« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月22日 (月)

おいしいパン屋さんのデータベース☆

大それたタイトルでまったく恐縮です。

マイフォトというのを使って一生懸命写真をupしております。

自分でも焼きますが勉強と散策をかねてパン屋さんめぐりも大好きです。

ってなんの勉強だいというツッコミは、ご勘弁願います。

そこでパンの写真とお店のインフォメーション(店舗情報など)でアルバムを公開しようと思いBREAD and BREAD http://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/photos/breadandbread/index.htmlというのを作ってみました。

でもちょっとイラっとしてしまうのがせっかくのインフォがスクロールしないと読めないし、縦位置の写真は当然一発で見れない、、、、汗

ううーーーん、写真の大きさがでかいかな、もっと改良しないといけませんね。

と、時間さえあればずーっとそんなことばかりしてますが、せっかく作ったおいしいパン屋さんデータベース皆さんのお役に立てますように

いえいえカウンセラーとして皆さんのお役にたてますようがんばります(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

|

2008年9月18日 (木)

野田凪さん

世界的なアーティストで雑誌や広告、さまざまなジャンルで活躍なさっていた野田凪さんが亡くなられました。

まだ34歳。

テレビチャンピオンでヒーローだったお父様、そしてお母様共にアーティストですが、彼女も少女のころに思い描いていたファンタジーをそのまま実現されました。

いつもおしゃれでパンクでエネルギーに溢れていて、独創的な世界をみせてくれましたが、今後も、年を重ねながらどんな作品を発表なさるのか楽しみでした。

作品とは別に印象に残っているのは、ある雑誌で紹介された彼女が幼少のころNY在住時、お父様とやりとりなさった手紙です。

「大好きな大好きなパパへ」なんて始まりで、たくさんたくさんloveな感じなイラストと文章が書かれています。それはまるで恋人へのラブレターのようででちょっと照れてしまうほどでした。

それだけお父様が大好きだったのでしょうし、お父様も凪さんを愛してらしたのでしょう。

たったひとりの愛娘を亡くされたお父様の悲しみといったらいかようでしょうか。

あらためて命について考えると共に、今を大切に生きようと思いました。

野田さんどこかで素敵な作品作ってください、、、、忘れないよ☆

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080918-00000002-oric-ent

http://www.uchu-country.com/top_jp.html

http://www.partizan.com/partizan/home/

|

2008年9月17日 (水)

マイフォト

マイフォトというアルバム機能があるらしい、、、、

そこで今まで撮ってきた写真をせっせとアップ。

このブログ画面左側カテゴリーの下にマイフォトという項目があります。

現在、おいしいものと長野の四季というアルバムを公開しております。

またマイブックという写真集を作るサイトで5月のピックアップにも選ばれています。

メーカーさん;マイブックさん社内で好評で、なんでも見本誌としてショールームなどで閲覧できるようになっているそうです。

http://www2.mybook.co.jp/clubmybook/pick_up/0805/02.html

こちらもあわせてごらんいただけると幸いです。

|

2008年9月16日 (火)

自殺予防週間に思う

9月10日から今日まで自殺予防週間だったってご存知でしたか?

「9月10日の世界自殺予防デーに因んで、毎年、9月10日からの一週間を自殺予防週間として設定し、国、地方公共団体が連携して、幅広い国民の参加による啓発活動を強力に推進」することとされた。

http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/kou-kei/h20/youkou.html

企業、自治体、団体、、、皆さまざまな形で、自殺予防のための運動をしております。

私も少しでもお役に立てばという思いでこの取り組みに参加しております。

ところで「年をとるのがイヤ」とか「もう若くない」とか言う人がいますが、そういう人は「年を重ねることができること」それさえ奇跡だということに気づいていなかったり、自分はまちがいなく年を重ねられるだろうという妙な自信がおありだからかもしれません。

明日を迎えられる保障なんてなにひとつない。

わかるのは今ここで感じることができる自分。

自殺予防という言葉、インフルエンザの予防接種じゃないんだから、、、、なんだかしっくりこない私ですが、もっと身近な人と、命のことや生死のことを話す機会をつくっていけたらいいのかと思います。

生まれてきてくれてありがとう、育ててくれてありがとう、

長生きしてね、ずーっとそばにいるよ。

私は今日生きられたことと、今日の出会いに感謝すること。そして出会った人の幸せを祈りながら毎日をすごしていきたいと思っています。

|

2008年9月13日 (土)

ベーグル by hearty

毎日たくさんの方にご覧いただき本当にありがたい限りです。

歩くの遅い、自転車こいでも遅い、文章書くのも下手くそで、、、、、たまになんにも良いとこないじゃんって嘆いてしまう、、、、そんな私ですが不器用な人は不器用な人なりに一生懸命生きてます☆

さてひさしぶりにパンを焼きました。

これがとってもおいしいの。

暑いときにオーブンを使うのはちょっと、、、ということでマルイチさんへ出かけたらお休みだったので、がっかりしたものの、たまには酵母を使ってあげないと、、、

と、冷蔵庫でおやすみしていた天然酵母エキスを取り出したのでした。

何年も前に現タロー屋さんのタローさんに質問しながら酵母をおこしたこと懐かしく思いながら、、、、

今は自分なりの酵母とのつきあい方ができることハッピーです。

材料は国産小麦ハルユタカブレンド、天然塩、てんさい糖だけという、なんともシンプルな材料でこんなにおいしいベーグルができて、スタッフ皆大喜びな土曜の昼下がりでした。

ぷっくりベーグル

Bagle892

中はこんな感じ。皮はツルン、中はむっちむち。

Bagle893

おいしいクリームチーズをはさんだらステキなピクニック

Bagle891

|

2008年9月 7日 (日)

かなわぬことのすばらしさ

今、私の胸はあふれる思いでいっぱいで、どんな言葉も陳腐に感じられるほど。

カウンセリングのご学友だった堀江一乃さんの書と詩と画の個展を観てきたところです。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私はもともとアーティストです。家族(姉はこの秋、パリで開催される某展覧会に入選)も、友人知人など周りもそんな創作をするものが多いのですが、正直今回の堀江さんの個展は今までのどの方、どのジャンルの作品発表よりすばらしいものだと思いました。*もちろん世界規模な展覧会でプロデューサーが入っているようなものとは比べてはいないですよぉ。

正直「書」のうまい下手はわかりません。

私がそこで感じたのは「生きること」に対して真正面から向き合う堀江さんです。

生きること死ぬこと。

日々感謝して、自然を愛でる心。

そんな普遍的なこと、当たり前のことを堀江さんは慈しんでいらっしゃいます。

ここで堀江さんの言葉をちょっとだけ紹介いたしますね。

オメデトウ アリガトウ ウレシイヨ ヨカッタネ アリガトウ」

「囚われない心 人として大切なのはそういうことです」

「あんなにたくさんの人がいるのにドアを閉めればひとり」

「楽しくってもひとり さみしくってもふたり」

「そのようなら あるべきように」

最後のそのようならというのは「あなたがそのようになさりたいのならそうなさって下さい=さようなら」という意味だそうです。今生の別れも、旅の別れでも、一日の終わりの別れでもそれは一緒。

そういった詩がさまざまな紙に描かれているのですが、当然のことながら手書きゆえのあたたかさ力強さもあって、よりいっそう言葉が胸に響きます。

とらわれず、あるべきように、堀江さんの一期一会を大切にするゆえのやさしさを感じます。

実際彼女はとても厳しい一面をもつ人です。だからこそ完成度の高い作品を仕上げることができるし、深い愛とやさしさを表現できるのでしょう。

一緒に観に行った友達が「ただスゴイって言葉しかでてこない自分が情けない」と言います。「ひとことひとこと読んでいて涙がでそうだった、感動した、、なんて軽く言えないよね」

確かに。

かなわないな、、、、帰宅後そうつぶやくと、なぜだかほっとしました。

かなわないなあと思う心もすばらしいものです。

そう思った時が出発点。また自分を磨いていけばいいのですから!!

今の自分が一番若い

これも堀江さんの言葉。とことんやられました 笑

学ぶことなどない、そう思ったときそれは死を迎える日かもしれません。

|

2008年9月 5日 (金)

美容室のこと

原宿ガーデンさん
http://www.garden-hair.jp/
昨年、スカウトされて以来、日程さえあえばカットやカラー、 スタイリングのモデルをやっています。

ここはとーっても大きい美容室です、スタッフは総勢80名と言います。

おしゃれで広い空間はまるでアートギャラリー。北欧風なインテリアも大好きです。
なによりも若いアーティストさんたちの真剣さとあふれるエネルギーがステキ。

休みのたびに訪れる長野の森の静謐さを考えると、まるで別世界ですが良い刺激です。

わけめを変えただけで右利きを左利きにしたような気分?!

先輩スタイリストさんたちのチェックと指導を受けてフィニッシュ。
なんだか私までドキドキです。

華やかだけど厳しい世界

夜風に吹かれながらブラブラ歩いているうちに家の近くに来てました。

キレイにしてもらった上にたくさんのエネルギーをもらいました、、、、ありがとう☆

|

2008年9月 1日 (月)

countless journeys countless emotions

ルイヴィトンの旅シリーズ
http://journeys.louisvuitton.com/

最新作はソフィア&フランシスフォードコッポラ親子。

映画への情熱を語る父
リラックスしながらも真剣なまなざしで耳を傾ける美しい娘

巨匠と新進監督
親子ともに一流のアーティスト同士。
この二人を撮影するのが、あのアニーリーボヴィッツ。
http://www.artphoto-site.com/story4.html
圧倒的な存在感を放つふたりを、ブエノスアイレスの大自然がゆったりと包みこみ、まるで一枚の絵画のよう。

と、毎度のことながら完成度の高さにうならされます。
サイトではそれぞれがガイドするパリ、ロンドン、モスクワ、、、をナレーションと共に楽しむことができます。
私はこのシリーズで一番好きなのがカトリーヌドヌーヴのパリです。
皆さんはどの作品が一番好きですか?

|

テオブロマ 富ヶ谷

こちらのお店は私の一番好きなチョコレート屋さんですが、今日はパンの紹介。

お菓子屋さんの作るパンってバターたっぷりリッチなのが多いですよね。

Theobro1

せっかくだから形のかわいいバター卵たぁっぷりブリオッシュ。

Theobro2

リンゴの入ったパイ。見た目からしてエレガント。

Theobro3

葉っぱのパイ

どれも皆かわいい手のひらサイズ。お土産にもいいかも。

ミュゼドショコラテオブロマ

http://www.theobroma.co.jp/

東京都渋谷区富ケ谷1-14-9 グリーンコアL渋谷1F
TEL:03-5790-2181
FAX:03-5790-2182
営業時間:9:30 AM ~ 8:00 PM(年中無休)

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »