« バレンタイン!ガトーショコラですよ。 | トップページ | 幸せの法則=人生脚本1 »

2007年2月15日 (木)

ステキなストロークでハッピーになろう

手作りっていいですね。

先日お家にいらしたステキなステキなお嬢さんから手作りチョコレートをいただきました。

もったいなくて食べてません。

さて今日はストロークの交換が上手にできた事例と、

ストロークの交換が上手にできなかった事例をご紹介いたしますね。

某所にてバレンタインの差し入れタイムのこと。

後輩A子、手作りのクッキー。インターンB子、チョコレート。

後輩A子「バレンタインなのでクッキー焼いてきたんです。みなさん召し上がってください」

hearty「まあ、すてき!いいかしら開けて」

みんな「すごーい、おいしそう」

いっせいに手にとります。

「うわあ、手作りの懐かしい味!お母さんのクッキーと同じ味」

「いやあ、落ちそうです。オレ手作り弱いから」

「ダメよ、○さんにはステキな旦那さんがいるんだから」

みんなでおいしいおいしい、ありがとうを連呼いたします。

後輩A子終始ニッコニコ。「落ちますか?困ったなあ、フフフ」

皆で大盛り上がりです。

ところでインターンB子

「うわあ、これって高級チョコレート!?」と誰かが声をあげます。

B子「全然高級じゃありません、高級にみえるだけです。」

シーーーーーン。

謙遜したのかもしれませんが、そのやりとりによって

相手および周囲を不快にしてしまう=沈黙をよんでしまいました。

皆さんならどう答えますか?

「うわっ高級そうにみえますか?奮発したんですよ」

「味は確かだと思います。」

「まずはお味見を!」

高級かどうかともかく、相手の言葉を否定せず返すことができるはずです。

普段から会話のきっかけを与えてくれた人や、

目の前の相手の存在そのものに感謝の気持ちをもてば、

そんな言葉はでないのになあと思った瞬間でした。

こころのことはハーティ新宿

|

« バレンタイン!ガトーショコラですよ。 | トップページ | 幸せの法則=人生脚本1 »

ハッピーになろう」カテゴリの記事