« 人はラベルを貼りたがるもの | トップページ | 見た目って大切!? »

2006年6月29日 (木)

YOU ARE WHAT YOU EAT 

今日は食べ物のことをお話いたしますって全然グルメなお話ではないですよ。

お肉大好き、焼肉大好きの私の人生を変えたアレルギーに関して。

私はタンパク質というものに大なり小なりアレルギー反応をおこしますが、目に見える場所の蕁麻疹とそうでない場所の蕁麻疹のことと、食べたものの種類によって蕁麻疹の出方が違うことご存知でしたか。

蕁麻疹って赤くてかゆい?

かゆくないし赤いかどうかわからないときもあります。

????

朝起きると耳の聴こえがよくないことがあります。
*すごくあせって耳鼻科に行こうと思うこともあります。

声がでなくなることがあります。
でることはでるのですがガラガラでひどくて、皆さんビックリなさいます。

お腹をこわします。

鼻血をだします。

頭痛と倦怠感がすごくて吐きそうなときがあります。

耳の中に蕁麻疹ができたら腫れるので聴こえが悪くなる。

喉に蕁麻疹ができたらやはり声がでなくなる。

腸の中にも蕁麻疹ができたら、、というより体がうけつけないものを食べたのでお腹を壊します。

鼻血、、鼻の中に蕁麻疹をだす=炎症なので切れやすくなります。

で、究極が気道閉塞で血圧低下。これは救急車です。

それでは食べたものによってはどういう症状がでるでしょう。

豆、唇がカサカサ。鼻血がでます。

稲科=米、小麦、トウモロコシ、キビアワなど雑穀。口のまわりの湿疹。特に小麦。

種子や油はそれ自体によるものもありますが、他のアレルギーを促進し、さまざまな症状をだします。

私は摂取しないのですが乳製品のとりすぎは粘液が多くなり蓄膿症につながったり婦人科系に影響を与えます。

お米でウツっぽくなるとか、便秘をしやすくなる方もいるそうです。

今はやりのマクロビオティック=玄米菜食が体にいいといってもイネ科アレルギーや大豆アレルギーの方は要注意です。

誰かが誰かを心配して「マクロビオティックで体質改善できるらしいわ。」と簡単に口にしたとして、それはその人にはあったということで、他の誰かにははたしてあてはまるかとうか、、、、

誰かにとって良いことが誰かにあてはまるかどうかはわからない。

体にいいことや、バランスを考えることも大切ですが、

今食べたいものが何か体に聞いてみることも大切です。

ちょっとフォーカシングに流れそうなので今日はここまで。

|

« 人はラベルを貼りたがるもの | トップページ | 見た目って大切!? »

you are what you eat」カテゴリの記事