通りにある、とってもエレガントなインド料理店シターラさんのカジュアルヴァージョンです。

以前、夜に来たことがありますが、今回は友達とランチデートでした。
青山のシターラと比べたらカジュアルですが、ドーサセット1450円

Sitaar

毎日のランチには高いですよね。

それでもたまに会う友達とのひとときにはステキです。

ドーサというのはお米のクレープみたいなものを言いますが、外見パリパリ、口に入れるとしっとりな感じ。

すごく大きくて画面に入りきらないほどですが中は空っぽです 汗

そしてこちらのドーサはマサラと言ってポテトの炒め物は別添えです。
ドーサをバリバリ崩してはお皿の上で和えて食べる感じでしょうか。

ドーサというのはあちらの軽食らしいので、きっとすごく気軽に屋台なんかで食べるものかもしれませんが、こちらはさすがにシターラさん。

すべてが洗練されています。
そんなに辛くなく、スパイスも主張しすぎずどこまでも上品です。

客層はやはり外国の方が多いです。あとはひとりでカウンターで召し上がる男性陣。
私もひとりでご飯ならインド料理、、、、インド料理のお店って入りやすいですよね。

難を言えば店内が狭いこと、狭いこと。
店員さんが通るたび体を斜めにしないといけない感じ。
私たちも同じく体を斜めにしながら席を後にしました。

ファーストフード感覚なインド料理屋さんは増殖していますが、まだまだドーサを頂くことのできるお店は数少ないので貴重なお店でしょう。

ドーサをまだ召し上がったことのない方や、新宿駅で誰かとお会いするなんてときにもおすすめ。

シターラグローブ

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア 13F

11:00~23:00(L.O.22:00)
ランチ~17:00(L.O)

http://www.sitaara.com/

ケララバワンさんに続く

|

2009年5月11日 (月)

マクロビスィーツ by あわぽん

マクロビでは粉はあんまり食べないほうがいいって言うけれど、良質な小麦で作られた、添加物の入ってないパンやお菓子をいただくのは幸せなこと。

ハイ、パンやお菓子大好きです( ̄ー ̄)ニヤリ

今日はベジでハッピーなあわぽんさんから、ステキなオヤツが届きましたよ☆

Sig4

ご本人謙遜なさってましたが、おいしくておいしくて、朝からぼりぼり食べちゃいました 汗

卵、乳製品なしでこんなにステキでおいしいなんて、すごいこと。

ちょっと茶色いのがピーナッツ

全粒粉、国産薄力粉、圧縮なたね油、リブレフラワーホワイト、てんさい糖、ピーナツペースト

薄い色がココナッツ

全粒粉、国産薄力粉、圧縮なたね油、リブレフラワーホワイト、アーモンドプードル、ココナツフレーク、てんさい糖

上記の材料でできているそうですが、配合および作り方は企業秘密だそうです フフフ

彼女、なにごと真剣で嘘がつけない人。

だからぶつかるし、葛藤するし、時間がかかるし、、、、、

だから人にやさしくなれる。

Awapon1

こんなスタンプと一緒に届いたクッキー、、、あわぽんたら、今どこにいるの?!なあんて。

私は、いつもはらはらしたり、遠く声援送ったりしてますが、なによりその真剣さと、まじめさが微笑ましいのであります。

世の中、家族や夫婦さえタテマエで、、、、私にしてみたら、相手に対してじゃなくて自分に嘘つきながら生きてる人多いなあと思うのです(;д;)

そんななか、あわぽんさんの正直さには癒されます。

なんか、あわぽん連呼しちゃったからハックショーン?!

さて食いしん坊な皆さんには、私のスノーボールのレシピ→ご機嫌簡単バージョンをどうぞ。

失敗しらずな簡単スィーツ、、、、、皆さんのアレンジでいかようにも仕上がります。

作ってみての、感想&報告お待ちしてます!!

ちなみにベジではっぴーなあわぽんさんは、今、冷えとりと、電磁波に挑戦中、そちらもぜひごらんください!

こころのことはハーティ新宿へ

お問い合わせ感想はcocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

2009年5月 9日 (土)

忌野清志郎 告別式だぜyeah!

25年来の私のスター

キヨシロー

Kiyo1

こんなのが迎えてくれた。


いまだに亡くなったということが受け容れられません。

さきほど歩いて告別式に行って帰ってきました。

1時間半ぐらい並んだのですが、並んでる間ずーっと歌を歌ってました。周りで泣いている方がいらっしゃるのを見ると葬儀を思うのですが、実際はちょっとドキドキいそいそ。

ちょっと不思議な感覚でした。

ですからなんだかイベントみたいで高揚した気持ちそのまま、、、

彼が亡くなったことによって生活が変わることもないし、元々実利、実害というのは一切ないわけです。

そもそもただの一ファンでありますので。

しかし、このせつなさなんだろう、、、、、
Kiyo2

まるでライブ会場みたいでしょ☆

そこで分析癖

きっと私はその25年間を感じることがツライのかもしれないです。

そのときどきの詩を思い出して、「時」の重み?を感じるせつなさもあるのかもしれないです。

25年前ってどんだけ昔だよぉ。

そんな、なんの不安もなかったころのこと、思い出すからせつないのかもしれないです。

同時に、ずーっと彼の存在に、ほっとしたり励まされていた自分を知るんですね。

Kiyo4 

ね、すごいラブリーな祭壇でしょ。キャンドルジュンさんかな


本当に大勢の方に愛されていたキヨシロー。

私だけでなく、みんなの言葉にできない思いがキヨシローにも伝わりますように。

Kiyo5

80年代ってやっぱりちょっとtoo muchな感じ。でもアラフォーな私としては当時リアルにそれを楽しんだんです。ある意味、とっても色っぽくてステキな時代です。そんな思い出いっぱい、いけないルージュマジックなキヨシローと教授のツーショットで終わり。

世の中、必要なのは愛 あいしあってるかーーーい。

love & peace

今日は満月ですね。

合掌

|

2009年5月 6日 (水)

キヨシロー私の夢だった、それは今も変わらず

キヨシローこと忌野清志郎氏が亡くなった。

14歳から彼のファンだった。

何度も何度もコンサートへ出かけた。

歌は空で歌える。

woo授業をサボってyeah

ちっとも先生らしくない

2時間35分

カーラジオから、、、、

そして

お別れは    突然やってきて、、、

彼の病気を知ってから署名=寄せ書きをしたり、神社でお祈りしたり、、、、

まさかこんなに早くお別れを言わなくちゃいけなくなるなんて。

涙もでないし、言葉もでない。ひたすらがっかり。

思えば、キヨシローさんも私の父もバイカーで、そのスタイル、ひょうきんさ加減、とても似ている。

絵描きなところも一緒。とっても痩せているところも一緒。

おしゃれでシャイで。

今年はすでに近しい人を失ったばかり。

もし私の父が亡くなったらどんなに寂しいか、、、、想像しないようにしようと思いながら涙がでてきた。

9日、青山で会いましょう。

合掌

|

2009年5月 2日 (土)

happy holidays

今日は7月のワークショップでお花のアレンジを担当してくださる、マリコ先生のお花の撮影してました。

自然光がなんともいい感じ☆

マリコ先生は、ハーティのご近所さんです。

ベテランのフラワーデザイナーさんですが、とってもチャーミングでステキな方なんですよぉ。

7月11日は、マリコ先生のフラワーアレンジと共に、色のことをお話したいと思います。

また近くなったらお知らせしますね。

マリコ先生のスタジオノエルはこちら⇒http://www.enjoytokyo.jp/OD003Detail.html?SPOT_ID=l_00019995

Hearty

photo by hearty Sachiko Kinoshita

毎日本当にたくさんの方にごらんいただきうれしく思います。

個別にお問い合わせいただいた方にはお知らせしておりますが6日までお休みです。

皆さん良い休日を★

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »