« ビスコッティでもいいんですけれどぉ | トップページ | 偶然というluckをつかむには2 »

2007年3月20日 (火)

ぼけぼけのすすめ

血圧低いせいにするわけではないですが、いつもぼーっとしております。

朝起きられますか?

この質問は愚問です。社会人なので起きます。しかしその後がひどいのですよ。あちこちひっくり返し、その辺に衝突しながら朝の支度をすると、なんだか疲れてしまい気づくとへたりこんでいるのです。

いけない、いけない。

なんとか身支度をして家をでますと、忘れ物に気づき家にかけもどります。しかしいざ定位置を探すと見当たりません。真っ青になってその辺をまたひっくりかえします。

そこでカバンを開けると、、、、、ちゃんと入っております。妄想、脅迫観念強しの不安神経症。そうして大慌てで飛び出すのです。ちなみに血圧は40の80ぐらいです。

まったくあなたって人はエンジンかかるのが遅いんだから!

これは私の母親がいつもぼーっとしている私に対して、しょっちゅう口にする言葉でしたが、「早くしなさい」と言われることはなかったですね。

もともと体が弱く、休みがちだったのもありますが、スロースターターでもいい、きっと追いつくから、、ということでしょうか?

みなさんは小さいころどんなお子さんでしたか?

よかったら今度聞かせてくださいね。自分をふりかえる作業ってとっても大切なことなんですよ。ただふりかえるのでなく、誰かとそれをシェアすることで認知のゆがみを正したり感動をわかちあえるのです。

そんなぼーっとした人間である反面、切り替え上手で毎日一話完結で生きている私ですが、ここにきてさすがに危機感がつのってまいりました。

え?

3月に入ってから1日しか休んでませんよぉ。 なにせ決算期ですよぉ。キャリアのロールプレイイング試験間近ですよぉ。お待ちかねの青梅のトレイルレースもやってきますよぉ。

と、いろんなイベント目白押しなものですから、落ち着かないったらありゃしないのです。不安神経症で動悸が激しくなりそう

「そんな、気がするだけですよね、、、、いいですか、いっぱいいっぱいにならない方法はいくらでもあるのです。」とカウンセラー的な自分つっこみに対して、「え、本当ですか?」とクライエント的な自分が瞳を輝かせます。

脳が疲れて、夜中目が冴えてしまうのは交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまっているからです。そういうときは眠剤をのんでもかまわないのですが、やはり日々の運動がモノをいいます。

私の場合は走るか泳ぐか。

深い呼吸をしながら、きわめて単純な動作を繰り返す運動は、まるでメディテーションです。人の少ない早朝の都心。芽吹いたばかりの赤い木々の芽を眺めたり、沈丁花の香りを楽しみながら汗をかくと気分爽快、無機質で一切音のしない大きなプールで泳ぐと、頭がどんどんクリアになってまいります=ここで良いことも悪いこともすべての記憶が飛ぶのですね。ほどほどにしないと。

試験のことを考えないようにするのも不自然ですし、考えすぎるのも疲れてしまいます。そんなときは用意した資料を徹底的にアナライズ、およびひとり演習。自分がクライエントになってみたり、カウンセラーになってみたり、、、少々笑えますが、私達の普段は事例検討、ロールプレイ、スーパーヴァイズの連続で鍛えられるのですよ。

あとはひたすら掃除をすることで精神修養!空気の入れ替えをして掃除をすると良い気が流れ出します。

そしてとにかく良い睡眠をとること。枕元にはオーガニックのアロマオイルを練りこんだ石鹸、ローズクォーツ、アメジストといった水晶をおいてあります。はあ、うっとり。

ここまで書いて気づきました。目標にむかってどう努力するかじゃなくて、いかに日々心地よく暮らすか論=ぼけぼけのすすめを書いてしまいました。

ただね、、、ぼーっとしてる、ぼーっとしてるって言われても、いつも感謝を忘れず笑顔で暮らせる自分でいることも大切だと思うから、、、、

どうか偶然というluckをつかむにはの続きはもう少しお待ちくださいね。

こころのことはハーティ新宿

|

« ビスコッティでもいいんですけれどぉ | トップページ | 偶然というluckをつかむには2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事