« 冷え性はとにかくあたためましょう! | トップページ | いっぱいいっぱいって?!その2 »

2007年3月 5日 (月)

いっぱいいっぱいって?!その1

誰でも多かれ少なかれ悩みや問題を抱えているものです。

仕事がいそがしくてクタクタ

恋に疲れて食欲なし

嫁姑の問題で頭がいたい。

何度も申し上げてまいりましたが、悩みや問題そのものは悪いものじゃないと思うのです。ただ、それにとらわれてしまって前へすすめなくなってしまうことが問題だと思われます。

しかしその悩みや問題があっさりと解決するなんてことはそうそうありませんし、考えないようにしろというのも酷なことです。だいたい、、、考えないようにすればするほどドつぼにはまるのが常ではないでしょうか?またポジティヴシンキングと言って「くよくよするのはやーめた!」と問題から目を背けることも疑問です。

ではどうしたらよいでしょうか?

知りたいですよね。

ハーイ!!

ところで皆さん、余裕のないときに「いっぱいいっぱい」といいますが、その「いっぱいいっぱい」って、なにがどのぐらい「いっぱい」なのか考えてみたことはありますか?

本当にすべてが「いっぱいいっぱい」なのでしょうか?

ということで、今回の連載は、頭、心、体、どこがどのような感じでいっぱいになっているのかを感じてみるワークについてお話しようと思います。

たとえば身体の痛みはわかりやすいですね。

私は来月トレイルランのレースにエントリィしたので、このところ走りこんでいるのですが、毎日太ももからお尻にかけてすごく痛いです、ふくらはぎもパンパンで寝ていて何度もつりそうになります。まるで下半身の筋肉が悲鳴をあげているようです。

しかし、、、、毎日元気なんですよね、、、、、

ようは「下半身の筋肉」が悲鳴をあげているだけであって、上半身はピンピンしておりますし、当然頭も心も余裕があるって毎日チャキチャキしております。

では状況をレース本番に想定しましょう。

緊張の中、心臓ドッキドキでスタートするのですが、当然ずーっと苦しいです。

しかしマゾヒスティックに「苦しい苦しい」言っていてもしょうがないので、いったい自分の体のどこがどのようにツライかをさぐりながら走ります。

上り坂と下り坂では当然使う筋肉が違います。今は裏側が痛い、今度は表側にきた。あれれっお腹が痛くなってきた。今度は右の足首が痛い。肺は大丈夫?!全然OK!!よしまだ頑張れる。

そうやって苦しいところを確認することで、どこまでふんばりがきくか自分の状態を把握していきます。体があたたまる前とあたたまったあとでは痛くなる場所が違いますし、乳酸がたまってくると動かなくなってくるところもでてきます。ただ漠然と苦しいじゃなくて、今、どこがどのように苦しいのか、それは痛みかしびれか、疲労か?それはムリがきくものか、一過性のものか、、、、そんなことを確認するわけです。

そして最後のスパートは、たとえ足がもつれそうになってヨロヨロしたとしても、残っているすべての力を振り絞り腕を振り切ってゴールするのです。

このように肉体の「いっぱいいっぱい」は把握しやすいですが、頭や心の「いっぱいいっぱい」だって、ちゃんと把握することができます。そして「いっぱいいっぱい」の程度や状態を把握することによって、次のアクションを考えることができ心の余裕を見出すことができるのです。

余裕がない?それが口癖のあなた。

次回は頭や心の「いっぱいいっぱい」を探っていきましょう。

こころのことはハーティ新宿

|

« 冷え性はとにかくあたためましょう! | トップページ | いっぱいいっぱいって?!その2 »

心と体」カテゴリの記事