« おいしいパン屋さんの紹介 シーバーとタンネ | トップページ | ぼけぼけのすすめ »

2007年3月16日 (金)

ビスコッティでもいいんですけれどぉ

偶然というluckをつかむには」の続きがすすんでなくて申し訳ないです。

えーと、、、バレンタインにチョコレートをくださったカワイイ姫君たちにお返しのビスコッティなど焼いていたのですね。

「買えばいいじゃん」と言われるかもしれませんが、じつはけっこうたくさんで、、、

それになにより店に行く時間がないのです。そこで思うのです。カワイイ姫君たちにコンビニなんてあんまりじゃありませんか?ドンキホーテもあんまりですよ。

それでは家にある材料でなんか作ろうではありませんか!?そこで深夜家の中が甘い甘い香りでいっぱい。私が手作りする理由はそんなのもあるのです。

ところで、、、

なぜか日本ではビスコッティビスコッティなのですが、ビスコッティってイタリア語ではビスケットすなわちクッキーというあくまで総称。

で、これはカントゥッチーニという名前が正式名称です、固いので濃いコーヒーやヴィンサントというデザートワインに浸しながらいただくものです。

そもそもイタリアのパンはガッチンガッチン!トスカーナのパンなんて塩も入っていなくて水と粉だけで作ります。
塩を入れると水を呼ぶ=しけってしまうから日持ちするように塩さえいれないということなんですね。

ところでこのヴィンサントがたまらなくおいしいのです!しかし日本ではそうそう手に入らないですし入ってもお値段が高いんですよね。F4f26f58c5fc45725d8a5e255d0a9a0c

ガクっ。

レシピはcookpadでごらんくださいね。

こころのことはハーティ新宿

|

« おいしいパン屋さんの紹介 シーバーとタンネ | トップページ | ぼけぼけのすすめ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事