« 偶然というluckをつかむには3 | トップページ | ミラノの気候を思う »

2007年3月30日 (金)

あわただしい3月でした

昨日、思い切って母に電話をし、なんとか叔母の入院先を聞き出し、本日エアもホテルもレンタカーもすべてブックいたしました。連休を利用して、、、なんて思っておりましたら周囲に「バカ、意識があるのだっていつまでかわからない、一刻も早く行ってあげなきゃ」そうプッシュされ、一気に旅程を決めてしまいました。

しかし、例によってなんともさびしい一人旅でございます。いいわ、ひとりで車飛ばすわ。

だいたい私は究極のアレルギー体質。おいしいものや土地の物、残念ながらあんまり興味ないのですよね。どなたかご一緒したところで、私はお宿でひとりポツンと待っているだけです。

でもお土産はなにがいいかなあって、自分は食べれないのに今からワクワクしております。

ところで今月は一日しか休み=なにもしない日がなく、現在、自分史上二番目ぐらいに免疫力がおちております。明日の試験は当然受験いたしますが、あさってのトレイルのレースは棄権することにいたしました。

ずーっと顔に湿疹が消えなくて、なんともおちつかないのですが、昨年の11月の末にハーフマラソンにでたあと、しばらくして風邪をひいたのですがそのとき以来、なんと約4ヶ月も消えない湿疹なのです。

蕁麻疹というのは、なにかアレルゲンを摂取してしまうと反応するもので、あくまで一過性のものなのですが、この湿疹は長いです。しかも今月に入ってから、朝突然吐いたこともあり、ヤバイなあと思っておりましたが、なにぶん病院に行く時間がないっ。それでも先日やっと時間をとってでかけてまいりました。

先生とは10年以上のおつきあいになります。

「なにその顔?!豆でしょ。あなた豆食べた?顔のそこの位置にできるのは豆よ」とうれしそうに言います。この方は、湿疹をみると何を食べたか即言い当てます。ブウ

「豆?!いいえ、まず食べないですが、、、あ、コーヒー!」

「そう、コーヒーの飲みすぎ?疲れているときのコーヒーはよくないわ。それか風邪ひいたりしなかった?」

「あ、風邪?去年の11月にハーフマラソンにでたあと、12月にはいるころに風邪ひきました。そのあとからずーっと湿疹なんです」

「だめよ。風邪ひいちゃ。あなたはそうでなくても人より免疫力低いのに、風邪なんかひいたらもっと落ちるのよ。しかもマラソンって、、、普通の人だって免疫力が落ちるのに、あなたは普通の人よりもっともっと気をつけないとアレルゲンが大きく反応したり、感染症にかかりやすくなるのよ」

「はあ、でも去年のことですよぉ」

「いい、去年のそのタイミングでアレルゲンが大きくなったらあとは免疫力が戻らないかぎりそのまま。それか豆を一切とらないで体の中の抗体をなくすかしないと戻らないわ」

「じゃ、豆食べなければ治りますか」

「うん」

「豆か、、、、ナッツもダメでしたっけ」

「ナッツも人によってだけれど、アレルギーのグループとしては一緒。だってナッツって英語で豆でしょ。だから避けた方がいいわね」*違うって、先生。ナッツはナッツでしょ、豆はビーンズだって、、、そんなつっこみをおぼえながら診察終了。

その後思い出したことがありました。

ハーフマラソンの大会のあと、インドカレー屋さんで豆のカレーを食べたのです。そのことをケータイメールで先生に報告すると、即効レスがあり「うわあ!ハーフ走ったあとに豆のカレーはかなりきちゃうわ。気をつけないと。疲れたときにアレルゲン摂取するとひどいことになるわよ。お互い年齢とともに体力だって衰えてきているってこと、、、ね。」ブウ

そこで現在、肉魚卵乳製品プラス豆全般を摂取しないようにしております。稲科(米、小麦、キビ類)もなるべく摂取しないよう、ほぼ野菜、果物、芋という日々でございます。

レースにむけて走りこんでまいりましたが、これ以上の免疫力の低下は想像したくありませんので、試験が終わったらのんびりするのもいいかな。

こんなのとかこんなのみてくるのも楽しそうですね。

こころのことはハーティ新宿

|

« 偶然というluckをつかむには3 | トップページ | ミラノの気候を思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事