« グレゴリーコルベール展 | トップページ | パーキンソン病の叔母 »

2007年4月23日 (月)

衣食住のこと

衣食住。

食に関して語るのはものすごくタイヘン。

そもそも私の母が本当になんでも上手に作る人で、それはそれは有名で,ご近所や、友達のお母様方に教えてまわるほどだったのです。

オトナになってからは、公私であちこちで珍しいものおいしいものを頂きました。

それがいまや激アレルギー。すべてのたんぱく質NGです。

米だって麦だって食べ続けると気持ち悪くなります。

よって今は、どのお店のなにが、、、とか、今度○で何を食べようとか、、、、縁がないですねえ。

さて住

ひたすらきれいにすること。

古いものを溜め込まないこと。

空気の流れをよくすること。

そんな感じでしょうか。

まあ、北欧テイスト、ミッドセンチュリーが好きと言え、インテリアショップじゃないですし。

こだわってないようでこだわっていて、実際はこだわってないのかなあ。

うぅーん、洗面所をどうにかしたい。

プラスティックがなんだか陳腐に感じて。

最後に衣。

やはり一番楽しいのはこれでしょうか。

小さい頃から流行りのものは着せられませんでした。

女の子だから赤、ピンク、、、そういうのもなかったです。

思えば、シックな子供でした。

小学校5年生のときに肩がケープになった紺色のトレンチコートを買ってもらったのですが

ガーン。背が伸びてしまい、泣いても叫んでもダメ。ワンシーズンのみの着用でした。

独身の叔母に服を買ってもらったり、大きくなるとお下がりをもらうのが楽しみでした。

今は3つ違いの姉からお下がりもらってくらしております(笑)

たまに私も趣味があわなくなったようなのを彼女にあげます。

デジカメで撮影した画像をメールで送ってあげて互いに確認するんです。

彼女はミナペルフォネンなんかが好きなとってもおしゃれさんです。

そして小柄、、、せっかく頂いてもきつくて着れないっ。

そんなときは私のかわいい妹のような存在のお友達へお届けにあがります。

どちらかというと姉とその人が姉妹だとピッタリくるようなおしゃれ具合ですね。

私の最近のお買い物、ちょっとだけ紹介しますね。

ナラカミーチェのシャツ

セオリーの白い麻のジャケット、

モードエジャコモのゴールドのオープントゥのパンプス。

ゴールドの靴って店頭では一見派手でいやらしい感じがしますが

履いてみると肌馴染みが良く足長効果もあります。

もちろんゴールドの質感もいろいろでしょうけれど私はけっこう好きです。

さあて、今年はマリンな着こなしをしたいのでステキなボーダーを探してます。

ところで皆さんの衣食住感ってどんなですか?

こころのことはハーティ新宿

|

« グレゴリーコルベール展 | トップページ | パーキンソン病の叔母 »

おしゃれのこと」カテゴリの記事