« 食べること生きること 3 | トップページ | 双子の見えない糸 »

2008年1月11日 (金)

伝えることのむずかしさ

せめて、言いたいことの10分の1でも伝えられればいいのに。

hiroさんのブログはいつもステキな言葉があふれてます。ううん言葉じゃなくって想いがあふれてます。

ところで、、、、

セッションにいらっしゃる方の緊張具合といったら相当なものだと思います。初めての場所。初めて会うカウンセラー。

何をどうやってどんな順に話したらいいか、、、前日から興奮して良く眠れなかったという方もいらっしゃいます。

そうして当日「ここでお話いただく内容が他で漏らされることはありません。話してくださる順序はいつからでもどこからでも、どんなことでもけっこうです。」と申し上げますと、、、、それだけでポロポロと涙する方の多いこと、、、、よほど日々張り詰め緊張なさっていたのだろうと思うと胸がいっぱいになります。

私のサイトにたどり着く、、、、ちょっと胡散臭いと思う、、、それでも話してみようと思う、、、そしてメッセージを書く、、、返信が届く、、、数度のやりとりのあと予約が確定する。

それだけの間にも心は緊張と弛緩を繰り返すのでしょう。

正直、一回二回のセッションで明るい未来がやってくる、、、そんなわけないことは皆さんおわかりだと思います。それでも誰かに話を聞いてもらいたい、、、、、と勇気をだしてお越しいただいたわけです。

そんな皆さんの想いを大切に受けとめていきたいです。

たかが10分の1、されど10分の1

あせらずおごらず謙虚な気持ちで、そうしてセッションを重ねるうちに、皆さんの心が少しずつ少しずつラクになっていきますように。

こころのことはハーティ新宿へ

連載を読んでの感想楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

« 食べること生きること 3 | トップページ | 双子の見えない糸 »

カウンセリングルーム便り」カテゴリの記事