« 麻布十番2 手作り石鹸untiens | トップページ | 麻布十番 2 ピーターラビットベーカリー »

2008年5月15日 (木)

隣国の惨事に

think global act local

どんなことにも無駄なことなんてありません。すべての行為に意味があります。大切なのはあきらめないことです。小さな心がけが大きな実りになります。

そうやってここ数日あちこちでミャンマーへの思いを語ってきました。

と、そこへ中国の地震。

以前も書きましたが私にとっての中国は良くも悪くもさまざまなことを考えさせられる国です。もしあなたが「他の国のことなど知ったことじゃない、それよりも国内に目をむけるべき。」とおっしゃるならそれは違うと思います。

現在、私達の食糧、衣類、工業製品はまったく無条件に中国からやってきます。しかし、この地震によって、大手日本メーカーの現地法人は工場閉鎖を余儀なくされました。

国内で生産されたものだって、工場で働く人は日本人ではなく中国の人やミャンマーの人だったりします。都心のさまざまなサービス業は、中国、韓国、ミャンマー、、、、日本人の従業員さん不在でもお店が成り立っていたりします。

また、こんな流れでお金がうごいているという事実も忘れて欲しくないです。

日本の第一次産業、第二次産業;生産力、生産基盤は中国にゆだねられています→中国政府はその資本を元にミャンマー軍政をバックアップします→ミャンマー国民は政府の弾圧を逃れ日本に亡命します。

*日本における亡命者の国別割合1位はミャンマー人です。

その人たちの祖国が天災に遭ったとしてほうっておくわけにいかないのではないでしょうか?

そんな私のつたない言葉による熱い思いに「今日、郵便局に行ったよ」「そうだね、何ができるか考えてみるね」「自分の身に置き換えて考えるとほうっておけない」「あなたの思いが伝わってきました。」と、ひとり、またひとりと声をかけてくださる方がでてきました。

そんな言葉を聞くたびに、胸がいっぱいで涙がでそうになりました。

ミャンマーに対する支援のお願い→http://heartyshinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_6fcd.htmlをするのと同時に、隣国中国に対する支援、および三国の関係に少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

最後にミャンマーというのは軍政による呼称といって不愉快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、不特定多数の方がみることを考え、あえて一般的であるミャンマーという呼び方をしております。ご理解ください。

|

« 麻布十番2 手作り石鹸untiens | トップページ | 麻布十番 2 ピーターラビットベーカリー »

旅行・地域」カテゴリの記事