« アートは活力   3 | トップページ | キラキラのエッセンス 1太陽と仲良し »

2008年2月26日 (火)

たくさんのありがとう☆

皆さんいかがおすごしですか。

この仕事をやっていて一番うれしいのはクライエントの方との絆が深まっていくのを感じるときです。

A子さん。

小さい頃から散々傷つき裏切られ、それでも生きてきた、全身ガッチガチでトゲみたいな私。親の期待にこたえていい大学に入り、いい会社に入り、何でも手に入る、、、でもどうしてどうしてこんなに寂しいのだろう。病院に通い、占いに通い、エステに通い、、、わらにもすがる思いでここにたどり着いた、、、、

そんな彼女は最初は昂ぶる感情に流されるだけで、話したいことの半分も話せていないのかもしれません。もちろん初対面の人間を前にして完全に心を開くことのできない状態なのは当然で、おそるおそるご自分のことを話されます。

いつもがんばってきた、これでもか、これでもか、、、そう自分に厳しく生きてきた。

しかし二度、三度通われるうちに心をゆだねて安心して話されるようになると、、ゆっくりしたペースで自分を振り返られます。少しずつ笑顔が増え声は活き活きと力強いものになっていきます。

取り巻く状況はかわらなくても、人を信頼することができ、人に身をゆだねる心地良さをおぼえると、迷われたとき悩むとき今度は自分が自分にあたたかい声をかけられるようになります。

「いいんだよ、それで。自分で決めたことだもの。」良いストロークですね☆「ご自分で決めたということ」それがもっとも大切ですばらしいことだと思います。

さてこちらにいらっしゃる皆さまにいつも申し上げるのが「皆さん、どうしたら良いのか迷われ悩まれていらっしゃるのだと思います。ただ、私は未来が見えるわけではありません。皆さんがこの先どうしたら良いかを言うためにここにいるのではありません。皆さんの心の声に耳をすまし、皆さんがご自分で決めることができるように支えることが努めです。

今までの人生の失敗がトラウマになり、ああしたらこういわれるのじゃないか、こうしたらこうなるのじゃないか、うまくいかないシナリオばかりが先行し中々決断できないのかもしれません。しかし誰の人生でもなく自分の人生です。

ナニをしたらいいかをカウンセラーに決めてもらうためにカウンセリングを受けるのでなく、自分で決断を下すことができる、そんな自分になるそのための自信を得るためにカウンセリングを受ける。

時にワークなどしながら本当の自分に向き合い、心の声を聴いてあげる、、、、そうして本当に心から笑うことができ背筋が伸びていくころセッション終了、、、、お別れの日がきます。

いつかまた会えるかなあ、今度はどこか違うところで会うのかなあ、たくさんたくさんいろんなことありがとう。信頼してくれてありがとう、勇気をありがとう、一生懸命生きてる姿ありがとう。

ワークショップ企画中「愛され上手は聴き上手」

お彼岸向けのナチュラルスィーツ「きびおはぎ=ぼた餅」を作っておしゃべりしながらグループワークをしてみたいと思います。ナチュラルスィーツは卵、乳製品、白いお砂糖を使いません。完璧マクロではないですが体にやさしいものを食べようvol1とお考えください。またクッキングスクールでもお料理教室でもなくあくまで自分探し、自分を知るためのセラピーとお考えください。

日程が決まりましたらまたUPします。お問い合わせはこちらcocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

こころのことはハーティ新宿へ連載を読んでの感想楽しみにしております。

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

« アートは活力   3 | トップページ | キラキラのエッセンス 1太陽と仲良し »

カウンセリングルーム便り」カテゴリの記事