« ベジタリアンもOK!アップルパイ | トップページ | 食べること生きること »

2007年12月 4日 (火)

スローってなあに

イタリア

オリンピックの開催されたトリノのあるピエモンテからメールがきました。彼女はブラッという街にあるあのスローフード協会本部http://www.slowfood.com/で出版にたずさわっています。食べ物について語り合おう☆みたいな元気であたたかなメールがきました。

スロースローってよく聞きます。

でもね別にゆっくり歩こうとかゆっくり生きようとか物理的なスピードだけを解釈するわけでないということご存知でしたか?

たとえば日本酒、納豆、お豆腐、お味噌にお漬物。

こういった日本伝統の食品もじっくり時間をかけて作られるスローフードです。ヨーロッパのワイン、チーズのあてはまるのかな。

みんな忙しいから自炊はできないけれどお金はあるようで、ボジョレー解禁といえばそれ。パーティではフォワグラ、トリュフ、輸入チーズに何万もするシャンパン、、、高級チョコレートに長蛇の列。しかしこれもグローバリゼーションでしょうか、、、、素朴な伝統食は見向きもされなくなってきたようです。

また孤食という言葉最近よく耳にしますが、皆でおいしく食べることも大切だよというのもスローフードの考え方です。

と、ここで正直に申し上げます。

上記日本の伝統食、、、、私のニガテなものばかりです。なにせ発酵食品がニガテ。大豆も体がうぅってなってしまって、、、ですからそれを食べなさいなんて申しません。おまけに、小さい頃から求心力ない家庭で育ちましたから、今も毎日三食ひとりで食べる日々にさして疑問をもたない人間です。しかもアレルギー体質、ホルモンのバランス、メンタルのバランス、、、、なにかちょっとでもバランスを崩すと蕁麻疹をだし、一度でてしまうと薬をのまざるをえないわけでして、、、、

ただね、最近みんななにか忘れてしまってるのではという思いはあります。

どうやって食べ物ができるのか、どんな状態で育てられたのか、、、そんなこと興味をもてばおのずと選ぶものが違ってくるのじゃないか、もっと違う食事、生き方できるのじゃないかということ。

たとえば薬ギライ、医者ギライという方がいらっしゃいますが、そういう方に限って、スーパーの特売のお肉を買い、冷凍食品でお弁当をつくり、大手製パンメーカーの食パンで朝食をめしあがります。お子さんには菓子パンをあげて、、、独身の方でもフツウにコンビニで栄養補助ドリンクを買い、疲れたとぼやきながら夜は新しいお店めぐり。

うぅーん。自分の体と心の声聴いてますか?

ここで、いつも拝見している50歳のフランス滞在記さんで興味深い記事を拝見したのでそれをご紹介いたします。フランスでも野菜の消費量が減っているということで農相みずから「もっと野菜を」とよびかけているというのです。フランスだけの問題ではないのでしょうね。世界中、どこの国も野菜離れしているのは残念な限りです。しかもその理由が忙しくて外食になっちゃうから、、、

長くなりましたがあえて申し上げます。菜食にしなさいとも、肉をやめなさいともいいません。ただ、ちょっとだけ自分の体の声を聞いてほしいのです。

本当にそれを体が求めてますか、心がのぞむものはなんですか、、、ハイ、かつて摂食障害だった、、、そして今でも等身大で不器用なカウンセラーの思いでした。

こころのことはハーティ新宿へ

連載を読んでの感想楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

« ベジタリアンもOK!アップルパイ | トップページ | 食べること生きること »

ハッピーになろう」カテゴリの記事