« おいしいインド料理SITAARA GROVE | トップページ | ケチな男と信じやすい女 1 »

2007年7月 2日 (月)

100 エントリーのお知らせ

えーっとえーっと先日ブログ開設1年のご挨拶をしたばかりですが

先日、100回目のエントリー達成いたしました。

すごっ

うれしいです。

どんな方が読んでくださるのか皆目検討つかないながらも

カウンセリングを受けることは特別じゃないということ。

そもそもカウンセラー自身がまったく普通の人間であるということ。

そんなことお伝えしたくて、ぼちぼち書き続けてまいりました。

とは言え、

「新宿に行ってきたの」

「買い物?」

「ううん、カウンセリング、、、」

なんていいづらいのではないでしょうか。

心苦しい方は「クリスピークリームドーナツ」とかごまかしてくださいね(汗)

私が初めてカウンセリングを受けてから10年以上経ちますが、やはり当初はなんで泣きながらお金を払っているのだろうという思いもありました。

また自分の知らぬ自分や、過去の一幕に遭遇してはショックで泣きながら帰り、惨めで惨めでしょうがないこともありました。

「カウンセラーって無責任!あなたはどう思うのですかって、わからないからカウンセリング受けてるのにぃ!!」

そんなことブツブツ言いながらも内省を続けた日々を思い出します。

自分の足で歩いていなかった自分を思うととても恥ずかしいですが、自分に向き合おうと必死だったことを、今はとても誇りに思います。

カウンセリングを受けていることをどうやって人に話すようになったのか。

きっかけは海外の友達でした。

アメリカンの男性なんか「セラピーは必要だよ」って言い切りますし、イタリアでも否定されたり疑問を浮かべられたことは一度もなかったです。

そりゃあそうですよね。ヨーロッパで生まれてアメリカで育ったある種の文化ですもの。

そのうち近しい友達に話すようになりましたが、「カウンセリングがなにかさえわからない」ということを知るうちに、自分がカウンセリングの勉強を始めておりました。

ただ母に自分が摂食障害だったこと、カウンセリングを受けていたことを話しましたら、ワンワン泣かれ「私の育て方がいけなかったの」とまくしられまして、さすがに恐ろしかったですね(笑)

、、、、もう終わったよ、、、、もうこれ以上誰も傷つくことはないよ、、、

ところで日本ではカウンセリングって、未だに「弱い人が行くところ」なんていわれちゃうのでしょうか?なんとなく罪悪感感じつつコッソリ?

コッソリはかまわないと思いますが、この強い、弱いってなんなんでしょうねえ。

私は無茶苦茶寂しがりやの依存体質の泣き虫で、とにかく暗いんですよ(笑)

ただ、人を恨んだり攻撃したりはしません。

走って泳いで馬に乗って車を飛ばして遠くに行って、、、

ひたすら自己分析=セルフセラピーして、、、、

精神安定剤をのんでもかまわないですし、

眠れなければ眠剤をのんでもかまわないから、、、、

また笑顔で明日を迎えます。

そうです。そんな、とっても小さな自分の日常をこうして綴りながら、泣いている人のことを思ったり、もう会わなくなってしまった人の言葉を思い出したり、大切な人を思ったりしながら、「みんなありがとう。明日もステキな一日でありますように」そうやって一日が終わるのです。

ブログを読んでくださる皆様にもlove messagio☆いつもありがとうございます。

こころのことはハーティ新宿

|

« おいしいインド料理SITAARA GROVE | トップページ | ケチな男と信じやすい女 1 »

カウンセリングルーム便り」カテゴリの記事