« 引き算の暮らし | トップページ | 新宿  ラバケット »

2008年4月27日 (日)

個を持って、個を尊重しよう

先ごろ日本でも行われた聖火リレー。

この聖火がフランスを通過する時に「誰にでも人権がある、そして我々はすべての者の人権を尊重する」という趣旨のメッセージがパリ市庁舎に掲げられたといいます。フランス政府は一貫して人権尊重をうったえ続けておりますが「中国と言う国を非難する気はない。しかしチベットに対する政策は認められない。」とも明言しています。

その存在を認め尊重する。しかしあなたの「その考え」には同意できない。

人のやっていることを批判するのと、人格そのものを否定するのはまったく違いますね。

私は中国は何度も滞在しておりますし、多少の言語も理解できます。中国の人は確かに現実的かもしれません。しかし、家族や友達を大切にする心は誠実で嘘がなく、私もずいぶん大切にされたという思いがあります。また自己主張の強さ、気の強さ、そういうのも含めて彼らの大陸的なたくましさには敬意を表します。

ですから中国の国政と民衆とすべてをひとくくりにして「中国はひどい」と非難する気はありません。しかしチベット弾圧に対して賛成するかと言えばNO!ですし、ミャンマー軍政に対してバックアップを行う中国政権に対してもなんとも言えぬ思いでおります。

そんな中こんな記事を発見いたしました。

仲裁の中国人女子学生がネットで猛攻撃受ける チベット問題 

現実の社会もネットの社会も個を持って個を尊重する=自分を受け容れ、同時に他人を受け容れる、、、、物質社会とは別に真の心の豊かさと世界の平和のため祈り続けるダライラマに最大級の敬意を表して今日は終わります。

こころのことはハーティ新宿へ

cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

« 引き算の暮らし | トップページ | 新宿  ラバケット »

ハッピーになろう」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事