« ワクワクな12月 | トップページ | 戦場のメリークリスマス »

2006年12月17日 (日)

とらぶる対策連載3;ストーカー2

お待たせしました、、、、今日はストーカー対策その2です。

一度NOと言ったらあとは無視です。相手はあなたのスキをうかがっています。あなたが相手に会う意思がないというのを伝えるのに一番いい方法は無視です。DV対策と一緒で「やめてください」「もう会いません」と言っても「なぜ?」「声だけ聞かせて」と食い下がるのがストーカーです。

無視してもやめない?!

まず相手の送ってきたメールや郵便物やファックスは必ず保存してください、電話は回数と内容と日時を記録しましょう。*私の場合、そういうのは常に習慣となっております。

相手はあの手この手であなたとコンタクトを取りたがります。しかし絶対会ってはいけません。メールに返信してもいけません。あなたの言ったひとことを曲解されるのがオチです。

長年にわたりつきまといが続く場合や、ひどい場合は内容証明郵便を送りましょう。たとえ匿名であろうと相手はあなたに対しておこなった行為に対して自覚があるはずです。やましさの自覚があるから匿名の電話をかけ、何度もアドレスをかえてはメールを送ってくるのです。

相手の所在がわからない場合は、記録をもって警察に行きましょう。警察はプロバイダなど回線業者に情報の開示を求めることができます。

また一人歩きなどは十分注意なさってください。防犯ブザーを持つこと。ケータイで話しながら歩くなんてもっての他です。110番したくてもできません。

最後に、ストーカー行為は「自分をみて欲しい」という自己顕示です。

真の自律とは人と自分と比べることなく日々小さな喜びをみつけ生きること、さびしさや不安があろうとそれにしっかりむきあい生きていくことです。それができる人が、人を愛する資格のある人だと私は思います。

ところで、あなたが困っている方のお友達ならお願いです。「あなたにも原因があったんじゃないの」と被害に遭っている女性を責めることや、「その男性も寂しいからなのでしょう」などという相手の男性に対するシンパシーを口にするのはやめましょう。

お役だちリンクをご紹介いたしますが状況が切迫している場合は迷わず警察へ行きましょう。

警察庁生活安全のページhttp://www.npa.go.jp/safetylife/

警察による犯罪被害者支援ホームページhttp://www.npa.go.jp/higaisya/text/index.htm

ストーカー対策ページhttp://www.bekkoame.ne.jp/ha/hc17916/

ストーカーとの激闘60日 http://tantei.web.infoseek.co.jp/stalker/index.html

3度にわたる「とらぶる対策」でしたが対策法はすべてのケースにあてはまるわけではありません。信頼できる方にそばにいてもらうことと、専門の相談機関、警察などへ早めに相談に行くことが大切です。

心のことはハーティ新宿http://heartyshinjuku.private.coocan.jp/

|

« ワクワクな12月 | トップページ | 戦場のメリークリスマス »

カウンセリングルーム便り」カテゴリの記事