« アートがあって私がある | トップページ | david pain »

2008年11月12日 (水)

童心にかえる部屋

毎日本当にたくさんの方にお越しいただきありがとうございます。メッセージやメールでのお問い合わせ、ありがたく拝見しております(o^-^o)

先日、インテリア雑誌の取材を受けました。

20082

「お部屋のコンセプトは、ひとことで言うとなんでしょう?」と聞かれ「北欧調、ミッドセンチュリーテイストではありますが、、、、」しばし考えます。

誰だって悩めるとき、悲しいとき、すっかり消耗してしまい、黒しか選べないときがあります。

そんなときに私の所にお越しになり、少しでもすっきりとした気持ちになれるよう、もう一度笑顔になれるよう、なにより私自身がキラキラの毎日をすごせるよう、、、そんなお部屋にしているつもりです。

なあんて。

カッコイイこと言ってみましたが、本当はただただ自分の感性のおもむくままに白い空間=キャンパスに好きなものを置いていっただけのこと。

コツコツ、コツコツ。

お財布と相談して夫に相談して

以前の私は旅することばっかり考えていました。もちろん今も旅は大好きですしバックパックを背負って街角にたたずむ自分を夢みます。

しかし今は純粋に暮らしを楽しみたいです。

小さかったころ、台所に立つ母の後ろにまとわりついて、その日一日あったことをおしゃべりしていたこと。姉の部屋に勝手に入っては漫画を読みふけりそのまま寝てしまった日のこと。

そんななーんにも心配も不安もない小さいころまで戻ることはできなくっても、、、

あめ色の灯りのもとでゆったりと本を読んだりお話をしたり、甘いジャムのニオイをかいだり、パンの焼ける香りを楽しんだり、誰かを想ったり、笑ったり怒ったり泣いたり。

そんなきわめてとっても日常なことが幸せです。

そしてそんな空間で、皆さんと出会えること、等身大で語れること、一緒にお茶を飲むこと☆それが今一番の私の楽しみです。

カウンセリングは敷居が高い。

そう思われる方は、まずは自分探しのアートセラピー体験がおすすめです。悩みがあるなしでなく、今の自分を知ることができます。

今後もワークショップなど随時開催したいと思いますが、気のあう仲間がそろってのグループワークも可能です。どうかお気軽にお声をおかけください。

皆さんもアートセラピー☆ハーティ新宿いかがですか?

|

« アートがあって私がある | トップページ | david pain »

おしゃれのこと」カテゴリの記事

カウンセリングルーム便り」カテゴリの記事

カラーアートセラピー」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事