« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月29日 (火)

ちょっとサブカル

6月から7月にかけてのちょっとサブカル

小説

君たちに明日はない  垣根涼介

ワイルドソウル 上下  垣根涼介

赤い月 上下  中西礼

少年H 上下  妹尾河童

河童が覗いたインド  妹尾河童

上海ベイビー  weihui

理由        宮部みゆき

孤独の歌声   天道荒太

イタリアからの手紙   塩野七生

食べてこそわかるイタリア   内田洋子

ウーナミラノ           内田洋子

映画

ペルセポリス;イランの少女マルジ

マイブルーベリーナイツ

アフタースクール

写真展

陰山光雅写真展「Japan,Japanese」

今森光彦写真展「「神さまの森、伊勢 日本の聖域・神宮の杜」
などなどを拝見

小説ではワイルドソウル、そして河童が覗いたインドがダントツにおもしろかったです。
ワイルドソウルはいずれ映画化されるということですが
ほぼ同世代のブラジル産まれの主人公たちと自分を重ねると、まあなんと今まで与えられっぱなしな人生だったのかと恐縮。
戦後の復興時に移民ならぬ棄民政策が行われていたことにはひたすら戦慄をおぼえ、
そんなものがあったことさえ知らずにすごしていた自分を恥ずかしく思いました。

河童さんの覗きシリーズは有名ですがインドというのがまた愉快です。
時にインド人もびっくりさせる彼の好奇心に脱帽です。

イタリアについて書かれた本はイタリアシックになったとき手にとります。
書かれている内容はすでに私もよく知ったイタリアのことだったりしますが、それでもイタリアはそんな感じだったよねと確認するとほっとします。
そんな中で塩野七生さんの書かれるものは「徒然なる」エッセイでなく、ローマ史以前からのその国を知り尽くした上で書かれているのでとても奥が深いです。

映画。
イラン通の友達に言わせると少々偏向しているとのことですが、ペルセポリス;イランの少女マルジちゃんが楽しかったです。
激動の時代を生き抜いた女性の物語といってしまえばそれきりですが、おばあちゃん始め家族とマルジちゃんの関わりが丁寧に描かれていると思います。
おばあちゃんの彼女に向き合う姿勢と、その生き様は常に一貫しており、「公明正大でありなさい」という言葉のとおり、温かでまっすぐな視線に胸打たれました。

夏、知らず知らず内臓が疲れているのでしょうか。
免疫力が落ちてきて膝、手首など関節が腫れ上がるほど湿疹がでてきました。
「外からいくら薬を塗っても意味がないから、、、、良く休んでね。」久しぶりにお会いした先生の言葉にほっとして、「あぁ、ありがたく休ませていただこう」とさっさと床につきました。

皆さんもご自愛なさってくださいね。

|

2008年7月24日 (木)

キラキラの毎日 3

歯を磨くこと。

口にしたものが栄養になり体を作る。

体に良い食べ物、できるだけ安心な食べ物を選びたいですが、皆さんは一生懸命食べ物を噛んでくれる歯について考えてみたことありますか?

以前も歯について書いたことがありますがhttp://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_24b1.html 歯は一度生えたらその後一切新陳代謝することがありません。

歯医者には 痛くなったら行く、、、そうおっしゃる方も中にはいらっしゃるかと思いますが、痛いうちはいいですね。まだ治る可能性があります。

しかし怖いのは歯周病といいます。

知らず知らずに歯茎や歯根をむしばみ、あっけなくグラっと抜けてしまうこともあるそうです。

虫歯は歯科医にしか治せませんが歯周病は日ごろの自分のケア次第といいますね。 心の問題と一緒で「エイ」っと取ってしまえば終わりなのでなく、日ごろ、どう自分に向き合っていくかということでしょうか、、、。

さて私は1日最低二回は歯を磨きますが、寝る前は歯間ブラシ、フロス、そして柔らかい歯ブラシで歯磨き、最後にマウスウォッシュで仕上げ、、、とフルコースで磨きます。

表面を触ってキュッキュ言うとひと安心☆特製マウスピースをしておやすみなさい。

もちろんも年に2回は歯科医師の点検を受けておりますし、その他に歯科衛生士による点検清掃もお願いします。

キレイに磨いているつもりでも、うっすらと膜がはり光沢がなくなってきたり、歯石がたまったりしてくるので、そういうのを取り除き、ピカピカにしてもらいます。

そうすると「あぁ、またおいしいものたくさん食べよう」ってうれしくなります 笑

虫歯になっちゃったね。ハイ削ります。麻酔しますよぉ」そういう病院でなく「虫歯にしないように、歯周病にしないように」そうやって私の歯を大切にすることを考えてくださる歯科医に巡り会え、こうして楽しく歯磨きする毎日をうれしく思います。

関係者の皆さん、この場を借りてお礼申し上げます、本当にありがとうございます。

そして毎日記事を読んでくださる方、本当にありがとうございます。

|

2008年7月20日 (日)

エコ?!

ある人は人からモノをもらわないしあげない生活をなさることもエコだとおっしゃいます。
お金も使わないし不要なモノもたまらないし良いでしょと。

10年ぐらい前でしょうか
香港人の友達Aの誕生パーティということで、ある方のお屋敷に招かれました。
ご主人のバイオリン、お嬢様のピアノ、そして眼前に広がる日本庭園。
宴もたけなわ、奥様がAにプレゼントの花束を渡しました。
するとAは「花束なんていらないわ、このあとまた出かけるんですもの、ハーティ、あなたにあげる」と大きな花束を押し付けます。

しばし問答は続きましたが、絶対自分の言い分を曲げないAの気質を知ってか、奥様が「Aさんがいらないのならあなたもらってくださる」とおっしゃるので私が抱えて帰ることになりました。

確かにAは花が欲しかったわけでない、それも事実。

ただやっぱり私はモノをもらったりあげたりって好きです。
お下がりの服だろうと、タッパーに入った母の煮物だろうと、なんでもうれしいです。(たまに困っちゃうのもあるけれど)

難病で寝たきりの叔母を見舞ったときも「お小遣い☆」はしっかりいただいて帰りました。
断る理由はひとつもありません。小さなころの私のように「ありがとう」と、笑顔でもらってあげることも素敵に思えました。
なあんて実際はワンワン泣いてしまったのですけれど、、、、

ミャンマーの電気も水道もない村で、一家8人がひしめきあいながら暮らす貧しい貧しい家族との別れのとき、娘の一張羅(いっちょうら)の伝統衣装をひっぱりだし、ほぼ無理やり押し付けられたときも「ありがとう」と受け取りました。

そんなのもらったって着ません。

しかし、その一家全員の瞳の真剣さ、今生の別れのごとくのまなざし、私になにかしてあげたいという思いを切に感じ、「ありがとう」と受け取りました。そして幾度の引越しを経てもそれは私のクローゼットにあり、きっと私を守ってくれているのでしょう。

「この世の最大の不幸は、貧しさや病ではありません。だれからも自分は必要とされていない、と感じることです。」マザー・テレサ

|

2008年7月16日 (水)

自由が丘のパン屋さん3 エスプリ.ド.ビゴ

銀座に言ったらプランタン、そしてビゴの店。

http://bigot-tokyo.com/family/family.html

先日自由が丘に行ったときに初訪問。

こちらは試食がたくさんあるのに驚きました。

今日のおすすめは国産小麦で天然酵母のバケット

Bigot3_2

そしてたまに無性に食べたくなるセーグルノアレザン。ブルーチーズと赤ワインなんかと組み合わせると最高?!

Bigot2

家の近くにもビゴさんがあったらうれしいなあ、、、

エスプリドビゴ 東京都世田谷区玉川田園調布2-13-19

℡ 03-3722-2336

営業時間 8:00~19:00定休日 水曜日

エスプリ・ド・ビゴ 自由が丘店 (パン / 九品仏)
★★★★ 3.5

|

2008年7月15日 (火)

赤坂 ルブーランジェ ドミニクサブロン

炎天下の日曜赤坂

街にはひとっこひとりなく、、、、たどりついたsakasは、お昼なのにガラーン。

話題のパン屋さんルブーランジェ ドミニクサブロン

「ブール・ビオ・オ・ルヴァン」

Sakas1

看板商品です!水分多くムッチリして、酸味が強い。クセのあるチーズや重いワインに合いそう。

「フィセル;セレアル」

Sakas2

塩味が効いてます。セレアルの加減はごくごくフツウ。クラストがカリカリでおいしいです。

栗粉のパンだと思います。名前は失念。

Sakas3

噛めば噛むほどやわらかく穏やかな甘みが口に広がります。けっこう好きです。

ここのパンは成形が美しいです。小さいパンを全部買って帰りたくなったのは私だけではないはずです。なんとなく六本木のロブションをイメージさせますが、あちらは黒、こちらは赤いずれにしても高級感溢れる感じですね。

ルブーランジェドミニクサブロンhttp://www.maxim-s.co.jp/akasaka/index.html

〒107-6301 
東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー マキシム・ド・パリ1F
03-5545-4515  定休日:無休(元旦を除く)
月〜金    08:00〜21:00
土・日・祝  11:00〜20:00

Le Boulanger Dominique SAIBRON (ル ブーランジェ ドミニク・サブロン) (パン / 赤坂、赤坂見附、溜池山王)
★★★☆☆ 3.0

|

2008年7月14日 (月)

信じること祈ること

先日田口ランディさんの講演を聞く機会がありました。

今回は信じること、祈ることについてのお話でしたが、田口さんのご家族のことや世界を旅をして祈ることを体で体験したというお話に、信じることや祈ることについてあらためて考えさせられました。

私の話をさせていただきますが、敬虔な仏教徒の祖父母を持つ私にとって「祈る、手を合わせる」というのはごくごく自然な行為でした。手を合わせながら死者に話しかけることは、道端で出会う猫に話しかけることと同じで至極日常の行為だと思っていました。*その段階でかなりおかしいですね 笑

ですから宗教の色濃い国や、信仰を感じるところが大好きで、ミャンマー、イタリア、本当に毎日飽きずにお寺や教会へ遊びにでかけてました。

「え、なんで?!」

あなたは何を信じ、なんのために手を合わせ、誰に祈るのか、、、

それをロジックで語れといわれると非常に困ってしまいます。

誰かを思ったり、自分の将来を思ったりするときに神にでもなく、仏にでもなくなんとなく念ずる自分がいる。それがどこに届くかわからないけれど、至極当たり前のこととして、ハッピーな結果を願い、そうであろうと信じる自分の心があります。

皆さんはいかがですか?

先日、仲の良い友達が蓼科へアイターンしました。「きっと大丈夫。私はあなたの毎日がきっともっとキラキラしたものであるように祈ってる」そういって別れました。

後日彼女から「種はまかないと芽をだしません。育って初めて刈ることができます。サイコさんの言葉を信じて、今は新しい生活を楽しんでます」

信じる力、祈りの力

私はそういうものの力を信じています 笑

それは私になにか特別な力があるとか「念じれば通ず」そんなことではなく、世界のどこかで誰かが誰かを思う気持ちはめぐりめぐって自分へやってくる、その支えによって自分は生かされているということです。

もちろん妄信的に祈りや信仰やなにかの運動につっぱしることに対しては疑問です。またみんなでNO!と言おう、そういうのも苦手です。ただ純粋に誰かを思う心としての祈りや信頼だったらステキだなあと思うのです。

さて田口さん。

お話をうかがって、ものすごいエネルギーをいただきました。なによりピュアな方だというのが印象です。

最後に、癌が再発し闘う我らが忌野清志郎氏のために祈ります。

現在彼のサイト「地味変」はアクセスが殺到して見れない状態が続いているようですが、直筆メッセージの「夢を忘れずに」という言葉に、たくさんの勇気をもらいました。

きっと大丈夫、そう信じちゃダメですか、、、、、

|

2008年7月11日 (金)

仙台 パンかごさん

仙台のアロマセラピストtumugiさんhttp://www.k4.dion.ne.jp/~tumugi/からパンが送られてきました。

tumugiさんは、ナースとしてアロマセラピーを臨床医療の現場に取り入れた第一人者です。やはり講演、執筆、そして個人サロンの運営と大忙し。

先日もお話しましたが、私のまわりには医者、看護師など医療従事者が多く、積極的に臨床の場にアロマを取り入れたり漢方を取り入れていこうとしています。

ただ、いずれにしても皆女性というのがおもしろいですね。

さてパンかごさん。

自家製天然酵母のやさしいほっとする味わいです。ルヴァンのような優等生ではないし、タローさんのパンみたいに個性的なわけではないけれど、ストレスフリー。tumugiさんの思いと重なってほっとしました。

Pankago2

Pankago1

小さな小さな食パンと全粒粉のカンパーニュ。

パンかご

仙台市青葉区立町23-14 スクエアビル2F

022-721-1289

水、木、金のみ営業

11:30~なくなり次第終了だそうです

|

2008年7月 9日 (水)

dancyu カレー特集

dancyu

春のパン特集では私が師と勝手に慕うタロー屋さんが紹介されていましたが、夏のカレー特集 ではあの「怪しいおぢさん」がカレーリーフというスパイスと、それがどう日本で育てられるようになったかという記事で紹介されています。

64c4fb4d55_2

それは決して怪しいものではなく、、、、

そこには熱い男のドラマがあった☆

ちょくちょくお邪魔しているカレー伝道師のAさんはクッキング・ページで登場!

「北インド風のイスラーム式ヨーグルトベース」「南インドのトマトとブラック・ペパー風味」という2種類のチキンカレーを紹介していらっしゃいます。

以前にもタローさんおぢさんのことは記事にしております。よろしければご覧ください。http://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_8063.html

こころのことはハーティ新宿へ

連載を読んでの感想楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

2008年7月 5日 (土)

キラキラの毎日 2

先日は朝起きたらすることをお話いたしました。

今日はアロマのことちょっとだけお話しようと思います。

私の周りには医療従事者が多いのですが、中には代替療法としてのアロマテラピーをいち早く医療現場に取り入れている、その道のパイオニアのような人もいて、臨床の場だけでなく各誌に寄稿したり講演したりしているようです。

私はそんな彼女の影響もあって少しずつ生活にアロマを取り入れています。

まずむくみやすいのでマッサージ用に、レモン、グレープフルーツの柑橘系、女性の不調にはクラリセージ、ゼラニウム。ラベンダーやローマンカモミールは気持ちを安らげ快眠へ導いてくれます。ミントはキッチンにあると生ゴミなどの臭いが消えますし、害虫の忌避用にもなります。

そしてローズ;一滴に約50本のバラが必要と言われるように、貴重な花のエッセンスがぎっしりつまっています。そのかぐわしい香りは女性性を高めることでしょう。

ところで昨今のナチュラルブーム?!ネットではいくらでも安い精油を扱う業者さんをみかけます。しかし、あまりの値段の違いに驚いたりもしませんか?ルームフレグランス、ルームフレッシュナー向けのものと、入浴やマッサージ用に使うものでは当然質も値段も違います、もちろんオーガニックかどうかでも違いますよね。

そこでラベンダーの値段を調べてみました。

オーガニック A社 3,150円 内容量 10m 

オーガニック B社 1,575円 内容量 5m

用途不明   C社  630円 内容量 10m  

ルームフレグランス用630円 内容量 3m

すごいですね、この開きは、ただAとBの二社はだいたい同じものと考えられるようです。

直接肌に塗ったり、香りをかぐわけですので、私は食べ物と同じでできるだけオーガニックなど質の良いものを使いたいと思っております。生活の木ニールズヤードアロマティークさんなどでも買いますが、通販化粧品大手DHCさんでも買うことがあります。

DHC?!

驚かれたかもしれませんが、先日、これはホンモノだという出来事があったのでご紹介しますね。

気温18℃ぐらい、肌寒い日にオーガニックのローズが届きました;定価29000円ぐらい。箱をあけるとかぐわしい香り、しかし本来液体であるはずの精油が半分ゲル化しているのです!!

動転して問い合わせると「天然成分ゆえ、気温が低いと花蝋といって固まってしまうんですね、カタログにも書いております」とのこと、確かにローズワックスというものが存在するらしいです。

へえ、驚いた。

いずれにしても信頼できる業者からよい物を買いたいと思うのですが、、、某サイトでは日本のアロマオイルの値段は法外に高い、安くても良いものもあるとのご見解。しかしどの業者が良い物を扱っているのか、素人目にまったくわからないというのも事実です。

そこで友人に良い精油の見分け方について説明してもらいました。

まずは、瓶に国際分類法に定められた、ラテン名の記載、原産国、期限、遮光瓶、一滴0.05-0.06ccであること、成分分析があるか、提出してくれる業者が最低必要条件です。

ちなみに、ラベンダーは日本には4本に1本しか本物が輸入されていません。
そして、ラベンダーには色々種類があり。
よく、鎮静効果・睡眠導入といわれているものには、「真正ラベンダー」の標記と、アングストフォリアもしくは、ラベンダーハイアルチュードのラテン語の記載があることが大切。しかし。悪徳業者は、精油はアルコールに溶けるので半分精油、半分アルコールだったりもします。

また、さまざまな効能、効用などあるようですが、苦手な香りを使うのはNG。たとえばむくみに効くと言っても、私はジュニパー、サイプレスなどがまったくダメで、苦痛を感じるほどです。人によってはラベンダーが苦手な人だっています。それでは全然安眠できませんね。

先述の友人も「まずは好きな香りを使うことをおすすめします」と。

最後におすすめの使い方を紹介して終わります。

*重曹、天然塩各大匙1+お好みのオイル数種、数滴ずつでバスソルト

*お好みのオイルをティッシュなどにたらして枕元におけば導眠作用

*ゴミ箱の底に重曹を振りいれ更に新聞紙を敷き、ミントを数滴たらせばニオイとり兼芳香。

以上は分量の多少をあまり気にせずできるものです。お試しあれ

好きな香りにつつまれてこそのキラキラ、アロマ日和かな。

3へ続くhttp://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/3_f0be.html

|

2008年7月 1日 (火)

キラキラの毎日 1

本当に毎日たくさんの方にご覧いただきありがとうございます。

最近はアボカドでアイスクリームを作って食べてます。Avo5

材料はアボカド、豆乳、メープルシロップだけでもいいのですが、昨日グレープシードオイル(サラダオイルでもOK)を少しいれたら滑らかになっておいしかったです。自分で作るから材料、すべて把握しているので安心していただけます。

今日は毎日の暮らしで、私がこころがけてることをお話しようと思います。

まず朝起きるとお手洗いに行くのですが、24時間がんばってくれた「盛り塩」を撤収いたします。新しいお塩を盛りなおし手を合わせて一日の始まりです。*盛り塩はちょっと見ただけでは気づかないようなところにこっそりおいてあります。

そのあとそのお塩を使ってウガイ、小さなスプーン(銀が良い)で舌のヨゴレをとってお口の中をキレイにします。そして寝ている間に失った水分を補給するため、おいしいお水をゴクゴクと飲みます。

それからヨガ。ヨガと言っても太陽礼拝だけですが、、、、汗

*お手洗いの盛り塩は風水ですね、スプーンで舌をキレイにするのもヨガもアーユルヴェーダの考え方でもありますが、私は日本人なんでもできることを暮らしに取り入れようと思います。

以前、この一連の朝のお努めを人に話したところ、「なんか良いことあるのですか」と尋ねられたのですが、逆に「なんか良いことがないとしちゃダメですかと言いそうでしたが、、、、、実際に良いこと、、、、あります。

毎日トイレの神様に意味もなく、ほぼ無意識に手をあわすということで、一瞬だけでも謙虚な気持ちになります。そしてその塩で口をゆすぐということで、物理的に口がきれいになります。

そのあと必ずお水を飲むことで新陳代謝を促してくれるでしょう。

ヨガの太陽礼拝だって朝縮こまった身体を伸ばす、酸素を送る、、、、お通じにも効くはずです。

がんばってジムに通うのもOKですし、神社に通うのもステキですが、私はお家の神様に手をあわせ、自分のできる範囲でヨガを行うだけでも効いていると信じています。

そうです!!

能天気な私ですがこの信じる心が大切だということで、、、、。

2へ続くhttp://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/3_3625.html

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »