« おいしいパン;VIRONさん | トップページ | スローってなあに »

2007年12月 3日 (月)

ベジタリアンもOK!アップルパイ

師走に入り街はクリスマス一色ですね。

クリスマス。

いつも仕事。フツウに仕事。これもなぜベジかと同じくまったくもって自然なこと。正直仕事をイヤだと思ったことないんですよね。もちろん疲れることはありますが、自分で選んだこと、そして選ばれたことという思いでおりますとただただ感謝です。

それに私の仕事が休みだったとしても彼は仕事だったりするわけで、、、、彼も仕事を含めて人生が楽しいという人なので、二人でしっかり休めるとき楽しめるときがあればいいという感じですね。

さてベジで乳製品アレルギーな私。

洋菓子はクセモノ、、、、と忌み嫌うわけないですが、あとから蕁麻疹がでてくるのがたまりません。毎年大量にいただくリンゴをさてさて今年もアップルパイにしようかしら、でも自分は食べれないのよねえと思っていたところ、すばらしいものを発見いたしました。

トランスファットフリーオーガニックパーム油です!!

これがロクシタンのシアバターと同じニオイがしてなんともいい香り。そのまま手や顔に塗っても全然よさそうです。だって口にしていいというなら肌のお手入れにもよさそうでは???

ところで、そもそもなぜトランスファットはいけないのか、、、マーガリンやショートニングは液体の油を固形にするために水素を添加しております。そうしてできた油は善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やし心臓病につながるというのです。またここからは私の私見ですがトランスファットはともかくとして大豆油が苦手なのと、よく見ると魚の油と書いてあったりして文字通り「ギョっ」としたりするのです。

パーム油に関して、プランテーションにおける過酷な労働が一時期問題になりました。しかしこの件に関して言わせていただければ、中国にある日本向け衣料縫製工場、自動車部品工場の実際を知っているのかと、、、またアメリカにおけるいわゆる搾取工場という中南米からの不法就労者(訴えることのできない境遇)の窮状、同じく日本国内の大企業の下請けの下請けといったような工場で働く不法就労者たちのこと、、、、そういうすべてのひずみを吹っ飛ばしてパームプランテーションだけを槍玉にあげなくてもいいのになあという思いもあります。

話がそれてしまいましたが、さっそくそれを使ってパイ生地を作りあっという間にアップルパイのできあがり。パイ生地はフードプロセッサーでがーっとやってしまいますし、リンゴは農家直送ですから皮ごといただきます。Ap1_2

小さい頃は今の時期毎日アップルパイを食べさせられていたような気がするほど。帰宅すると家中が甘い香りだった、、、、それはそれでステキな思い出ですよね。

最後に、いくら植物オイル、オーガニックといえ油ですからカロリーは高いです。ただね低カロリーをうたったリ○○タとか、、あぁいうのこそプラスチックオイルのキワモノ、、、私達消費者は、もっと賢くならないといけませんよね。

ところで今日、いつも拝見している50歳のフランス滞在記さんで興味深い記事を拝見したのでそれをご紹介いたしますね。どこの国も野菜離れしているのは残念な限り。別に菜食にしなさいとも、肉をやめなさいともいいません。ただ、ちょっとだけ自分の体の声を聞いてほしいのです。

作りかたはcookpadでどうぞ。

こころのことはハーティ新宿へ

連載を読んでの感想楽しみにしております。cocorofuwafuwa@ヤフー.co.jp

皆様のお役に立てますように Banner_02_6

|

« おいしいパン;VIRONさん | トップページ | スローってなあに »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事