« 私はとってもうれしかったよぉ | トップページ | 「私の男」 »

2008年1月18日 (金)

手紙やハガキ、そしてネットのこと

今日はあわぽんさんのentryで近況をつげるその方法を考えました。

現在、電話はともかく、こうやってブログでリアルタイムな自分の考えをお伝えできたり、インターネットの普及によってメールやチャットや、なんだかんだ色々な方法を使って人との交流や会話?!ができる時代ですね。さまざまな弊害はあるにしろ、便利でなにより。これも使い方、そして自分の心の在りかた次第だと思う昨今です。

ところで皆さんはインターネット歴はどのぐらいになりますか?

私は96年の今頃から始めました。海外に行く機会が増えてきて向こうで出会ったアメリカ人の男性にすすめられたのです。ところが日本のプロバイダというのが存在していなくて(yahooJAPANもまだなかったです。)当然hotmail.comかyahoo.comでドメインをとります。しかし取ってみたところで日本の友達だーれもインターネットなんかやってないのです。

海外で途方にくれる私。
日本にいる間はネットカフェに通いましたがほんの少ししかないし高いし。同じように海外でもみつけるのはちょっと難しくって、、、、。
ですから長期の旅行中はCPO中央郵便局局留めでエアメールを受け取りましたし、イタリア滞在中はエアメールが届いてるよぉと言われるたびうれしかったものです。

あぁ長い旅をしてきたんだなあ、ありがとう。

無事ついてくれてありがとう。

元気でいるようでなにより、ありがとう。

思い出してくれてありがとう。

今でも大切な手紙やハガキはとってあります。絵とか文字とか描いてあるそれらの紙は宝物だったりして、みるたび元気になるのです。

モノを贈るんじゃなくってこころを贈るんだよ、、、そんな言葉を思いだしながら。

こころのことはハーティ新宿へ

連載を読んでの感想楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

« 私はとってもうれしかったよぉ | トップページ | 「私の男」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事