« 伝えることのむずかしさ | トップページ | 私はとってもうれしかったよぉ »

2008年1月12日 (土)

双子の見えない糸

英国の男女が双子であることを知らないまま結婚していたことが判明し、裁判所から婚姻を無効とされていたことが11日、明らかになった。http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080112i105.htm

双子のミステリーは洋の東西、古今を問わず数あれど、現代の法治国家イギリスではその婚姻は無効とされたそうです。

小池真理子さんの大作「恋」も兄妹と女学生のゆがんだ恋を主軸に展開してまいりますし、古くはワーグナーの大作、ヴァルキューレ。生き別れの妹と知らずに恋に落ち神々の怒りにふれ、神罰を受けて死んでしまいます。あ、江戸川乱歩の孤島の鬼もカワイイと思った少女が自分の妹だったり、、、双子だけでなく兄妹とは惹かれあうものなのでしょうか?

私の中学には一卵性双生児が二組おりましたが、それぞれ同じ部活に所属し、同じ高校に進学しました。ハハア。

これは科学的に分析するとまず同じ血筋なので趣味、嗜好が似るのは当然。また同じ時に生まれたもの同士、片方ができることは自分もできる、、、常に互いを無意識に意識しているのでほぼ同じレベルで成長していく。

しかし科学でも解明できないことはたくさん。結婚後遠く離れたところに住む双子、片割れが離婚を考えているともう片方も別居に踏み切ったところだったとか、結婚相手は別でしょうけれど、、、あとは片方がどこか痛くなると片方も同じところが痛みだすとか、、、、ちょっと怖いっ 汗

そうそう双子さんの結婚で有名なのはサンドイッチパーラーまつむらさん。まつむらさん双子のご兄弟と結婚したのは、なんと姉妹!!女性の好みも一緒。そして4人で仲良くお店を切り盛りなさっているとは有名な話し。

イギリスの双子のカップルその事実を知った衝撃がどうだったか気になります。その後も恋人としてすごすことになるのか、一気に醒めていくのか、、、、いずれにしても自分の出自や本当の家族を知らずに成長するということはアンフェアであると思います。いくら事情があっても、いくら養父母がすばらしい人間だったとしても、それを知る権利を勝手に奪ってはいけないと思います。日本でも大きくなって戸籍謄本をみて「え」とか、ご近所に「あの子もらい子」と揶揄されて、、、なんて話し良く耳にします。

法のことは私の専門外ではありますが、誰かと誰かの幸せが引き裂かれてしまったこと残念な限りです。

こころのことはハーティ新宿へ

連載を読んでの感想楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

« 伝えることのむずかしさ | トップページ | 私はとってもうれしかったよぉ »

心と体」カテゴリの記事