« 食べること生きること 2 | トップページ | 天然酵母パン トゥルナージュ »

2007年12月10日 (月)

猫 大好き

小学校の卒業文集

将来の夢に獣医、絵本作家と書いた私です。

右脳一家、実際絵で生活している人もおりますし、幼少より絵を描き学内学外で数々の賞を受賞してきましたので、そんなに特別なことと思わないです。しかし獣医さん。これは動物が好きな少女の憧れでは出来ない仕事でしょう。まず徹底的に理系ですよね   汗

私はとにかく生き物が好きでした。小さい頃から家には生き物があふれておりましたが、まさにあふれるという言葉のとおり、家の中をいろんなものが徘徊しておりました ゲッ。鈴虫、おたまじゃくし、カイコ、メダカ、金魚、インコ、そして猫。

猫は野良がいついてしまったのですが、最大で8匹!!色とりどりのお手玉のような小さな子猫は本当にかわいかったですね。おまけに器量よしときたもんです。

さて今さらですが、私も思い切り夢中なのがこの猫たち。ねこ鍋http://www.youtube.com/watch?v=QVSGRwqgvl0

まこという名の不思議顔の猫http://scomu.jp/makocat/

両方とももともと捨て猫だった子たちを飼い主さんが愛情たっぷりに育てているという話しです。中には死んだ子もいるといいますし、やせてガリガリでなかなかなつかない子を根気よく愛情を注ぎ育ててきたといいます。

ほのぼのとして、どこかこっけいな猫たちのそんなストーリーにホロリ。特にまこ、こんな気持ち悪い顔の子、絶対イヤだぁ、、、、と思っても、飼い主さんをお迎え、お見送りする姿、オカルト顔で食卓を見守る姿に癒されるのです。そして飼い主の方の愛情を感じると胸がいっぱいになります。

私の親戚でも殺される運命にあった子猫をもらいうけ、育てているものがおりますが、孫と名前が一緒になってしまうあたりでオイオイとつっこみをいれたくなります、まあ、それだけ家族として認知されているということでしょう。

私も動物愛護の活動に興味がないわけではないのですが、今は目の前で苦しむ人がいたら「どうしましたか」と寄り添うことが務めだと思っております。動物愛護はベジタリアンveganであるということで、、、、どうかご容赦くださいませ。

まこの写真集 ねこ鍋の写真集発売中です。カワイイ☆最初はそれだけでかまわない、でもね、少しでもたくさんの人達に知ってほしい捨て猫たちのこと。そんな月曜日、ステキな一週間のはじまり。

こころのことはハーティ新宿へ

連載を読んでの感想楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

« 食べること生きること 2 | トップページ | 天然酵母パン トゥルナージュ »

ハッピーになろう」カテゴリの記事